カテゴリー: 性の悩み

「家族バレ不安」家庭事情でローションが持てない場合はリンスで代用できる

   

ローションはリンスで代用できる。中学生の頃にリンスで毎日オナニーしていたが、何の異常もきたさなかったのは驚きだった(リンスがオナニーに使える事実を中学の頃に発見したのが性欲異常になった決め手かもしれないが…。)

しかし!中学の頃の感覚からリンスは普通に重用できることを知っている。ローションが持てないときはリンスである。リンスで代用できる。家庭の事情等で性の悩みをあと一歩で解消できずにモンモンする日々はリンスが解決してくれる。

ローションを持つと家族バレする可能性が高まってしまう

オナホだとは思われれない外見の電動オナホール本体を買えたとしても、ローションの所有がネックとなる。そして、オナホールにはローションが必須だと感じてしまう。しかし、実際は「リンス」で代替使用できる。

ローションは言い訳ができない

ローションを持っていることで言い訳ができなくなる。もし、ローションの所有がバレたときに「エッチなおもちゃも持ってるんでしょう?」と家族の方に勘ぐられてしまう。「ローションを持たなくしたい、隠すのは専用ホールだけでいい、しかしオナホにはローションが必要..。しかし、ローションがあるからこそ家族バレする機会がその分増える…」とモンモンしてしまう。

しかし…

ローションは必須ではない。市販のリンスが代用できる

オナホールにローションは必須ではない。市販のリンスが代用できる。普通にスーパーで売られている普通のリンスでも代用できてしまう。ホールの中にリンスを注入して普通に気持ちよく射精に至れる。

風呂場でサクッと手コキオナニーで済ませたいときにも、実はリンスをペニスに塗ってシコシコして抜ける。ホテルに泊まってオナニーしたくなったときはリンスが使える。

ローションを所有しないことで家族バレを徹底的に防げる

家族バレする要素は電動オナホールの専用ホール箇所のみ。その専用ホールを隠すだけで済む。本体はインテリアとして飾れる。しかし、ローション。ローションの存在が問題だった。ネックだった。

しかし!実際はローションはリンスで代用できる。問題も起きない。気持ちよく射精に至れる。その後も気持ちよく過ごせる。

所有するのは電動オナホールとその専用ホールの2本だけで済む。ローションの所有は不要となる。ローション所有に伴っていた家族バレの不安も消えいていく。家族バレする可能性のある制限下でも、性の悩みは存分に満たせる。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP