下乳にたぷたぷ感がある(ガールフレンド第3章)|ぷにあなミラクルDX比較

著:ガールフレンド第3章研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ガールフレンド第3章は下乳揉み時にタプタプ感がある

ラブドール『ガールフレンド第3章』のおっぱいを揉んでいる様子

「おっぱいが同じではない!」

ガールフレンド第3章のおっぱいを下からすくい上げるように揉んだときに違いがあってびっくりした。そういった箇所もぷにあなミラクルDXと同じだと思っていただけに…。なんと、ガールフレンド第3章のほうはタプタプしているのだ。

「すごい、風俗の記憶が…」

風俗で豊満な熟女風俗嬢の方のヘタヘタでタユタユで熟れに熟れたおっぱいを下から揉んだときの昔の童貞卒業時の記憶がフラッシュバックした。その過去の記憶を呼び覚ますほどの生々しさがあった。感動を隠せなかった。ぷにあなミラクルDXのときはこんなことは起こらなかったのに…。

「手が嬉しい…」

下から揉むと手が嬉しい。手が嬉しいと叫んでいる。手が「癒やされる、癒やされる!もう、ずっと揉んでいたい!」と叫んでくる。揉むたびに指と指の間から…

「タプタプしてっ…中間だ!」

いや!そこまではタプタプしていない。冷静だ、冷静に考えて、まだゴムゴム感がある。しかし、タプタプ感がある。指と指から溢れるのが理想ではあるがそれは強く揉まないとならない。冷静に再考して、ゴムゴムとタプタプの中間みたいである。しかし…

「手がおっぱいと同化しそうになる」

手で覆ってモミモミしていると手のひらとおっぱいが同化しそうになる。これがたまらない。これがやみつきになる。これがやみつきになって時間を忘れてずっと揉んでしまう。

「完全なるタプタプではない…」

これをなんと表現しようか、やはり、タプタプではない。タプタプは視覚快感でそう表現してしまう。しかし、物理的にはまだゴムゴム感が残っていて完全タプタプではない、言い過ぎだ。ぷにあなミラクルDXのゴムゴム感にタプタプを混ぜたような中間感、ガールフレンド第3章のおっぱいは「タプタプ”感”がある」である。そしてそれを下からグッと押しすくい上げて揉んだときに顕著になる。これがたまらない。

ぷにあなミラクルDXは下乳揉み時にゴムゴム感がある

ラブドール『ぷにあなミラクルDX』のおっぱいを揉んでいる様子

「どこから揉んでも同じだ…」

ぷにあなミラクルDXはどこから揉んでも同じ感触で飽きが生じ出してしまった。ガールフレンド第3章は揉んだ箇所や角度によって少し揉み感が違う。その醍醐味がある。ぷにあなミラクルDXは下から揉んだときにゴムゴム感がある。下乳を揉んでいるのに上から揉んだときと同じだったり、そういった均一な感じに人工的なおっぱい感を感じてしまう。

「抱き締めたときの感触はイイのだけれど…」

一言で言うとゴムゴム感がある。抱き締めたときに胸板におっぱいが潰れたり、そういったカラダで感じる感触は生物的なおっぱいを感じる。しかし、手で揉むとやはりガールフレンド第3章との違いを感じる。ぷにあなミラクルDXは人工的なおっぱいだと感じる。どこから揉んでも下からすくい上げるように揉んでも同じ感触なので、その工業的な均一感が人工的なおっぱい感を強めてしまっている感覚がある。

「均一なおっぱいはやはり飽きる!」

最初は良かった。しかし、しばらくして「疲れたらおっぱい揉んで癒やされよう」と思って揉んでも癒やされなくなった。下乳を揉んでもそれが下乳ではなく正面から揉んだときと同じだったりすることがだんだん分かるようになってきて「このおっぱいは人工物です」といった認識に切り替わってしまった。その起因こそがゴムゴム感だった。均一的な工業感だった。

「揉むたびに味があれば飽きない!」

ガールフレンド第3章は揉んだ箇所によって揉み感が異なる。揉み方によって揉み感が異なる。下から揉んだらタプタプ感を感じたり、手でガッツリと正面からわしづかみしたら手とおっぱいが同化するようなフワンフワン感があったり、下からグッと上に押し揉み上げた状態で揉むとやけにタプタプだったり、そういった均一感がなく不揃いな感覚がメインの「生物的なおっぱい感」がある。これを体験してから、ぷにあなミラクルDXには人工感やゴムゴム感があると違いを感じるようになってしまった。

タプタプしているほうが人間を感じて気持ち良い

ガールフレンド第3章のおっぱいはタプタプ造形もあり実際にタプタプ感もある。

「ヒトを感じる!」

タプタプ感があるほうが気持ち良い。下から揉んだらやけにタプタプ感があったりするほうが気持ち良い。下からただ揉むのではなくグッと押し上げた状態で揉んだときも違う揉み感があるほうが気持ち良い。上からガッツリと鷲掴みしたときも下から揉んだときとはまた違うもみ応えがある。手とおっぱいが一体化しそうになる。

「角度によって揉み感が違う!」

ぷにあなミラクルDXとガールフレンド第3章のおっぱいを交互に揉み比べていて、どちらが人間を感じるか。目をつむっておっぱいを揉んだときにどちらが「どちが人間のおっぱいか」と感じるか。そしてずっと揉んでいたいのはどちらか。何回読むたびにいろんな解釈が出てくる小説のように、いろんな角度から揉んだり揉み方を変えたりしたらまた違う揉み応えがあるほうはどちらか。

「ゴムゴムとタプタプの融合だ!」

それがガールフレンド第3章だった。そしてそれに共通していたのは「ゴムゴム感」と「タプタプ感」の融合だった。ゴムゴム感とタプタプ感が共存している。ぷにあなミラクルDXはゴムゴム感オンリーだった。

「ゴムゴムとタプタプが各所で役割分担している!」

しかし、ガールフレンド第3章のおっぱいは均一にゴムゴムとタプタプが組み合わさっているわけでは無い。「ここはゴムゴムさんが主役で、タプタプさんは脇役」「ここをこう揉んだときはタプタプさんが主役でゴムゴムさんは脇役」といった具合に、ゴムゴム感とタプタプ感が均一ではなく揉み方や角度によって主役と脇役を交互に担当していたりする組み合わせ感がある。

「手が美味しいと感じるとはこのことだ!」

味がある。揉み応えがある。だからガールフレンド第3章のおっぱいは美味しいと感じてしまう。手が美味しい。揉んでいる行為が味わっている行為にすり替わる感覚がたまらない。

「さらば人工おっぱいよ!」

ぷにあなミラクルDXと違って「タプタプ感の存在」をたびたび感じるようになった。結果、それまで人工ゴムを揉んでいる感覚だったのが、人間のおっぱいを揉んでいるゾーンに至ってしまった。

「ようこそ人間を感じるおっぱいよ!」

上記を端的な感想として表現すると「タプタプしているほうが人間を感じて気持ち良い」となる。それが、ぷにあなミラクルDXのおっぱいとガールフレンド第3章のおっぱいを交互に揉み比べて感じた違いとなる。

「ありがとうNLS!」

ガールフレンド第3章のほうがタプタプ感がある。ぷにあなミラクルDXを参考にしたと言えども、おっぱい箇所にこだわって産み出してくれたNLS、本当に、本当にありがとう。

「外見がソックリすぎる…」
「ぷにあなミラクルDXとの下乳の違いは?」
タプタプ感が違う!


■製品情報:ガールフレンド第3章 / メーカー:NLS / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ナビ|他レビュー目次

» ガールフレンド第3章のレビューまとめ一覧