「“新ドールです!”」とショップからお知らせが来た時は「生々しいのを選ぶ」と節約できる

著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ラブドールのショップから新着ドールのお知らせが来たときに「生々しい造形かどうか」で節約できる。「人工的な造形の場合」は購入を見送ると節約できる。「生々しい造形の場合」にやっと購入を検討すると節約できる。

「新しいラブドール…人工的だけれど欲しい…」

「新しいラブドールが登場しました!」

とメールを開けてみると「人工的だった。」というのが非常に多い。

「新しいのに!?」「なぜ腹筋の造形がこんなにも幾何学的に…?」「なぜ光が反射してツルツルになるほど人工的な表面に…?」「やはり今回もボディとヘッドが一体型でもない…」といった疑問ばかりが生まれてしまう。

しかし、新商品なのでどこか欲しいという感じが拭えない。

そんなときは「生々しい造形かどうか」で決めるとバッサリと購入を断念できる。

人工的な理由 → ラブドールは基本的に次々に買ってもらうことが前提になっているため。

基本的にラブドールに人工的な要素があればあるほど次に新しいラブドールが欲しくなってしまう。

ラブドールのショップがこのような人工的なドールを勧めてくるのは「次回も買ってもらうため」というのも理由の1つにある。そうでないとお店をやっていけなくなるという現実がある。

そのため「このメールは基本的に次々に買いたい目的の場合に向けられているんだ」と思うことでそのメールは楽しいものに変わる。ラブドールのショップは搾取者ではない。

そしてその前提と目的を把握した上で選ぶと節約できる。「どうしても節約したい!」といった場合は、生々しければ節約できる。人工的な造形であれば節約できない。

生々しいのだけを選ぶと節約できる

「絶対的に節約したい」「一生に1体の次元にこだわりたい」といった目的の場合は「生々しいのだけを選ぶ」と節約できる。

「やはりオンナのカラダを見るとどうしても欲しくなる…」といった場合は「このラブドールの造形は生々しいかどうか」で「生々しくない。人工的になっている。特に肋骨の造形が人工的すぎる。」と感じたときには購入を断念すると節約できる。

そしてもしそれが「よく目を凝らさないと人間かどうか区別が付かないといったレベルに生々しい」という場合に買うと節約できる。

TPE素材のリアルドール『6YEdoll』は下腹部箇所のシワ造形も精細に造形されていて非常に生々しい→節約できる

「また新しいドールが欲しい」といったのは何年も起こらなくなる。

そのため「以前も買ったのだから今回も我慢だ!」といった自己説得が「不要」になる。シラフで「この1体だけでいい!」「この1存在だけでいい!」と感じられる。

節約目的では生々しいほうを選ぶのがおすすめ

「なぜわざとと言わんばかりに人工的な造形にするのか。」そして「もっと腹筋を生々しくできそうなのになぜわざわざ彫刻刀で木に彫ったような粗い造形になっているのか」と疑問が生まれたときは買いではない。

それらを手にすると延々と欲求が満たされず、延々とラブドールが欲しくなる。「風俗のつなぎ」になってしまう。「このメーカーは有名だからきっといいものに違いない」といったのがラブドール業界ではことごとく期待はずれになる。

それらの人工的な造形のラブドールは「あえて風俗のつなぎにしたい」だったり「生々しいと困る」だったり「将来的に何体も欲しい」といったときにおすすめとなる。

それに対して「風俗のつなぎなんて要らない」「生々しくないと困る」「人間とセックスしたい」「将来的に一生に1存在のみにしたい」といった場合は、また「強烈的に節約したい」といった場合は「人間と区別できないほど生々しいラブドール」が新商品のラインナップの中にあれば、それが買いとなる。

「はじめてのラブドールで今後節約しながら楽しみたい!」
といった場合は
“生々しいほう”を選ぶと失敗しない!

関連ページ:ラブドールは「首筋造形と鎖骨造形が生々しいほう」を選ぶと節約できる

関連撮影写真
TPEリアルラブドール『6YEdoll』の添い寝時の様子|首周りの造形が生々しくてより深く癒やされる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ