ゲル乳オプションは「絶対」に「有り」で注文して下さい

海外のラブドールショップ“SexySexDoll”ではゲル乳を選択できるようになった。

最近、ラブドールの製品ページや注文画面で「おっぱいの中にジェル(ゲル)が入ったバージョンのおっぱい“ゲル乳”」を選択できるようになりました。海外ではそれが普通になってきています。日本国内でも順次開始されていきます。

1. おっぱいオプションに「ゲル(ジェル)」を探す

ラブドールの商品ページのオプション欄に「おっぱいのオプション(海外ではBreasts TypeやBreast Typeと表現)」があります。それを探して行きます。その欄に「ゲル(ジェル)が中に入ったタイプ」の選択欄があることを確認して行きます。海外では「Jelly / Gel Breasts」や「Gel Implanted Breast」などです。

2. 「必ず」ゲル乳タイプを選ぶ

ゲル乳オプションが登場する前の時は「中が空洞タイプ(ホロウ、Hollow)」がTPEドールにおいて最大限の柔らかさでした。その前の時代は「中が詰まっているタイプ(ソリッド、solid)」だけで空洞などなにもなくただの塊でとても硬いおっぱいでした。

人間のリアル女性のおっぱいの柔らかさは男性の二の腕を揉む柔らかさと同じです。女性のおっぱいを揉むと柔らかく錯覚するだけで物理的に二の腕と同じ柔らかさです。

そこで前の時代の「空洞タイプ」ではベコベコしていて「ゴム人形のおっぱいを揉んでいる」という感覚でまったくリアル女性のおっぱいを揉んでいる柔らかさではありませんでした。

そしておっぱい箇所の内部にゲルが注入されたタイプは二の腕の柔らかさにとても近づいています。そのため、人間のおっぱい、女性のおっぱいを揉む、ローションプレイでぬるぬるふにゅんふにゅんのおっぱいでマッサージされたい、騎乗位で激しく目の前にで揺れて欲しい、という人間と同じ体験を得るにはゲル乳やそれ以上の柔らかさでなければなりません。

よって、ゲル乳以外のその空洞タイプ(Hollow)や詰まったタイプ(Solid)で製造されたラブドールは今においては明らかに昔の世代のラブドールであり、「地雷ドール」です。

3. ゲル乳以外は完全に論外

これからはゲル乳ドールや、ゲル乳以上に柔らかいおっぱいのラブドール一択です。それまでの空洞型やソリッド型はもう時代遅れです。「光回線やモバイルルーターなどの速い回線があるのにあえてADSLを引く」ような感覚に似ています。

ゲル乳やそれ以上に柔らかいおっぱいでなければ、いくら業者が「空洞タイプでも意外に…」「ソリッドタイプでも実際は…」と言ってきても説得してきても交渉してきても全く耳を傾ける必要はありません。ゲル乳以外は論外です。ゲル乳一択です。これからさらに未来に登場するであろうゲル乳以上の柔らかさ一択です。

関連するマニュアルページ