カテゴリー: ラブドール

ラブドールは「お尻にくぼみが有るほうを選ぶ」と飽きない ※代表例:6YEdoll

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

リアルドールも含めてラブドールはお尻箇所にくぼみ造形が有るタイプと無いタイプがある。そして有るほうがやはり「生物」を感じられてより飽きなかった。

そのため、ラブドール選びで迷った際は「ヒップ箇所にくぼんだ造形が生々しくあるほう」を選ぶとより飽きないほうを選択できる。

くぼみ造形が無いラブドールは飽きが早い

ラブドールにはお尻箇所にくぼみ造形が無いタイプが存在する。そこにあるはずのエンジェルのような造形、カニの甲羅のような造形、それらが無い。

くぼみ造形が無いラブドールは「人形」だとより感じてしまって飽きが早かった。「人工物」だとより思わされて飽きが早かった。

後背位セックスでも背面騎乗位セックスでも鑑賞でもこの造形箇所が欠落しているとやはり「マネキンとセックスしている」といった感覚にさせられる。それに萎える。

そして、“マネキン”では無く生物感を求めて、より生々しいラブドールが欲しくなってしまう結果となった。

くぼみ造形が無いラブドールを手にするとつなぎのような存在になってしまって節約できない。

くぼみ造形が有るラブドールは飽きにくい

ラブドールのヒップ箇所にくぼみ造形があることで「生物」を目の前にしている感覚になれる。やっとその感覚になれる。

こういった生物的な造形箇所が省略されていればされているほど「人工物」を目の前にしている感覚に切り替わってしまう。

そしてやはり今回のくぼみ造形だけでなく生々しい造形があればあるほど、セックス中でも鑑賞中でも「生物である人間」を感じられてより飽きにくかった。

「次々にラブドールを買ってもらうために意図的にこういった生物的な造形箇所が省略されているラブドール」もよく見受けられる。それらは節約できない。

ヒップの上にある小さなくぼみという無くてもあってもいいような造形でさえも生々しく造形されているラブドールこそがよりながく飽きにくかった。節約もできる。その代表例が今回の6YEdollであった。

お尻辺りにくぼみ造形が有る方を選ぶ

「ラブドール一覧を見たときに全部欲しいと感じてしまう」といった場合は「ラブドールのお尻箇所の商品写真」を商品ページから探して、そのお尻写真にくぼみ造形が無いラブドールは徹底的に候補から外していくと飽きないドールに絞り込める。

そしてそのくぼみ造形がより生々しいほうのラブドールを選ぶとより飽きない。

「この造形箇所を省略するなんて信じられない」ぐらいの感覚で選ぶと「全部欲しい」といった状態になることなく、より飽きないのを選択でき、そして節約もできる。

「飽きないのが欲しい…」
といった場合は
“ヒップくぼみ”があるほうを選ぶと飽きない!

→関連ページ:「ラブドールの添い寝で癒やされたい!」場合は“腹筋造形”が必要 ※例:6YEdoll

リアルドール『6YEdoll』の添い寝時の様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP