カテゴリー: ラブドール

「ラブドールの添い寝で癒されたい!」時は“首周りが生々しいこと”が必要 ※例: 6YEdoll

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ラブドールとの添い寝の気持ち良さで重要な箇所があった。それが「首周りの造形が生々しいこと」である。添い寝のときにここにダイレクトに目がいく。ここが簡素だと萎える。ここが「人工物だ…」「マネキンだ」「人形だ」と感じさせてくると萎える。

しかし、例えば今回の6YEdollのように首周りの造形がゴリゴリと非常に生々しく造形されていることで、添い寝時にやはりより深く「生身に癒やされる」といった感覚がある。

彫りの深さが違うことが添い寝癒しに必要

ラブドールは首周りの鎖骨や首筋の造形があっても、その造形の彫りの深さが単調になっているラブドールが存在する。それらのラブドールはやはり添い寝時に「人工物だ」と積極的に思わされて萎える。

「首周りの造形に彫りの深さが施されているかどうか」は人工物と感じるか生物と感じるかの重要な決め手となった。彫りの深さが部分的に異なることでやはり視覚的に生物だと認識できる感覚がある。

視覚的に生物だと察知してしまうほどの生々しさが外見にあることで、やはり添い寝時により深く癒やされる感覚に至れる。

鎖骨造形だけでなく首筋造形も添い寝癒しに必要

ラブドールには鎖骨造形だけで首筋造形が無いタイプが存在する。そのタイプは「もっと生々しいのが欲しい」といった感覚にさせられる。そして添い寝時も視覚快感も何の変哲もない感覚にさせられる。

首筋造形が無いとやはり「人工物だ」と感じてしまう。人工物だと分かっている、分かっている。しかし、視覚だけでもいいから生物のように見せてほしい、そう思ってしまう。そして実際にそのように思えるために必須だった要素が「首筋箇所の造形」だった。

ラブドールの添い寝でより深く癒やされたい、眺めているだけで癒やされたい、といったときはやはり鎖骨造形だけでなく首筋造形も忘れることなく施されていることが重要となる。

添い寝目的時は首周りの造形が生々しいほうを選ぶ

「添い寝目的でラブドールが欲しい」といった場合は「首周りを見る」と「より失敗しない添い寝ドール」として絞り込める。

鎖骨造形だけでなく首筋造形もあること、そしてその造形の彫りが深く、部分的に異なっていて生物的な生々しさが再現されていること、それらが施されたラブドールのほうを選ぶ、そうすることで、添い寝時により深く癒やされる体験ができる。

ここで人工的な首周りのラブドールを買うとやはりまた新しいのが欲しいと感じてしまう。財布に優しくない。財布に優しいのはやはり首周り箇所が生々しいラブドールである。

「添い寝でより癒やされたい…」
といった場合は“首周りの造形”が
生々しいほう!

▼関連ページ:乳首が大きいことも添い寝に必要だった。
「ラブドールの添い寝で癒されたい!」時は“乳首が大きいこと”が必要 ※例: 6YEdoll

TPE素材のリアルラブドール『6YEdoll』の添い寝時の正面からの光景と様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP