「1時間で0%へ。」北海道札幌の冬はモバイルバッテリーで移住審査に受かる

著:《北海道移住研究現場》
「突然真っ暗に…」

「バツッ」突然真っ暗になる画面、ホームボタンを押しても、電源ボタンを押しても起動しない。真っ暗になる瞬間はまだ31%ほども充電があったはず…。なんと電源落ち、そして電源復帰後は10%へ、そしてまたすぐに電源落ち、そして流れるように0%へ。それがたびたび起こった。氷点下が常の北海道では「モバイルバッテリーが必須」だということを何度も何度も痛感した。そしてそのたびに改めて思い知ってしまう。北海道は「試される大地なのだ」と。

12月になると充電の減りが急激になる

「12月になってから…」

氷点下かその辺りの気温が常温になるとスマートフォンのバッテリーが異様に早くなってしまう。北海道札幌ではそれが常に起こる。100%まで充電しても1時間ゴリゴリ使うと0%になってしまう。

この現象は化学的にも証明されているよう。

【リチウムイオンバッテリー内の化学反応が遅くなるから】理由は、バッテリーの機能が化学反応に依存しており、氷点下になるとそうした反応がゆっくりになる、あるいは停止してしまうからだ。(引用:寒い日に携帯のバッテリーが急激に消費されるのはなぜなのか?その対処法とは? (2018年1月7日) – エキサイトニュース(1/3)

北海道札幌で氷点下が常になり出すのは12月頃、11月の末日からジワジワとモバイルバッテリーの存在が必須になっていく。そして…

氷点下の時期に移住すると審査に楽に通る

「北海道移住は氷点下時期が穴場だ!」

そして北海道で賃貸審査が緩くなり出す時期がある。それが「氷点下になる時期」である。

大家の方々が「せっかくローンで購入したアパートの一室が凍結で設備劣化したり建物や部屋自体が氷点下で急速に老朽化が進んでしまう」のを防ぐべく、審査を緩くしていく。特に格安アパートは修繕費など少しでも出費が増えるともう採算が取れなくなってずっと赤字である。そのため「とにかく誰か住んでもらわないと」といった感覚が生じる。

人が住むだけでもととりあえず老朽化はストップする感がある。そのため、審査な不安な場合は氷点下の時期である12月〜3月頃に引っ越しをすると審査に通りやすい物件に出会える。そしてその移住の際にモバイルバッテリーが重宝してしまう。

審査落ちをモバイルバッテリーで防げる

不動産屋さんの方と電話中に「電源落ち」して「審査落ち」するのをモバイルバッテリーで防げる

「電話中だけは落ちませんように…」

そこでいざ出向くのは氷点下になる辺り、「賃貸契約でいつ北海道に出向くか」それはまさに氷点下がずっと続く季節「12月〜3月」の間であり、まさにこのとき「モバイルバッテリーがないと不動産屋さんと電話中に電源落ち」という審査落ちになりかねない事態になってしまう。

「保証会社の方との電話は特に…」

不動産屋さんとの電話の段階では審査は落ちることは滅多にない。しかし、問題は緊急連絡先の保証会社の方との電話中に電源が落ちると審査落ちになりかねない。そのお電話がもし北海道移住中の「外出中」に来た際はやはりモバイルバッテリーが助けてくれる。

モバイルバッテリーで「掛け直す謝罪電話」の事態を防げる

「謝罪電話の事態だけは…」

そのまますぐに充電して「すまない!充電が落ちたのだ!氷点下だからだろうか!」といった趣旨のことを言いながら話を再開する手間と必要がある。残り30%辺りは特に電源落ちする残量、30%辺りに電話が来た場合はモバイルバッテリーにつなげて電話すると“失礼してしまう電話落ち”になることを防げる。

モバイルバッテリーと一体型のケースがあると楽に使用できる

「一体型ならば楽なのだけれど…」

スマホとガッチャンコして一体型になるモバイルバッテリーも便利に使用できる。北海道ではそれらも重宝できる。モバイルバッテリーとコードでつなげながらの電話はなかなか会話に集中できない場合もある。緊急連絡先の保証会社の方とのコツは「明るく受け答えすること」であった。

「肉食的な態度」を魅せることで「何か困ったことになっても仕事ができそうだ」といった見解になり「家賃を滞納する可能性は少なそうだ」と受け止められて審査に通ることが多くなる、に違いない。

シンプルなのは「不動産屋さんの元気さ」を思い出しながら受け答えすると審査に通りやすいことがわかった。ホテルの中で、不動産屋さんの元気さを思い出しながら元気に受け答えするとスゥッと緊急連絡先の保証会社の方との審査にも通っていく。

北海道移住にはモバイルバッテリーが移住開始から移住後も必須となる

「北海道移住はモバイルバッテリーだ!」

ホテル滞在の1週間のうちに物件を契約しなければならない。期限が差し迫ってくる。しかし、最低限の1週間、無駄な出費はしたくない。引っ越しにお金を掛けたくない…そんな状況下でもモバイルバッテリーは必須となる。北海道移住の際に引っ越しの段階から必須となるのはやはり「モバイルバッテリー」であった。モバイルバッテリーだけは必須となる。

さらば不安な北海道移住!
モバイルバッテリーで試される試練を乗り越えられる!
いざ性の悩みが終わる地、北海道へ。

北海道移住ナビ《性の悩みは北海道環境で急速に解決できる》
✓冬の暖房費が不安 ✓転ぶのが不安
【電気毛布で節約できる。】電気毛布は北海道でも焼け石に水になることなく重宝できる。(1時間0.5円〜1円)
【冷蔵庫等はヤマダで節約できる。】冷蔵庫や電子レンジ等はヤマダ電機アウトレットで安く手に入る。
【...】...