カテゴリー: ラブドール

オリエントの言う「柔らかさが実際の女性に更に近づきました」の実際は?→硬い

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「柔らかくなりました」by オリエント工業

オリエント工業のサイトを見ているとき「柔らかさが実際の女性に更に近づきました」そのような旨の文言があって「かの有名なラブドールメーカーなのだから」といった具合に信用しきっていた。

しかし、肥大的に信用してしまったのが悪いと思って自己説得するものの、やはり期待外れ感があった。硬いのである。

「性行為でさらに快適になりました」という発言の「遠回しな発言」ではなかった。オブラートに包んだ表現ではなかった。

ランジェリーショップの「夜の美しいひとときを。」と言ったふわふわしたオブラート表現ではなかった。

「この美術品にブラジャーを装着させたときに、例えば谷間ブラでの谷間感を人間に近づけました(しかし、まだ人間柔らかさには程遠いのだけれど。)」であった。

オリエントは美術目的でラブドールを作っている

オリエントの発言には前提があった。それは「美術目的において」という前提があった。

オリエント工業の発言の全ての発言の接頭辞に「美術目的において」が省略されている、そう決め込んでもいいぐらいだった。それに相応しい硬さであった。

オナホ業界のラブドール、TPEドール業界のラブドール、シリコーンドール業界のラブドール、それらを経験しても非常に硬い部類に入る。

オリエントは大昔からドールを作っているので「今ではもう人間と同じ感触だろう」と期待してしまう。

これが間違いだった。

「ラブドール業界で未だに最も硬いのはオリエントだけだ。」そう思ったぐらいが裏切られなかった。

「オリエントは“性行為目的”が微塵も含まれていない。見せかけだけのおまけである!」そう激しい見解になってもそれがオリエントドールの現実に近かった。

オリエントは美術路線になっている。オリエントは何か「美術で歪曲された表現感」がある。

「おっぱいが著しく柔らかくなりました」→「おっぱいが(セックス目的では硬いですが、美術目的においては)著しく柔らかくなりました(自重変形せずなおかつ塗装も剥げずおっぱいにキズが付きにくいプラスチックなコーティングも施しています。その技術で生み出されたドールの中で著しく柔らかい部類になりました。しかし、人間と比べるとまだまだ硬いです。しかし、美術目的において見た目では“人間と同じ柔らかさにしか見えない”ような見た目になっています。)」といった長い長い美術目的のカッコが省略されていた。

オリエントドールは美術目的でこそ最高に楽しめる。特にプラスチックみたいになってもいいので、ホコリが付いてもすぐに取れるような表面でないと美術目的では困る。また、塗装が剥げたら困る。オリエントはその美術欲求を満たそうとしている。

オリエントは美術である。

本当に柔らかいのは4woods

「美術的かつ機能的(性行為にも特化している)」は4woodsとなる。

オリエントは「機能性を犠牲にした美術品」となる。触れて楽しんだりセックスして楽しんだり添い寝して楽しんだりフェラして楽しんだり、そう言った機能的な性能は著しく低い。むしろ無いと思ったほうが裏切られなかった。

「マネキンのジャンルなのだけれど、仕方なくラブドールのジャンルに入れている」といった感覚、オリエントはその感覚となる。

「実は当初、アパレル店に対してリアルなマネキンとして売っていたのですが、全然需要がないので、仕方なくラブドール業界に移って売っています。」といった感覚となる。オリエントの目には美術が目に映っている。

一方、4woodsのメーカーの目にはしっかりとセックスが映っている。

4woodsが「おっぱいが著しく柔らかくなりました」と言うと「人間のおっぱいを揉んでいるよう、人間のおっぱいを吸っているよう、人間のおっぱいを舐めているよう」といった体験により近づいたことを意味している。

とにかく期待通りにセックス目的で露骨に機能してくれる。それが4woodsだった。

オリエント工業の言う「柔らかくなりました。関節可動域が広くなりました。唇が柔らかくなりました」そのような文言を目にした時は今後もずっとその発言の全ての接頭辞に「美術目的において」と付け足すと期待外れにならずに済む。

「(美術目的のおいて)柔らかくなりました。(美術目的のおいて)関節可動域が広くなりました。(美術目的のおいて)唇が柔らかくなりました」となる。決して「キスが従来モデルよりも気持ち良くなりました」は意味していない。

「キスが従来モデルよりも気持ち良くなりました」の通りにしてくれるのは4woodsのほうとなる。「キスが従来モデルよりも気持ち良くなりました」の発言に「ドールの唇に自身側の唇をくっつけて、ハムハムしたり、レロレロしたり、唇を吸ったり、舌を入れたり、そのような体験ができるようになりました」といった旨を期待できるのは4woodsのほうとなる。もしくはTPE素材のドールとなる。

4woodsは現在は人間と同じそれほどの段階には無いものの、しかし、4woodsに対しては素直に性的目的な期待が期待はずれにならない。

オリエントはなにか、モバイルルーターみたいになっている。「通信制限はありません!(3日間で10GB以上使うと制限がかかります)」といったなんちゃって感がある。

オリエント「唇がとてもリアルです(舐めたら最悪ですが、でも美術目的で見るだけならとてもリアルです、最高です)」といった感がある。

しかし、性的にドロドロした段階から、美術に興味を見出させてくれた存在で主力だったのはオリエント工業のラブドールであった。オリエントは美術に生きている。

「ラブドール工業の言う“柔らかい”は本当?」
本当!しかし美術目的なので一般と比べると硬い!

→関連ページ:「エロ目的でオリエントドールを購入するとどうなる?」→返品したくなる

リアルラブドール『オリエント工業』にドレスを着せておっぱいを丸出しにした様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP