キャットスーツから色移りさせたくない→下にニットワンピを着せる

キャットスーツは色移りします

キャットスーツは裏生地からも表面の生地からもドールに色移りが起こりました。しばらく当てていると「消しゴムに油性ペンが染み込んだような見た目」で色移りしてしまいます。そこで「ニットワンピ」が活躍してくれました。ラップでグルグル巻きにするよりも「人間的」になってくれるのでより楽しめます。

ニットワンピなど全身を覆う衣服の着用で色移りを防げます

ニットワンピースを下に着用することで「色移りを防げる」かつ「見た目の良さを維持できる」かつ「人形ではなく人間的な一面を見られる」という利点があります。

ニットワンピでなくても白色のスポーツ用アンダーウェアなど「全身を覆う衣類」を下に着用することでキャットスーツからの色移りを防げます。ただ、分厚すぎるとキャットスーツの形状がゴテゴテになってしまうため、ニットワンピがヴィジュアルの良さを維持できるギリギリラインでした。

ラップでグルグル巻きにしなくて済みます

ラップで全身をグルグル巻きにすることで色移り対策を手軽にできます。しかし、巻いている時に「モノ扱いしている」といった感覚になってしまいます。

そこでラップなどではなく「全身を覆う服」を下に着せることで「ファッションの一貫」に見えて「人間が普段の生活の流れでキャットスーツを着てみた」といった感覚で「人間的なキャットスーツ姿」を目の前にできます。と同時に色移りも防げます。

関連するマニュアルページ