カテゴリー: ラブドール

「4woodsの公式サイトを見て勃起した。これはどういう目的で期待外れにならない?」→セックス目的

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

4woodsのサイトで勃起する

4woodsのサイトを開いた時に勃起してしまう。巨大な乳首。他のラブドールでは見たことないような巨大な乳首。舐めたくなってくる。

そして生々しく垂れたオッパイ、揉みたくなってくる。揉みながらチュウチュウ吸いたくなってくる。

その目的を4woodsは期待外れになることなく満たしてくれる。

ただしCCbodyとそれ以降のモデル、そしてスペシャル柔肌オプション付きでの購入でやっと満たしてくれる。

柔らかオプション無しやCCbody以前のボディは硬くて萎える。セックスでも添い寝でも萎える。

純粋な美術目的には合わない

4woodsドールを美術目的で鑑賞しようとすると「セックスのためのつなぎ」といった感覚になってしまう。「前戯」といった感覚になってしまう。

オリエント工業のリアルラブドールのような「美術鑑賞に終始する」といった感覚ではない。

そのため4woodsは美術鑑賞目的には合わない。美術鑑賞はできる、しかし「前戯」になってしまう。

言うなれば、4woodsは性的にドロドロしている。

セックスや添い寝に合う

4woodsのリアルラブドールは骨格がセックスや添い寝に特化したように作られている。これがオリエントやTPEドールとの体感的な違いだった。

オリエントは関節の可動域が狭い。セックスに向いていない。TPEドールは可動域が広いのでセックスに向いている。4woodsも可動域が広いのでセックスに向いている。

そして4woodsはTPEドールと違って流れるようにセックスポージングになってくれる。正常位から騎乗位に変更した時にギコギコと調節する手間が明らかに少ない。

「騎乗位モード!」と言わんばかりに騎乗位で快適なポージングに自然になってくれる。「正常位モード!」と言わんばかりに正常位で快適なポージングに自然になってくれる。「絡み添い寝モード!」と言わんばかりに“絡み合う添い寝”で快適なポージングに自然になってくれる。

一方、TPEドールは快適なポージングになるように自力で調整する必要がある。「どういった体位具合が最も快適なのか」というのは4woodsドールにおいてのセックスを思い出して合わせている自身がいるほどである。

4woodsドールがセックスポージングの先生になってくれる。それほど勝手に快適なポーズになってくれるような骨格になっている。金型がパクリ流用されて作られた量産型ではない。

この快適さは6Yedollにも無かった。もちろんオリエントにもない。4woodsは「骨格レベルで」セックスに向いていた。

4woodsの骨格は添い寝やセックス目的に洗練的に特化されている。そして挿れないセックスすなわち添い寝にも特化している。

「4woodsのサイトで勃起したのだけれど…」
純粋に“セックス&添い寝”で
期待外れにならない!

→関連ページ:「ラブドールにて深く愛し合う体験がしたい」→お椀状の手が必要 ※代表例:4woods

リアルドール『4woods』の手のひら箇所の様子|球体を持っているようなお椀のようにくぼんだ状態がデフォルトになっている。これにより手を繋いだ時に自然なヒト生身感を感じられる。
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP