「なんだぁそこは想像で補うところなのね…」そう安堵する女子校生ヒロイン

   

女子校生「なんだぁ…そこは想像で補うところなのね…」

「これは、これはこの学校の珍事件として歴史に刻まれる大事件…教室で打ち上が花火なんて…!」教室中に今か今かと花火が打ち上がらんと頭を伏せていると、なかなか花火が打ち上がる気配がない。起き上がってみると「なんだぁ…そこは想像で補うところなのね…」そう安堵する女子校生ヒロイン。

授業中に大量の消しゴムで凝ったドミノを開始する主人公”関くん”。この主人公の方がゴールとして、フィニッシュとして設置したのが“打ち上げ花火”。

ここは教室、しかも授業中。

そして並び立てたドミノに指を突いてパタパタパタパタと開始。

ゴールに近づく。近づく。花火に近づいていく。

ドミノが最後の花火に近づいていく。

そしてついに最後尾のドミノが花火の点火ボタンを押した瞬間、「パァァァァァァンッッッ」と激しい花火が授業中に鳴り出し、「火事だ!火事だ!」と叫ばんばかりに生徒たちがどんどんと大騒ぎになり、

「キャァァァァァァァァァァァ」という女子の発狂が教室から廊下中を駆け巡り、教師の方は生徒のその予想外すぎる異常行動と異常事態に腰が抜けたように凍りつき、、、、

といったことは起きず、最後の最後のその打ち上げ花火は「想像で補完する」といったシーンで終わる。そこには強烈な想像で目の前に大きな花火の光景が再現されたシーンが流れていく。


一般オナホは関くんモードで楽しめる

一般オナホは関くんのような“強い想像”による補完があってこそ至福に至れる。

一般のハンドオナホールは今回の『となりの関くん 1時限目 ドミノ』と同じように妄想で補完する必要があった。フェラホールはその亀頭の周りでうごめく舌の感触を「すごい…レロレロされている…」と想像で歪曲しながら味わう必要があった。シラフでは「一方的に口の中に突っ込んでいる!」といった挿入感。そこの「うわぁ…舐められてる…」いった欠損箇所を想像で補う必要があった。

ホール内で若干擦れ感に無機物感が出てきてローション不足を感じてきたり、手が疲れて手に集中が言って快感に集中できなくなっていったり、ふと意識が途切れるとさらに意識して想像する必要が出てきた。

電動オナホは”想像無く妄想無くシラフで”至福に至れる

今回のアニメ『となりの関くん』で言うと、最後の打ち上げ花火を想像ではなく、“本当にリアル打ち上げ花火を打ち上げる”といった行為となる。

問題行動かどうかは今回は考慮から外した点において、関くんが「花火を打ち上げることが望み」であるならば、“最高の”至福に至れるのはやはり「リアル花火が本命」である。

電動オナホは〈一般オナホ使用中に想像で補っていたこと〉が、想像なくリアルに起こる。想像しなくて済む。リアルで感じる。シラフで感じる。妄想無く感じられる。強い想像力はもちろん、想像し続ける集中力さえ不要になる。そのため、AVを見てもエロマンガを見ても勃起しなくなった超絶シラフ状態でさえも連日即抜きできてしまう。

ちなみに、なぜ主人公の方の名前が「関」くんなのかというと、おそらく「となりの席」にかけて「となりの関」くんになっているからに違いない!そしてこのアニメは一話が無料で視聴できる。

※引用画像ソース:コメディアニメ『となりの関くん』楽天TV
https://tv.rakuten.co.jp/content/124963/

“最高の打ち上げ射精”を毎日できてしまう。
シラフで難なく即イッてしまう。
電動オナホで。

関連:『Q.「フェラオナホと電動オナホはどっちが即抜きできる?」A. 電動オナホール

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP