“トルソーとリアルで迷う!”狭い場所でする場合はトルソーラブドール

   

①イスの上でサクッとセックスできない

「空いてる場所はイスのみ。そこでセックスしたい。手コキで済ますようにそのイスでセックスしたい。さらに賢者タイムにサクッと後始末を終わらせたい。」そう思いながらリアルドールでイスセックスを開始することを思いつくも実際はことごとくうまくいかなかった。時々うまい具合にセックスできる時もあったものの安定はしなかった。実用的ではなかった。適していなかった。

4畳半AVのように…

イス騎乗位セックスはもちろんイス正常位でも場所を確保する必要があった。「たとえ万が一汚部屋だとしてもまるで4畳半アパートのAVのように狭い狭い場所でも快適にセックスできること」を理想に描くもその通りになることはなかった。

イス騎乗位のポージングで手こずる

ポージングが不安定で挿入に手こずったり、ポージングを変えるために足を片手で重量挙げするように持ち上げるも全然曲がってくれずあくせくし、そうしているうちに肉棒があっという間にしぼんでいって再勃起の手間が必要になるといった流れが何回も起こった。毎回起こった。

イス騎乗位でイスが壊れる

激しいイスセックス後、イスがギィギィ鳴るようになってしまった。一発で劣化しまった。潤滑油を注入してもギィギィ鳴り、ボルトを締めてもギィギィ鳴り、座ってちょっとカラダを動かすたびにギィギィ鳴り、集中できない椅子となった。そうしてその椅子は処分行きとなった。長く使えるようにと丈夫なミドルグレード以上の椅子だったものの、騎乗位一回で一発で大きく劣化してしまった。原因はリアルドールと椅子セックスしたからであった。

イス正常位で周りの物が壊れる

リアルドールをイスに乗せて正常位の体勢でイスセックスに夢中になっているときに、イスから伸びたレッグ箇所が周囲の物に当たってガコガコ倒れそうになったり、ハンガーに引っ掛かってハンガーごと倒壊したり(セックス中に)、特に汚部屋だった環境においても脚がいろんなものに掛かって集中することができなかった。

イス騎乗位でヒ○箇所が裂ける

騎乗位中にリアルドールのレッグ箇所の○ザ箇所がちょうどイスの縁に当たってしまう。騎乗位で動かすたびにこすれる。結果、セックス後にレッグ箇所の接触箇所が裂けていて修理する事態となった。

後始末で萎える

さらに椅子セックスでイッた後に訪れる賢者タイムで、重くのしかかったそのリアルドールをそのまま担いで風呂場に持っていくのもベッドにいったん置くのも気合が要ってよく萎えてしまった。「あぁ..手コキでサクッと抜けばよかった…」と後悔することがそのたびに生じた。

②場所を確保しないとセックスできない

セックス前の手間に萎える

「セックスしたい」と思ったときにリアルドールでは「部屋が片付いてないのでセックスする場所をまず確保しないといけない」といった準備そして無理やり行っても上記に悩まされた。

部屋が物だらけでも快適にSEXできたら…

部屋を常に綺麗にすればいい事だと分かっていても「部屋が万が一物だらけでもセックスできる」といったさらなる可能性をラブドールに追い求めてしまっていた。その理想を期待するも毎回期待通りになることはなかった。理想はことごとく砕けていった。

手コキで妥協するもやはりSEXしたくなる

結局しぶしぶ手コキで済ますことが多々あった。そしてやはりAVを見ているときに「セックスしたい」と未練が生じた日々となった。しかし、リアルドールは場所の確保が必須であった。「セックスしたくても場所が無い」そのジレンマに苛まれた。

リアルドールでセックスしたら賢者タイムに「サクッと手コキで済ませば良かった」と萎え、手コキでサクッとオナニーしたら「やはりセックスしたい」と萎え、リアルドールでも手コキオナニーでも満たせなかった領域だった。

③トルソー型のラブドールの出番

漫画喫茶のような狭さでもSEXできる

リアルドールでは適さない切羽詰まった状態の中、トルソー型のラブドールは物だらけの倉庫みたいな「座って少し横になる程度の狭い狭い場所」でも(オナニーではなく)セックス欲を満たすことができてしまった。漫画喫茶のような狭い場所でも快適にセックスすることができてしまった。

リアルドールでも手コキでもできないことができる

リアルドールとのセックス後に感じる「手コキでサクッと済ませたい」といった不満を解決でき、なおかつ手コキ中や後に感じる「やっぱりセックスしたい」といった不満を解決できた。トルソーはこの領域をダイレクトに満たしてくれた。

トルソーはリアルにはできないことができる

片付けて場所を作らないといけない、座っているイスの上でサクッとセックスしたい、なおかつ手コキオナニーのようにサクッと後始末を終わらせたい、そんなときにピンポイントに満たしてくれたのがトルソー型のラブドールであった。これはリアルドールにはできなかった役割箇所であった。(時々できることはあっても毎回確実にできることはなかった。一方、トルソーは違った。)

トルソー型は上記の狭い場所でのリアルドールの不便さを解決してくれた。そしてうまくいったりいかなかったりといった不安定になることなく安定して毎回快適にセックスできてしまった。狭い場所でセックスする場合はトルソー型のラブドールが適している。

※トルソー型:アーム箇所とレッグ箇所のないタイプ
※リアルドール:アーム箇所とレッグ箇所とヘッド箇所があるタイプ

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP