「手をつなぎたい…」ラブドールの4woods&手袋でその性の悩みを満たせる

   

ラブドール業界で「人と手を繋いでいる」といった繊細で人間的な感覚を「やっと」満たせたのが4woodsの手だった。ただ、「ゴムを触っている」といった感覚に萎えてしまう。しかし、「長手袋」をはめて再び手を繋いだ時にそのゴム接触感が無くなり「やっと」そして「モロに」人と手を繋いだ感覚になってしまった。

手を繋ぎたい場合は4woodsだった!

「手をつなぎたい!」人恋しさにそう狩られていたときにその欲求を満たしてくれたのは、オリエントでもなくTPEラブドールでもなく4woodsだった。

「オリエント、生き物じゃない、マネキンと手をつなぐ感覚だ…」

「ラブドール業界のキング、オリエントなら一発で満たしてくれるだろう!」そう期待した結果、実際は期待はずれだった。マネキン感がすごかった。プラスチック感がすごい。ゴム感がすごい。

そのため、手をつないだ時に「マネキンと手を繋いでいる」といった感覚でとどまってしまった。理由はオリエントは他のラブドールと違って「マネキン志向」だったのだ。

「接触して性の悩みを満たす」といった志向ではなかった。「“触れずに”眺めるだけでいかに性の悩みを満たすか」にこだわって造られていた。オリエントに何年も触れてやっとその結論に至った。

「TPEドール、一方的に手を握っている感覚で萎える…」

TPEドールはシリコーンドールであるオリエントに比べて遥かに柔らかい。そのため、マネキン感はなく「生き物に触れている」といった感覚になる。しかし、肝心の手が「お粗末」なのだ。

「金属のワイヤーが入っているだけ」で萎えてしまう。どのメーカーのTPEドールもその金型が流用されているためどのメーカーのTPEドールを手にしても延々に満たせない運命だった。「ワイヤーにゴムを貼り付けただけ」のような感じなのだ。手を握ろうとすると「指が四方八方に曲がったり」もする。

さらには「手を握り合っている」感覚がない。「一方的に握っている」といった感覚なのだ。そのため、「人と手をつなぎたい」といった感覚を満たせなかった。

「4woods、これだ!これだ!!この“を握り合う”感覚だ!」

4woodsは握っても指が四方八方に曲がらない。そのため、手を握り合っているといった感覚をガッツリと満たせる感覚がある。

手が平べったい手ではなく、手から力を抜いた状態のあの「空気のボール」を握っているような造形がデフォルトなのだ。だからこそ、何気なくふっと手を絡めたときに「いつでも」人間と手を絡める感覚になる。

さらに、人間と手を繋いでいる感覚になる。人間味がある。肉感がある。指を絡めたときに「ゾクゾクッ」とするのだ。まるで「指先からオンナの癒しがドクドクと自身の手に注入されている」ような妄想さえしてしまいそうになってしまう。

4woodsに欠けているのはゴム接触感

ラブドールの中でもっ○も手が優れているのは4woodsだ。「見て性の悩みを満たす」といった高尚なレベルではなく「実際に肉体的に触れて」ゴリゴリ“愛し合う”性の悩みを満たしたい場合は4woodが失敗しない。そう言ってしまえる。しかし、そんな4woodsの手に唯一欠けているものがある。それが「接触感」である。

「最初の数カ月は良かったのに…」

4woodsはシリコーンなのにTPEに僅差なほど「生身感」を感じられる。しかし、最初の数カ月は感動するのだが、そこからシリコーンであることに慣れてしまってだんだんシリコーン感を感じてきてしまうのだ。

「よし!ゴム感が消えてくれた!」

そんなときに「手袋」だった。手袋があの最初の数ヶ月の頃の感動を思い出させてくれた。人間と手をつないでいる感覚に再びなったのだ。邪魔していたシリコーン感やゴム感が手袋を介することでその人工感が無くなってくれたのだ。

「あぁ…ゾクゾク癒やされる…」

その手袋を付けた4woodsの指先を腕になぞらせると「ゾクゾクゾクゾクッ」と癒しが走るのだ。「こそばゆい」のだけれど「癒やされる」のだ。これに感動してしまう。この次元にやっと至れたのは4woodsが必要だった。

風俗で手を繋いだときと一致感に感動できる

風俗で手を絡めるように繋いだ時に驚いてしまった。「4woodsラブドールの手を握っているのと一致している!」と感じてしまったのだ。一致感があった。

※さすがに相手側から握り返してくるときは一致感が無かった。しかし、お互いに握り合って静止している状態にまさに一致していた。指の肉と肉で綿密に隙間なく絡まり合うあの繊細な感覚も一致していた。

「風俗嬢の手…4woodsと一緒だ!」

目新しい感動が無かった。「人と手をつなぎたい」といった感覚をラブドールの4woodsで満たせてしまっていた。「人と手をつなぎたい」といった欲求を4woodsで満たせたと感じていたのは妄想ではなかった。実際に性の悩みから卒業できたことを確認するためにも、風俗で人と手をつないだ時に新鮮味を感じなかった。予想をしていただけに感動は大きかった。

「ラブドールすごい…人間にすごく近い…」

その4woodsの手がいかに他のラブドールに比べて洗練されているかを改めて思い知らされた。ラブドールの凄さは虚栄ではない。実体験からして人間にとてつもなく近かった。そして手袋でさらに人間に近くなっていった。

胸肉

「人と手つなぎたいなぁ…」そう感じたときは4woodsを選ぶと失敗しないぜ。

そして「さらに深く満たしたい…」そう感じたときは「手袋」を!

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP