カテゴリー: ラブドール

【6YEdoll※代表例】ラブドールはアナル箇所にシワとすぼみがあると飽きない

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

シワとすぼみ造形があるラブドールを選ぶ

アナル箇所がすぼんでいてシワも造形されている。|『6YEdoll ※TPE素材のリアルドール』のアナル箇所の造形様子

「何体も買うことなく、より飽きないラブドールだけを買いたい!」と言った場合は「アナル箇所」をチェックして「シワ造形とすぼみ造形があるかどうか」を見るて「シワとすぼみ造形があるほう」を選ぶとより飽きないラブドールを買える。その代表例の1つは『6YEdoll』となる。

アナルがポカンと空いただけだと飽きが早い

挿れるまでがそそられない

ラブドール兼大型オナホ『ぷにあなミラクルDX』のアナル造形の様子|穴空けパンチで空けたようなアナル挿入口になっている。

アナル箇所がポカンと空いただけのラブドールは飽きが早かった。例えば、ぷにあなミラクルDXのアナル箇所は挿れると異次元レベルに気持ち良いものの、挿れるまでがあまりそそられなかった。

挿れたら気持ち良いと分かっていてもそそられない

ぷにあなミラクルDXにアナル挿入している様子。

挿れるまでがどうも「人工物に挿れる」といった感覚になってしまって勃起しない。挿れると気持ち良いのは分かっていても挿れる前に手コキして勃起させてから挿入するというのが億劫だった。

結果的に飽きが早めに来てしまう

アナル穴の造形がシンプル過ぎると挿入前にそそられない欠点がある。

そうしてそのアナル箇所が非常に気持ち良いと分かっていてもなかなか挿れないといった事態が起きるようになってしまった。飽きが早めに起こってしまった。

アナルにシワがあるだけでも飽きにくい

ガールフレンド(初代・第1章)にはアナル箇所に少しシワがあった。しかし、ガールフレンド第2章が届いたときに、やはり萎えてしまった。アナル箇所が穴開けパンチで開けたような簡素で人工的なシンプルな穴になってしまっていたのだ。

シワ有りからシワ無しを経験するとより分かる

等身大ラブドール『ガールフレンド第2章』のアナル箇所様子

ガールフレンド初代のアナル穴は何回も挿入して楽しんでいたのに対し、ガールフレンド第2章ではアナルは挿入したい感覚があまり生じなかった。挿入前にそそられなかった。

せめてシワ造形だけは欲しいと感じる

「少なくともアナル穴にシワの造形があるだけでも大きく違う」ということを痛感してしまった。それからアナル箇所には少なくともシワ造形だけは必須に感じるうようになった。シワ造形さえあれば無いタイプよりも飽きない。

6yedollはアナルにシワもすぼみもあってなかなか飽きない

アナル箇所にシワ造形だけでなく、すぼんだ造形にもなってなっている6YEdollは他のラブドールに比べて飽きがなかなか来なかった。

眺めて亀頭をあてがっているだけで勃起する

挿れる前に眺めているだけで勃起しかけて、そのシワだらけですぼんだアナルに亀頭をあてがっているだけで自然に勃起する。

なお、アナル穴にシワさえないぷにあなミラクルDXは「お尻の割れ目」に肉棒を擦っていると勃起させることができた。

シワもすぼみも割れ目もガッツリとある6YEdollはその挿入前勃起の性能をギンギンに満たしている。

「新しいドールで補おう」感が出ないので節約できる

そして「こんなに生々しいドールが部屋に存在する」といった感覚があり、これにより「新しいドールで補おう」といった感覚にさいなまれない。そのため、節約もできる。

挿れたらシワすぼみ無しのアナルと同じ見た目だが。

挿れたときはそれらのシワやすぼみは肉棒によって拡がって伸びてしまって結局「シワもすぼみもないアナル箇所のラブドールに挿れている最中の見た目と同じ」になる。しかし、やはり、挿れる前に目にするそのシワとすぼみがあると快感レベルが違う。挿れる前に妄想や想像でシワとすぼみがあるかのように補うといった手間もない。

挿入前の視覚快感こそが飽きさせない重要要素だった。

自然に勃起し、自然に挿入できる。出し入れしている最中はシワすぼみ無しドールと同じであっても、やはりその最初の挿入段階で違いが大きく見受けられた。

それに起因してやはり、シワとすぼみにある生々しい造形のアナル箇所になっているラブドールがより飽きない感覚になれる。

「次々ドールを買いそうで不安…」
“アナルにシワとすぼみがあること”
これが飽きない要素である!

▼関連ページ:ラブドールは「首筋造形と鎖骨造形が生々しいほう」を選ぶと節約できる

【例:6Yedollの首筋造形の様子】首筋造形が生々しいと飽きにくい。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP