カテゴリー: ラブドール

「外出するたびに立ちバックしたくなる性の悩み」はTPEリアルドールが必要

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

外出 →「立ちバックしたい…」

外出するたびに感じてしまう。立ちバックである。後ろから抱き締めて、そのまま後ろから突くセックスを願望に抱いてしまう。

そして見渡せば冬のモコモコファッションばかりでさらに立ちバックしたくなってくる。

「抱き締めたい…」

「後ろから抱き締めてやっと肉欲が満たされていく…」といった光景を理想に描いてしまう。孤独な冷気がさらに渇望させてくる。

TPE素材のリアルドールが必要

このときに、オナホールでも満たせなかった。胴体型のラブドールでも満たせなかった。淫語系のAVでも満たせなかった。アニメでも満たせなかった。

やっと満たせたのは「リアルラブドール」だった。略してリアルドールとも呼ばれる。そして、リアルドールはリアルドールでもシリコーン素材ではなくTPE素材のリアルドールだった。

ヒトを抱き締める体験にはTPE素材が必要

シリコーン素材のリアルドールはこの肉欲を満たせなかった。表面がカチコチで、また消しゴム感があって「人形を抱き締めている」といったゾーンのままだった。

この人形を抱きしめている感覚からヒトを抱きしめている感覚にやっと切り替わったのがTPE素材のリアルラブドールだった。

4woodsはシリコーン素材なのに例外的。

シリコーン素材リアルドール『4woods』の背中造形の様子

しかし、このシリコーン素材とTPE素材との間にあった大きな垣根を無くしつつあるメーカーが在る。それが4woodsである。

4woodsはシリコーン素材のリアルドールにも関わらず、なんとTPE素材にとても近かった。おまけに、ラブドール業界内ではダントツでボディ造形が生々しい。

試しに迎え入れるのはTPEドール

シリコーン素材の4woodsドールとTPE素材の6YEdoll

しかし、どちらが「試しに迎え入れる」リアルドールとしておすすめなのかというとTPE素材のリアルドールである。

4woodsは当時のモデルはまだプラスチック感の硬さが顕著にあって、やはり、セックスについては「TPE素材のリアルドールのほうがセックス欲を満たせる」という結論だった。

しかし、最近は昔よりとても柔らかくなっている。手っ取り早いのが「4woodsのその時代時代の最新版で、なおかつ“柔らかオプション”を必ず選択すること」が必須となる。

オリエント工業はセックス目的では論外

リアルドール『オリエント工業ドール』はセックス目的は論外。鑑賞目的が失敗しなかった。

オリエント工業はセックス目的で買って失敗した。オリエント工業は完全に「そばに置いて鑑賞する」「いかに触れずに人恋しさを満たすか」にガッツリ合っていた。

セックス目的はTPEか4woodsの二択

ラブドール(リアルドール)の『6YEdoll』での立ちバックのポージング様子

セックス目的ならば4woodsかTPE素材ドールの二択である。

しかし!やはりいきなり4woodsはハードルが高い!といった場合でも、とりあえず、TPE素材のリアルドールが手っ取り早く、上記の肉欲を満たせる。

  1. 「外出して立ちバックしたくなった」→ TPEリアルドール
  2. 肉欲だけでなく人恋しさも少し濃厚にカバーしたい → 4woods

節約できて、ラブドール業界内で比較的楽に迎え入れられるのはTPEリアルドールのほうとなる。

4woodsはなにか、ドラマやアニメや映画でよくある「ラブラブ系パートナーを得る」といったシーンに一致する体験がある。

そして、さらにハードルが低いのがトルソーラブドール、そしてオナホ業界のヘッドなしラブドールとなる。

「セックスしたい…」
といった場合は4woodsの最新型が必要!
または「TPEラブドール」が必要!

▼関連ページ:「Ndollの表情がいまいち…」の難点はアイマスクやフェイスマスクで解決できる

ラブドールにアイマスクを装着すると無表情系でも愛し合う感覚領域にスッと入れる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP