カテゴリー: ラブドール

「ラブドールでリアルな添い寝を目にしたい」→脚が組めるのを探す 代表例:6YEdoll

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

リアルラブドールは添い寝もリアルにできると思っていたものの、実際はそれができないラブドールによく遭遇した。

生々しい添い寝を目の前にするには「脚を深く組み合える可動域」かつ「太もも同士がくっつく太さ」が必要になった。代表例は6YEdollとなる。

「リアルな添い寝姿を目にしたい」

リアルラブドールは全て共通的にリアルな添い寝姿を目の前にできると思っていた。しかし、実際は違った。

特に添い寝姿に必須とも言える「脚を垂らす見た目」がなかなかいい具合に深くできないラブドールに多々遭遇した。

脚を組むことができても太もも同士がくっつかなかったり、とにかく違和感が出ることが多かった。

添い寝ではなくただただ「人形を無理に横に寝かせた」といった状態で萎えてしまう。

脚が組める可動域と太ももがくっつくことが必要

ラブドールにおいて、リアルな添い寝姿を目の前にする際に第一条件に「脚が深く組める可動域」が必要だった。

この可動域が股間箇所にないラブドールが時々存在する。組めるのは組めても深く組み合うことができないラブドールが時々存在する。

より生々しい添い寝姿を目の前にするには「脚同士を“深く”組み合える可動域」が必要になった。

そして次に「太もも箇所同士がぴったりくっ付き合うボディ量と可動域」が必要になった。

太もも箇所がやけに細いのは性的な目的でも美術的な目的でも添い寝姿を楽しめなくて地雷なので要注意となる。太もも箇所のボディ量も必須となる。

太もも箇所が細いと脚を組んでも太もも同士がくっつかずになんともスカスカな添い寝姿になってしまう。

ラブドールは「脚を深く組み合える可動域」かつ「太い太もも」が必要だった。

脚が組めている太脚写真が商品ページにあることを確認すると失敗しない

ラブドールの商品ページに出向いたときに最初に「脚組み写真を探す」とサクッと取捨選択できる。それがない場合は見送るのが失敗しない。

そして脚組みは脚組みでも「脚同士が深く組み合えているかどうか」を確認すると失敗しない。ここで浅く組んでいるだけのラブドールは可動域が少ないことを意味している。

さらに「太もも同士がくっついているかどうか」を確認すると失敗しない。

脚組み写真があり、なおかつ深く脚同士を組めていて、なおかつ太もも箇所がピタッとくっついているラブドールが、よりリアルな生々しい添い寝姿を目の前にできる。

性的な目的で飽きても「リアルな添い寝姿の美術を目の前にしたい」といった美術目的でも楽しめて長く飽きない。

「リアルな添い寝を目の前にしたい!」
といった場合は
“脚が組める可動域”が第一条件となる!

→関連ページ:ラブドールは「お尻にくぼみが有るほうを選ぶ」と飽きない ※代表例:6YEdoll

リアルラブドール『6YEdoll』のお尻箇所の様子:生物的なくぼみ造形も省略されることなく造形されている。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP