「まさか…電気毛布が壊れている…!」“試される大地”北海道の試練

著:《北海道移住研究現場》

《北海道移住には電気毛布が2つ必要。》

「電気毛布…」

「おかしい…電気毛布を羽織っているはずなのに、冷たい。ついにここまで寒くなった…確かに最近、雪が降り始めたばかり。やはりそのせい…」

「再びオンに…」

そう思いながら電気毛布の温度調節箇所を手に取ったところ、なんと電気が消えてしまっていた。「まさか故障…」そう不安がよぎっていった。

「故障…」

「寝ている間に触れてしまってきっと“オフ”のほうにスイッチが切り替わってしまったのだろう」そう思い、再びスイッチを入れた。しかし点かない。いくら繰り返しても付かない。

「叩けば直る…!」

「叩けば直る!」そう昔から言い伝えられてきた最終手段を行なっても点かない。その時「凍える恐怖」が走っていった。

「グッ…冷気が背中から…」

背中を這うように冷気が襲ってくる。背中から飲み込むように冷気が襲ってくる。「北海道…やはり試される大地…」そう改めて恐ろしさが全身に極寒部屋の冷気とともに走っていった。寝起きのカラダに染み込んでいった。

「主役だった電気毛布…」

「マイナス3度になるまで備え付けのガス暖房は付けない!」そう心に決めてさらに節約を極めるべき電気毛布だけにしていた。日々現役で活躍してくれた。しかし…

「やはり北海道では耐えられない…」

やはり北海道では電気毛布自体が耐久できなかったよう、なんとあっという間に故障してしまった。故障して電源レベルで点かなくなってしまった。

「何をしても点かない…」

タコ足コンセントが故障したのかと思い、直電源に繋いでも付かない。何度もオンオフにしても付かない。毛布のアダプタとコードを抜き差ししても付かない。完全に壊れてしまった。または断線してしまったのかもしれない。

「2つ必要だ…」

《「北海道でマイナス3度になるまで電気毛布のみで過ごす」場合は「予備にもう1枚電気毛布を用意する」と“緊急事態”に対処できる》ということを改めて痛感した。

「北海道で暖房費を節約したい」

「ガス代…電気代…」

マイナス3度越えが日常になると今度は水道管やトイレの凍結破損を配慮する必要があり、その際はガス暖房のスイッチを入れる必要も出てきてしまう。しかし、同時にガス代が跳ね上がってしまう。かといって遠赤外線ヒーターを使うと今度は同額レベルで電気代が跳ね上がってしまう。

「電気毛布で節約できる!」

電気毛布が最適だった。しかし、電気毛布が故障した途端に背中から飲み込まれるように冷気が襲ってくる事態に出てきてしまう。やはり北海道移住の際は故障をほぼ確定的に予定して電気毛布を2個持っていくと快適に節約できることを悟った。

試される大地では電気毛布が2つ必要

「試される大地は電気毛布2つで対処できる。」

試される大地、北海道は性の悩みを急速に終わらせてくれた地。しかし、同時進行で極寒を試してくる大地。電気毛布が2つ以上あればその試練にも対処できる。試練が起きても予想したように楽しめる。

「試される大地は性の地。」

「極寒は性欲をゴッソリ減退させてくれる」というメリットがあった。北海道は恐ろしい、試してくる存在、しかし、性欲依存を大幅に減退させてくれていることを日常的にヒシヒシ感じさせてくれた地でもある。北海道に移住する場合は電気毛布2枚が装備に必要だということを今回改めて思い知った。2枚あることで試練にあたふたすることなく楽しめる。

※ちなみに、北海道の賃貸は11月以降から賃貸審査が緩くなり出す。大家の方々が凍結や極寒による老朽化などの心配で焦り出すためというのも理由の1つにある。そのため北海道は冬になるにつれて賃貸審査が緩くなっていく。移住をご検討の場合は「11月以降」が審査に通りやすくなる。

北海道移住で節約する場合は
電気毛布が
「2つ」必要となる!

北海道移住ナビ《性の悩みは北海道環境で急速に解決できる》
✓冬の暖房費が不安 ✓転ぶのが不安
【電気毛布で節約できる。】電気毛布は北海道でも焼け石に水になることなく重宝できる。(1時間0.5円〜1円)
【冷蔵庫等はヤマダで節約できる。】冷蔵庫や電子レンジ等はヤマダ電機アウトレットで安く手に入る。
【...】...