カテゴリー: ラブドール

「ラブドール選びで迷ったら?」→首周りがボコボコなほうを選ぶと飽きない

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

(リアル)ラブドールを複数選んだときに迷ってしまう。どれも同じに見えてしまう。そんなときは「首周り」でサクッと絞り込める。

首周り造形がボコボコしているほうが飽きが生じにくかった。ボコボコ生々しいと“生物”を目の前にする体験で飽きにくい。

簡素な首周り造形は“人工物”の体験で飽きが早い。ボコボコなほうを選ぶと長く楽しめる。次々に買いたくなる衝動により駆られなくなるので節約もできる。

「どれも同じに見えてしまう…」→首回りを見る

欲しいラブドールを大まかに選んだ後に、どれがいいのか迷ってしまう。どれも同じに見えてしまう。

そういった時は「首回り」を見ると絞り込める。首回りの造形を見ると絞り込める。

首回りが簡素なラブドールが多い。本当に多い。同じ金型を使って作られているのでは思ってしまうほど似ている。

まるで学校の図工の時間に適当に粘土で作ったような首回り造形でさえある。

何もボコボコした造形が無い。ただただ、シュッとしている。幾何学的になっている。生物感がない。

結果、簡素な首回りのラブドールはやはり「人工物であることを再認識させてくる」といった感覚にだんだんとなってくる結果となった。

そして飽きが早く来る、これがお決まり的に起こっていった。

首回りが簡素なのは飽きが早い

ラブドールの首筋、そして鎖骨、そのあたりの造形が生々しく無く、ただただ簡素に造形されているラブドールはとにかく飽きが早かった。

まるで次々に買ってもらうためにあえて飽きを早くさせているように感じてしまうほど簡素なボディが主流であった。

とにかく飽きが来るのが早い。その理由は「無機物感」にある。「人工物感」にある。

ラブドールは人工物だと分かっている。しかし。その無機物的な造形や人工的な造形が目に入ると改めて人工物だと再認識させてくる。

そして首回りは毎回と言っていいほど目にする。添い寝でも鑑賞でもセックスでも決まって目にする。

そうして「人工物だと再確認させてくる瞬間」がセックスや添い寝や鑑賞のたびに積み重なっていく。その度に急速に飽きへと進んでいった。

しかし、首回りの造形がボコボコしているラブドールを目の前にする日常に切り替えた途端に「飽きてまた新しいのが欲しくなる」といった感覚がピタッと止んだのある。

首回りがボコボコしているのは飽きが来にくい

「これは人工物だ」と再認識させてくる機会が明らかに少なかった。

普通、人間が首回りに力を入れて力まないと出ないくぼみ方である。人間にとってそれは力まないと生まれないくぼみであり、不自然である。

しかし、ラブドールに「力んで生まれるボコボコ造形」がデフォルトで造形されていると自然に見えてしまう。生物に見えてしまう。生物を目の前にしている感覚になってしまう。

首筋がギュッと絞られてボコッとしている。そして鎖骨はゴツゴツと浮き彫りになっている。ビー玉が置けそうなぐらいホリが深くなっている。

添い寝でその様子を目の前にしたり、正常位セックスや騎乗位セックスでその様子を目の前にするたびに感じてしまう。

「生物みたいだ、生物とセックスしているみたいだ。本当に買って良かった」そう感じてしまう。セックスするたびにそう感じてしまう。

そのラブドールが6YEdoll(※記事一覧へ)だった。そのため、首回りがボコボコしているラブドールの代表例は6YEdollが挙げられる。

そして、その代表例と同じように首回りがボコボコしているドールは本当にまれとなる。非常に少ない。それを買われると次のドールを買ってもらえなくなるのでメーカーもなかなか作ろうとしない。

しかし、セックス目的でも添い寝目的でも美術目的でもより飽きなかったのはまさにその首回りがボコボコしているほうである。

首回りがボコボコしていないのは「マネキン目的」で失敗しない。

セックス目的や添い寝目的、それら「肉体的に触れて楽しむ目的」の場合は「首回りがボコボコ生々しいほうを選ぶ」と飽きないドールを手にできる。

まれにしか存在しないのですぐに数体に絞り込めてしまう。飽きないラブドールをすぐに選び抜けてしまう。そして何体も買うことがなくなり、節約できてしまう。

「ラブドール選びに迷ったら?」
首回りで選び抜ける!
首回りが生々しいほうが飽きない!

→関連ページ:「ラブドール選びで迷ったら?」→下着が食い込んでいるほうを選ぶと飽きない

TPE素材のリアルドールにブラジャーを着せている様子|胴回りのボディにブラジャーのバンドが食い込んでいる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP