カテゴリー: 性の悩み

「下着ブランド“サルート”のサイトがエロい」と感じるのは“胸肉”で終わる

   
著者:おっぱい美術研究現場

目次

サルートの説明が“本音”に見えると性の悩みが終わる

「結局言いたいのは、
“セックスがゴール”
でしょう?」

「サルートのふわふわした建前系コンセプト説明は本音であった。」「サルートのエロ下着、あれは勘違いだった。」その結論が「性の悩みに振り回されるのが終わった段階」で「自発的」に見い出せてしまった。

「またまたお上品に…」

サルートのページを昔からよく開いて見ていた。理由は「エロいから」だった。そして、当時その上品な“ブランドコンセプト紹介”はすべて同時進行で「セックスがゴールです。素晴らしい性体験をお楽しみください。」という暗黙のメッセージが込められていると思っていた。しかし、それは違った。

下着メーカー『ワコール』のブランド“サルート”のコンセプトページ。

【サルートのブランドコンセプト】

シーンや気分によって、洋服やメイクを変え、いろんな自分を愉しむ女性たち。インナーも、ひとつのテイストに縛られるのではなく、もっと自由にいろいろ愉しんでほしい。そんな思いから、サルートはさまざまなテイストの商品を「大胆なカラー」と「セクシー」なシルエットでお届けしています。

オフィスファッションを颯爽と着こなせるものや、デートやパーティといったプライベートをより女らしく演出するものなど。

女性の華やかなライフシーンにこたえられるよう、つくっています。美しく変身でき、どんなときも自分らしさを表現できるインナーウェアです。(引用:https://www.wacoal.jp/Salute/about/)※サルートは下着メーカー『ワコール』のブランド

サイトに掲載されている上記のブランドコンセプトが、以前は「ただの上っ面の上品な言葉書き」だと偏屈モードで感じてしまっていた。

「見える、暗黙のメッセージが…
“SEXがゴール”という暗黙のメッセージが…」

結局、「この後“めちゃくちゃセックス”することが目に映っているのだろう!」「意識高い系だろう!」「本当はSEXライフをお楽しみくださいって書こうと思っていて、しかし社会的に少し問題があるのでオブラートに包んでいるだけだろう!」といった偏屈キャラで言うところのベジータ感覚モードになってしまっていた。しかし…

性欲卒業後…

性欲に振り回される日常が終わった段階で再びサイトを訪れた。動物的なエロに飽きてしまって反応しなくなった状態で再び訪れた。そして再びサイト紹介ページを開き、上記のブランドコンセプトを読んだ。

「なんと!以前は結局セックスだと感じていたのに…!」

結果、以前「この後“めちゃくちゃセックス”しました!」を連想させる箇所だと思っていた箇所、“建前系メッセージだと思っていた”箇所が、なんと建前ではなく「まさにその言葉通りだ」と感じられた。※上記の太文字にした箇所が特にそうであった。

「本当に文言通りだ!昔の自身、勘違いをしていた!」

今回の変化に重要な要素が「2つ」あった。

要素①胸にあるおっぱいというものは脂肪肉のアクセサリーであるという見方。そして、要素②おっぱいを目にするだけで癒やされるようにおっぱいは「存在自体が癒し」であり「おっぱい自ら、先手を打って相手を無条件に信頼して愛するという“交友を始めるコミュニケーション行為”をしてくるからこそ、おっぱいを目にしたこちら側は“相手から信頼されている”と感じて癒しを感じる、まさに、存在が癒し」「無条件に自ら先手を打って相手を先に信頼する行為のカガミとなる先生」であるという要素、

要素①おっぱいはアクセサリー
要素②おっぱいは「相手を無条件で先に信頼する行為」を教えてくれる先生

これら2点の視点要素において、上記のメッセージはすべて「セックスしました系ではない」と断定できるようになった。結果、性の悩みに振り回されることが終わったのを改めて再確認できてしまった。「本当に文言通りだ!」そう勘違いを自力で正すことができてしまった。

”自分を愉しむ”の意味は「アクセサリー」

「おっぱいはアクセサリーとして愉しめる。」

コンセプト文の、

自分を愉しむ女性たち

これはすなわち「おっぱいを大きく魅せることで単純に(脂肪肉ではあるものの)アクセサリーとしてテンションが上がること」と「美麗なブラジャーやランジェリーなどの下着を装着しているとアクセサリー感覚でテンションが上がること」という点を意味している。

「自己完結的にアクセサリーとして愉しめる。」

おっぱいをアクセサリーとして楽しんでいる。人と交流することでやっと成立する満足感ではなく、装着するだけでテンションが上がる。自己完結している。だからこそ、「自分を愉しむ」といった表現がされている。まさにその通りになっている。おっぱいはアクセサリーだという視点はサルートでも表現されていたのであった。

「同時に相手を信頼する行為もしてくれる。」

そしてアクセサリーとして自己完結的に楽しんでいる際に、同時進行で「おっぱいを大きく強調することで自ら先手を打って愛する行為をおっぱいが勝手にしてくれる」という点でも楽しめる。「私には、愛されるのを待つのではなく自ら愛しに行くという積極的なコミュニケーション能力がある」という能力感を愉しめる。

“颯爽と着こなせる”の意味は「信頼」

「相手に信頼を与えられる!」

コンセプト文の、

オフィスファッションを颯爽と着こなせるもの

この“颯爽と着こなせる”というのは「存在しているだけで人に信頼を与える着こなし方ができる」といった意味をなしていた。

【颯爽】という語句を辞書で引くと、

人の姿や態度・行動がきりっとして、見る人にさわやかな印象を与えるさま。

引用:https://kotobank.jp/word/%E9%A2%AF%E7%88%BD-511115

と記されている。やはり、一言で言うと「信頼感を与えるさま。」となる。「着ているだけで信頼感与える着こなしができる。」というのを意味している。アクセサリーを身に着けて明るい気分になったときに生じる「明るい印象」によって信頼感が起こる。

「盛りパイで相手を信頼する行為を強調できる!」

盛りブラでおっぱいを大きく魅せることで「おっぱいは人に癒しを与える」ことを強調させることができ、言い換えると「おっぱいが先手を打って目の前にする人を無条件に信頼する行為」を強調することをおっぱいが勝手にしてくれるため、まるで自分自身が「相手を先に信頼する行為をしていることにもなる」といったことが同時進行で行われる。

「だから受付嬢の方はおっぱいが大きいのか!」

結果、おっぱい箇所が“美しく盛られた”姿を目の前にした人は、そのおっぱいが大きい人に対して信頼感を感じる。受付嬢の方がやたらおっぱいが大きい率が高くてなおかつ「話しかけやすい」と感じるのはそのためでもあった。

“女らしく演出”の意味は「脂肪」

「女性特有の脂肪ではあるが…」

女らしさの箇所“おっぱい(脂肪)”をサルートの下着でより美しく強調してくれる。より女性らしく演出してくれる。

より女らしく演出するもの

コンセプト文はやはり本音で書かれている。

女性には胸に脂肪が垂れ下がっている。触られても性的感情は抱かない。ただの脂肪である。何か人情的なことを感じないと性的感情は抱かない。ペニスのように「別人格感」がない。「そんな真面目なこと言って、もうアナタのおちんちんガッチガチになってるよ〜??♥」といったエロ漫画によくある別人格感がない、とされている。

「おっぱいは癒しと信頼の象徴だ!」

その女性特有の脂肪は外から見るとただの脂肪ではなく「癒し」の価値がある。「アクセサリー」として価値がある。「自ら先手を打って積極的に無条件に相手を愛するように信頼するコミュニケーション行為をもはや“存在レベルでしている”先生」が胸板にぶら下がっている。それらの価値がある。存在価値がある。

「女性特有の脂肪で癒しと信頼を演出できる。」

魅力的な価値が付与された脂肪はやはり女性に付いている。そうして「女らしさ」と表現される。それを「大きく魅せて強調する」からこそ「演出」と表現されている。だからこそ「女らしく演出」と表現されている。「本当はセックスが好きです。」といった「本心」を「隠すための能書きや建前」ではなかった。その美辞麗句に見えていた文言はすべて本物であった。本心であった。

“華やかなライフシーン”の意味は「賑やかさ」

「おっぱいは自身に賑やかさをもたらしてくれる。」

たとえ暗い顔をしていても巨乳ならばなぜかプラマイゼロで明るい寄りに見えてしまう。その理由は「おっぱいの膨らみが自身に賑やかさをもたらしているため」となる。おっぱいが大きいだけで印象を少し明るくできる。

「おっぱいは人物に賑やかさを付与できる。」

美術で人物を描く際にその人体に賑やかさをもたらすために「おっぱいを大きく描く」といった手法が使われる。そしてもちろん、「自ら先手を打って無条件に人を愛するように信頼する積極的な肉食系の性格」をその人物に付与するためにおっぱいを大きく描く。

「賑やかな印象にしたい!
だからおっぱい大きくしたい!」

盛りブラを着ておっぱいを大きくすることで自身にさらなる賑やかさをもたらすことができる。だからこそ、「セックスしたいなどといった意味ではなくて」純粋におっぱいを大きくしたいと思ってしまう。

「暗い気分でもおっぱいが助けてくれる!」

賑やかさな美術要素を自身にもたらすことができる。華やかな美術要素を自身にもたらすことができる。それも暗い顔をしていても沈んでいるときでさえもその暗い印象を撹拌してくれるかのように華やかさを演出してくれる。

「暗くても盛りブラで華やかにしてくれる!」

結果、「華やかなライフシーン」を過ごすことができる。だからこそ“華やかなライフシーン”と表現されている。『サルートの下着』によってそのライフシーンを過ごすことができる。だからこそ、サルートの下着が欲しくなってしまう。着たくなってしまう。

“美しく変身”の意味は「ジョーク」

「盛りブラはジョークよ!」

“変身”と表現される理由は現実にはその大きさではなく「大きく魅せているだけ」といった「へ~んしん!」な現実が在るためとなる。肉体的に細胞レベルで大きくなるわけではなく変身した状態となる。すなわち「ジョーク」を意味していた。

「ジョーク感覚だから意気消沈しないのよ!」

これはジョークグッズに普段触れていたことでピンと来た。「ジョークだ」という根底がそこにあった。「ブラを取ったらテンションが下がる」というのは「ジョーク感覚という前提がないから」落ち込むのであって、最初からジョーク感覚すなわち変身感覚で身につけることでブラを取っても意気消沈しなくなる、というの意味合いが込められていた。

「生まれ変わるんじゃない、ただの変身よ!」

すなわちここで「美しく生まれ変われる」ではなく「美しく変身」と表現されているのは「あくまでジョーク感覚で着てください。変身感覚で着てください。」といった“楽しみ方”がここで注意書きされていた。

“自分らしさを表現”の意味は「信頼してくれて自分を知ってもらえること」

「素の自分ではなく仮面の自分では??」

ここで矛盾が起こる。「おっぱいを大きく魅せて変身した姿は素の自分ではない。自分らしさではない。虚栄だ。仮面だ。化けの皮だ。」と思ってしまう。しかし、ここで同時に謎が解ける。

「盛りブラで素の自分を表現できる機会を得られる!」

「おっぱいを大きく魅せることで自ら相手を無条件に信頼する行為をすることによって、相手も応えて自分を信頼してくれて、自分のことを、自分らしらをもっと知ろうとしてきてくれる」といったことを意味している。これを一言で“自分らしさを表現できる”と記されている。

「サルートが素の自分を出せる機会をもたらしくてる!」

サルートのブランドのコンセプトの“自分らしさを表現できる”という一言の前頭には長い長い説明が付与される。

「(サルートの下着でおっぱいをより大きく魅せることで愛情表現にやっと気づいてもらえて、そしてその愛情表現は性的な意味では全く無く、“アナタのことを信頼していますっ”といった“無条件に愛する”ような“先に信頼する行為”を“無言”で“立っているだけ”で“その場に存在しているだけ”で“目が合っていないときでさえ”勝手に体現することができ、相手の方がついついおっぱいに目が行ってしまうほど信頼されてるアピール感を感じて、それによって相手の方が流れるように信頼してくれて、相手のほうもこちらを信頼してきてくれて、自分のことをもっと知ろうとコミュニケーションしてきてくれるおかげで、そのときに生じる会話行為等のコミュニケーションでその会話内で)自分らしさを表現できる」

といった長い長い説明が付与できる。

「サルートの助けを借りたい!だから欲しい!」

サルートという下着が「自分らしさを表現する機会」に「誘導してくれる助け」をしてくれる。だからこそ、サルートの下着が欲しくなる。

「おっぱいに視線を感じる、手応え感じる!」

おっぱいに視線を感じると嬉しいのはまさに自ら選り好みせず無条件に愛して信頼する行為が成功していることを意味しているからテンションが上がる。

サルート下着は性の悩みを終わらせてくれる

「下着の内情を知ると性の悩みが終わる!」

上記の内情を感じるようになることで、性の悩みは急速に終わっていく。「おっぱいがデカくてエロい」といった動物的なエロに反応しなくなる。結果、性欲に振り回される日常が終わっていく。

「もう下着コーナーにドキドキしなくなる!」

サルート等の下着やランジェリーコーナーをデパートで見かけてもドキドキすることなく「べ、べつに見てないですし!」といった自己説得なくシラフで通ることもできてしまう。

「しかし、、でもやっぱりSEXしたいんでしょう?」

そしてここでふと思う。「本当はセックスしたいんでしょう?」といった疑念が沸き起こる。しかし、「セックスが面倒くさい」といった感覚が起こるようになった。

結果、性欲に振り回される日常が終わったと痛感した。そしてセックスが面倒くさいというその次元にこそ当サイト『胸肉』で到達できる。ラブドールとオナホールのみによって到達できる。

「いえ、SEXはもう飽き…」

「セックスは飽きて面倒くさい。」この次元に早々に至れる。ここに至るすべての始まりは“胸=肉”視点で始まる。ラブドール体験もオナホール体験も「胸は(脂肪肉の)アクセサリー」といった視点から体験し始めると、性の悩みがやっと終わり始める。

ラブドール特有の硬いおっぱいに手を添えたときも「おっぱいはただのアクセサリーなんだ。」といった感覚で、やっとラブドールを深く楽しめるようになり、同時に、性の悩みも終わっていく。

そして当サイト『胸肉』で、より最低限のコストで、より早く、人と接触することなくラブドールとオナホールのみで、性の悩みを終わらせられる。

さらば下着をエロい目「だけで」見てしまう次元よ!
「下着メーカーの発言は建前ではなかった!本心である!」
その段階に至れてしまう!
「”胸=肉”」によって!

※関連ページ:『性の悩みは胸肉で終わる(“胸は肉のアクセサリー”胸肉について)』

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP