ヒザ裏箇所が生々しく造形されたほうを選んで下さい

膝裏箇所(ヒザ裏箇所)が生々しく造形されたラブドール。3年以上経っても日常的にセックスを繰り返してしまうほど飽き続けなかったラブドールに施されていた特質的な造形部分の1つ。
膝裏箇所(ヒザ裏箇所)が生々しく造形されたラブドール。3年以上経っても日常的にセックスを繰り返してしまうほど飽き続けなかったラブドールに施されていた特質的な造形部分の1つ。

①膝裏箇所の写真を探す

ラブドールの商品ページで「膝裏箇所(ひざ裏箇所)」が写った写真を探していきます。そしてその膝裏箇所がより生々しいドールのほうを残していきます。そして膝裏箇所が簡素なドールはどんどん候補から消していきます。

②膝裏箇所が生々しいドールを選ぶ

ラブドールの膝裏箇所が「シワだらけ」だったり「何段腹にもなって」いたり、「ボコボコして」いたり、とにかく生々しいほうを選んでいきます。より生々しいほうを選んできます。より汗がにじんできそうなイメージのほうを選んでいきます。より淫臭が漂ってきそうなほうを選んでいきます。

③膝裏箇所が簡素なドールは消す

ラブドールの膝裏箇所が「くぼみだけ」だったり「一本ジワ」だけだったり、とにかく簡素なドールは候補から消していきます。とにかく人形として作られたような膝裏箇所のドールはどんどん消していきます。手抜きのような膝裏箇所のドールは問答無用で候補から消していきます。他の部分が魅力的でもここを簡素な造形にするメーカーは論外であり、セックスが気持ち良くないことを意味します。1年で飽きることを意味します。3年ももたないことを意味します。


膝裏箇所が簡素だと人形にしか思えなくなって1年以内に飽きる

ラブドールの膝裏箇所が簡素な造形だと人形である事実に拍車が掛かって「せっかく生き物感覚で楽しもうとしているのに」その簡素な膝裏箇所を目にするたびに重ね塗りを何回も重ねるように人形である事実を再確認させられ続けていきました。

その結果、日に日に人形にしか思えなくなり、そして1年後には完全に人形にしかみえなくなり、愛情は完全に冷め、完全に押入れ行きになり「もう二度と押入れから出したくない」とさえ思ってしまう最後となりました。

よって、膝裏箇所がくぼみだけだったりシワ1本だけだったり簡素な造形のラブドールは地雷でしかありません。手抜きなドールでしかありません。初期のラブドールの金型をそのまま使っているようないい加減なドールでしかありません。そのため、それらを購入しても失敗したラブドール購入になってしまいます。

膝裏箇所が生々しければ生き物感覚で3年以上も飽きない

ラブドールを何回も迎え入れ、何回も地雷に当たり、そしてすぐにラブドールを迎え入れてはまた地雷に当たり、そうしてやっとその地雷ループから抜け出せたラブドールに出会えました。そのラブドールの膝裏箇所には生々しい造形がなされていました。

ボコッとした生々しい肉の造形があり、そして三段腹のようになった生活的なシワもあり、目にするたびに「生き物」だと再確認させられて「生き物とセックスする体験」であり続け「人間とセックスする体験」であり続け、その結果、通常は1年以内に飽きてしまうのにそのラブドールだけは3年経ってもいまだに飽きが来ませんでした。

よって、膝裏箇所を生々しく造形するメーカーのラブドールは他の部分も、特にセックスに関わる部分「セックスを日常的に何年も行って飽きないこと」に重きが置かれ、そのためにラブドールのボディの隅々まで工夫が施されています。

そのため、膝裏箇所が生々しいだけでも地雷ドールである可能性は非常に低くなります。ラブドールの購入で絶対に失敗したくないという場合は「膝裏箇所が生々しいこと」は「必須条件の1つ」になります。

7体以上も地雷を踏み「やっと」失敗しないラブドールにやっと出会えた。まさに“女神的存在”。この”女神”の「新モデル」が登場した。不安なショップで買うよりも大昔からある老舗通販店で買うと安心して迎え入れられる。

関連するマニュアルページ