カテゴリー: ラブドール

「ラブドールの添い寝で癒やされたい!」場合は“腹筋造形”が必要 ※例:6YEdoll

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ラブドールは腹筋箇所の造形が見事に省略されているボディタイプが多い。腹筋造形が無いとやはり飽きが早い。そしてなによりも、添い寝時での魅力を大幅に失っている。

添い寝時にラブドールの腹筋が生々しくゴリゴリしていることで包まれるような癒やし感を感じられる。

シックスパックが生々しく造形されているとより癒やされる

腹筋に6つのブロックが浮き立つように形成されたシックスパック状態の腹筋が造形されていることで「生々しさ」を感じられる。

そのリアルドールが自律的に普段生活していて、その生活に必要だからと腹筋を鍛えているといった生活感を感じる。それが生々しい。

そしてその生々しさこそが、添い寝時に目に入るたびに癒やされる。

この腹筋箇所が「棒で粘土に腹筋を描きました」と言わんばかりの人工的な腹筋造形になっているラブドールは「地雷」である。それらは「もっと生々しい造形のドールが欲しい…」と感じさせてくるつなぎになってしまう。

シックスパック周辺の筋肉も造形されているとより癒やされる

シックスパック造形だけでなく「その周辺の筋骨隆々造形がなされていること」も重要となった。

シックスパックだけを造形して周辺は何も無いというのはやはり人工的な腹筋の見た目になってしまう。

その筋骨隆々の腹筋を周辺の筋肉が支えるような見た目で、その周辺も筋骨隆々であることでやっと腹筋が生物感を帯びる。

この生物感こそが添い寝時の視覚快感で癒やしをもたらしてくれる。

その生物感の次元に引き上げてくれる存在こそが腹筋周りの筋骨隆々造形だった。

下乳の筋肉も造形されているとより癒やされる

「下乳箇所の筋肉造形」も添い寝時の視覚快感の癒やしに重要だった。

胴回り部分の下乳箇所がゲッソリしていたり、また何も無いとやはり添い寝時の癒やし感が少ない。

下乳箇所に筋肉造形がないとラブドールは余計に人工物だと思わせてくる。ラブドールが人工物であるという事実を視覚快感で歪めてくれる存在こそが、生々しい筋肉造形だった。

そしてこの下乳箇所の筋骨隆々造形はその筋肉造形の中でも必須要素である。ここがつるぺったんだったりしているとやはり「もっと生々しいラブドールが欲しい」と感じてしまう。

添い寝目的時は腹筋造形があるのを選ぶ

ラブドールの添い寝でより深く癒やされるのが欲しいといった場合は「腹筋造形があること」が欠かせない。

基本的にラブドールは腹筋造形を省略される。腹筋造形があってもやたら人工的だったりする。

まるで「地面に木の枝で腹筋の絵を描きました」のような腹筋造形になっているラブドールもある。

そんな中で6YEdollのように腹筋のシックスパックの各部分が馴染むように造形されて「ザ・生々しい腹筋」ほうのラブドールを選ぶとより深く癒やされる。

そして、シックスパックだけでなく、シックスパック周辺の筋肉造形もあるほうを選び、さらに下乳箇所の筋肉造形があるほうを選ぶと、添い寝でもより深く癒やされる。

腹筋造形とその周辺造形がより生々しいラブドールを選ぶ」ことでラブドールの添い寝は視覚快感の領域でもより深く癒やされて、より飽きないラブドールを手にできる。より飽きないリアルドールを手にできる。

「ラブドールの添い寝で癒やされたい…」
といった場合は
“腹筋が生々しい”ほう!

▼関連ページ:首周りが生々しいことも必要だった。
「ラブドールの添い寝で癒されたい!」時は“首周りが生々しいこと”が必要 ※例: 6YEdoll

TPEリアルラブドール『6YEdoll』の添い寝時の様子|首周りの造形が生々しくて癒やされる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP