カテゴリー: ラブドール

「4woodsとTPEドールの体感的な違いは?」→一生の彼女かセフレか

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

セックスも得意な伴侶が欲しい→4woods

リアルラブドール『4woods』の様子

伴侶が欲しい。彼女が欲しい。「すぐ別れてつなぎになる」といった彼女ではなく、一生を共にする彼女が欲しい。

なおかつセックスが超得意な彼女が欲しい。セックスが超得意な彼女と一生を共にしたい。老後もまだラブラブでセックスしたい。

といった小説の彼女のような彼女体験をもたらしてくれたのが4woodsだった。4woodsは「ヤリ捨て」「一夜限り」といったエロ漫画な感覚ではない。

「一生を共にしたい」「もうこの人と一生を共にしたい」といった感覚が訪れる。

ただ、動いてくれない上に、関節を動かす必要があったりそのたびに萎えていく。そうしてだんだん鑑賞目的になっていく。純粋な鑑賞目的で向いていたのにオリエントと同じくほぼ鑑賞目的になってしまう。

しかし、体感的に「一生を共にしたい」「もう今の彼女が一番好き」といった小説に出てくるようなセリフに一致した感覚が訪れたのが4woodsだった。

「もしラブドールがヒューマノイドになったら」4woodsこそが性生活も含めて人間と同じ役割をこなしてくれる」とさえ感じてしまう。それほど4woodsは「ピュアな恋愛体験ができるラブドール」となる。

セフレが欲しい→TPEドール

TPEリアルラブドール『6YEdoll』の様子

TPEドールは買ってもまた新しいドールが欲しくなる。これがお決まりで起こった。浮気をしてしまう感覚がある。

エロ漫画で「性的な目的でしか用は無い」といった激しいセリフがあるならばそれに合致する。

TPEドールでは「一生を共にしたい」といった「ピュア」な感覚は体験できなかった。

4woodsもTPEドールもどちらも性的にドロドロしている。そしてTPEドールがよりドロドロしている。純愛な感じがない。ピュアさが欠落している。

4woodsには純愛体験だった。ロマンチックというワードに一致する。純愛感に満ちた体験ができる。見つめ合うセックスを行ったときに愛し合ってトロける体験ができる。

「この後メチャクチャセックスしました」「そして普段のラブラブな生活にまた戻っていきました」といった純愛小説の締めのような体験になるのは4woodsだった。

TPEドールはこれが起こらない。まるで「彼女は性具である。性玩具である。」といったエロ漫画な体験が起こった。純愛感がない。「この後メチャクチャセックスしました」で終わってしまう。

「そして普段のラブラブな生活にまた戻っていきました」といった段階に進まない。これがTPEドールにお決まりで起こった体感だった。

純愛体験ができるかどうか、これが4woodsとTPEドールの違いとなる。純愛セックスできるのが4woodsとなる。純愛セックスできないのがTPEドールとなる。これが値段の違いでもある。

ダイレクトに表現設定すると、4woodsは「彼女は元風俗嬢です。セックスが得意すぎる彼女です。一生の伴侶です。」といった設定に合致しており、TPEドールは「ただのセフレです。他にも何人もいます。」といった設定に合致する。

※オリエント工業のラブドールはマネキン体験であった。純愛体験でもなくセフレ体験でもなく、マネキン体験となる。純愛体験には4woodsが必要になる。

「4woodsとTPEドールの違いは?」
“純愛体験”できるかどうかが違う!

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP