カテゴリー: ラブドール

「オリエント工業のラブドールで注意することは?」→乳首箇所の塗装剥げ

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

舐めていないのに剥げる

オリエント工業のラブドールの乳首箇所の塗装が剥げてしまった劣化様子(理由:乳首舐めではなく衣服との擦れ)

気づいたら剥げてしまっていた。しばらく舐めていない。前回舐めた後も「やはりオリエントドールの乳首は硬くて最高に不味い。もう二度と舐めない。」と悟りながら剥げていないことを確認していた。

しかしよく見たらガッツリと剥げてしまっていた。理由は「衣服の擦れ」であった。

衣服の擦れで剥げる

シリコーン素材のリアルドール『オリエント工業』の乳首箇所の塗装は衣服の着脱で剥げてしまう。

舐めた後の期間でオリエントドールに対して「それまでにしたこと」を思い出した。

それは「衣服を頻繁に着せたこと」である。これが理由だった。頻繁に着せるにあたって乳首箇所が衣服に擦れてしまっていた。

レディース系は基本的にタイトな衣服になってしまう。そのため、必然的にオリエントドールのその勃起した乳首箇所と衣服箇所に強い摩擦が生じてしまう。

両性用であってもやはり巨乳なのでどうしても摩擦が強くなってしまう。

剥げるだろうと意識しながら乳首箇所を浮かせながら着せたりはしていたものの、それでもダメであった。剥げてしまった。

4woodsドールではこれが起きなかった。4woodsは強く舐めても吸っても塗装が剥げなかった。衣服を強引に着せても剥げなかった(ニップルピアスを装着させたときに初めて剥げてしまった。)

しかし、オリエント工業のラブドールはその4woodsのような塗装の耐久性は無かった。

衣服擦れしないようにすると防げる

ラップを巻くと色移りも塗装剥げも防げる|オリエントドールにラップを巻いている様子

乳首箇所に人間の乳首用のシールを貼ったり、とにかく「摩擦自体」を防ぐ必要があった。ラップを巻いたりする事で防ぐこともできた。

オリエントドールにおいて、とにかく見落としがちで注意すべきな箇所は「乳首箇所」であった。

オリエントドールは飾って眺めることが醍醐味、乳首箇所の塗装が剥がれるとその醍醐味が減少してしまう。

遠くから眺めているときはわからない。しかし、間近で見るとやはりその剥げ箇所は気になってしまう。

「あのとき剥げないように徹底的に衣服との摩擦対策を行なっていたら…」と後悔感が生じてしまう。

「オリエントドールで注意すべきときは?」
衣服を着せるとき!
“乳首の擦れ”に注意が必要である!

→関連ページ:「オリエントドールに安物アクセサリー付けっぱはアリ?」→無し。サビがボディに付く

表面の耐久性が高いオリエントドールであっても安価系アクセサリーのくすみが転写されてしまった。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP