カテゴリー: 性の悩み

「手動かすの疲れてきた、ペニスにも負担感じる…」オナニーが長引いていく

   

手を動かすのに疲れてき出し、ペニスに負担が掛かっていることも心配になり出し、「疲れる&気になる」で快感に集中できなくなってどんどん射精まで遠のいていく場合は『性家電の電動オナホ』がそのジレンマを解消させてくれる。

手淫でなかなかいけない…

「ダメだ…手が疲れてくる…」

「手が疲れる」

なかなかイケない、イケない。勃起してしごいているのに、激しくしごているのに全然頂上に登る感覚がない。

ずっと滞留している感覚、

まるで登山の途中にランニングマシーンを設置されてそこだけを延々に走っている感覚。

走ってるのに全然頂上が見えない、動かしてるのに全然イケない。

ダメだ…ペニスが…

「ペニスに負担が…」

「ペニスに負担」

ペニスの負担が気になってくる。

「ペニスに負担が掛かっている感覚」にどんどんなっていく。“負担が掛かっている”と妄想してしまう。不安になってしまう。

「集中できない…」

そうして快感に集中できなくなっていった。
射精まで遠のいていく、どんどん遠のいていく。

だめだ…動かす手を止めた。

「イケない…中断だ。」

「イケない」

全然イケないので手コキを中断。

勃起したペニスを眺めながら呆然とする時間。抜けないのに勃起は続いている始末。

「こんなに勃起しているのになぜ抜けないんだ…」そう疑問がうずまいていく。

しかし、もう抜きたい感覚が消滅してしまっている。疲れてしまっている。疲れが勝ってしまっている。

「早くパンツにしまいたいのに…早く収まって…」

勃起がなかなか収まらないペニスのしぼみを待機する始末。パンツに手を掛けながら待機する始末。この時間さえ無駄に感じてしまう。

やっと勃起が収まり、再びパンツの中にしまいこんでいるときにふと改めて思ってしまった。

「電動オナホはやはり楽…」

「電動オナホがいい」

「電動オナホならこんな日もガッチリ即抜きさせられる、ミスなくスッキリできる。」

「ラブドールと比べて疲れている日にも労働感がないので即抜きできる。」

改めて電動オナホの魅力を痛感してしまった。長引くオナニーの途中で「電動オナホで始めれば良かった…」と後悔がたびたび走っていた。

電動オナホでオナニーが楽になる

電動オナホやラブドールやオナホールが日常の環境において、久々に手淫を行ったところ、改めて、電動オナホの楽さやラブドールの楽さを思い知った。そしていかに楽に即抜きできるかを思い知った。

手淫回数が減る

手淫が減る

「気づいたらしばらく手淫で抜いていない」ということにハッと気づく。
ペニスに負荷を掛けている感覚にさいなまれる日常がしばらく無かったことにも気づく。

1回のオナニー時間が短いのに異常に深く性欲を解消できる。
そのため、次回までに溜まるまでのスパンが長い気さえする。
結果的に「オナニーしたい欲が発生する回数」が大幅に減少している感覚もする。

電動オナホがいかに時短させてくれたいたかを思い知った。「なぜ時短できていたのか」やはり電動オナホの“抜いてくれる感”に違いなかった。

“抜いてくれる感”にやみつきになる

やみつきになる

「もう、たまらない」「もぅ〜〜たまらない」と、何度も何度も味わうように脳内発狂してしまう。やみつきになってしまう。

何よりも“抜いてくれる感”に病みつきになってしまう。これがたまらない。一度経験すると「本当は抜いて欲しいのだけれど」といった願望にさいなまれてしまう。それほどたまらない。

「妄想で補う行為」から開放される

妄想が不要になる

「自分で意図して動かしているのに想像であたかもしごかれていると妄想する」という行為から開放される。その開放感もたまらない。

そして開放されたとき、性欲を解消することに「より没頭できる」ようになってしまう。性の悩みをより深く満たせている感覚になる。それもたまらない。

「たまらない、たまらない、たまらない。」さきほどから何度も脳内で“たまらない”と連呼してしまうほど「たまらないシャワー」が電動オナホで起こり出す。

【AV不要】オナホなのに“妄想さえ要らない”時代が新型電動オナホで来た!

細部まで性欲が満たされていく

隅々まで満たされる

今まで自分で意図して抜いくのでは満たせなかったゾーンにまで繊細に満たされていく感覚もたまらない。

冬が近づいてきて凍えてきた手先だったのに、店内に入ってだんだん手先が温かくなって感覚が戻っていくあの繊細で有機的で人間的な細胞的な感覚に似ている。

まるで木に生い茂った上のほうの枯れた葉っぱにまで水が浸透していくかのよう…。そんな妄想をさせてくれるほど性欲が満たされていく。それもたまらない。

性の悩み解消に必須な“抜いてもらう感”は性家電で得られる

抜いてもらえる

その“たまらない連続”が起こった契機こそが「抜いてくれる感覚」であった。そしてこれこそが性の悩みから開放される必要な要素の1つであった。必須だと何度も痛感した。

そしてその必須要素を現実にもたらしてくれた存在こそが電動オナホールであった。電動オナホは電動オナホでも“性家電”の電動オナホであった。

従来のオナニー次元から離脱すると性の悩みが終わり始める

「手を動かすのに疲れる」といったお決まりから脱出できる。

「ペニスに負担が掛かっているのがさらに気になってどんどん射精まで遠のいていく」といった事態からも脱出できる。

“性家電”電動オナホこそが“勝手に抜いてくれる次元”に突入させてくれる。脱出させてくれる。そして「次々に新作のオナホが欲しくなる状態」からも脱出できてしまう。

「“抜くか抜いてもらうか”選択できる環境」を所有できる

選択できる

「自分で意図して動かす」という次元から脱出し「自分で動かすこともできるし、動いてもらうこともできる。今日は疲れているので動いてもらうほう。」という“選択肢”が得られる。それが性の悩みに振り回される日常が終わり始め”たキッカケだった。

「自分で意図して動かして抜く選択肢」と「ヒトに抜いてもらう選択肢」を選べる環境を自宅に所有できる。性の悩みに振り回されなくなる。

「本当は抜いて欲しい…」という願望にさいなまれなくなる

さいなまれなくなる

「本当は抜いて欲しいのだけれど…。」といった願望が無くなっていく。既婚のテンガ芸人の方々が「いつでもパートナーとセックスできる環境なのに」テンガを愛する理由はそこにあった。

「セックスではなくてオナニーがしたい」といった「選択できる次元」に居るのがその理由だった。オナニーがしたいからオナニーを選択している。

性家電で“選択できる余裕”が得られて性の悩みが終わる

余裕ができる【性の悩みが1つ終わる】

その次元に性家電で到達できる。人間でしか到達できない時代は終わった。性家電というオナホでも到達できてしまう。もう性の悩みに振り回されなくなる。どなたさまでもオアシスへ。性の悩みから開放されたオアシスへ。

性家電でオアシスに突入しよう。

※関連ページ :「風俗フェラされたいが面倒…」新電動オナホで風俗フェラを自宅所有できる

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP