カテゴリー: ラブドール総合

ラブドール買ったら取り返しのつかないことになりそう?大丈夫、合わなかったらソファーになるから。

   

「買ったら取り返しのつかないことになりそう」

「ラブドール買ったら取り返しの付かないことになりそう…」


「買ったら取り返しの付かないことになりそう」最初はそう思っていた。案の定、取り返しの付かないことになった。

ラックにはもう触らなくなったラブドール達。これまで最高のラブドールに出会うために人柱となったドール達。「すべて1年以内に飽きてしまった。」

中には開封直後に飽きたドールも存在する。

そしてラックに詰まれていった。

ラックに詰まれていったラブドール達

そしていざ“処分”するときにとても困った。

まず売却にあたって再び洗浄するのが大変。

そして非常に重たいラブドールの梱包箱を組み立てるのが非常に大変。

そして緩衝材を引っ張り出してくるのが大変。

そしてラブドールの買取業者に依頼するために現状写真を撮るのが大変。

そして配達業者の人に集荷依頼するのが大変。

そして発送伝票に書くその発送先や品名や段ボールの形からおそらくラブドールだとわかってしまうのが億劫….

そのとき感じた。

「“鍵付きソファー付きで”買っていたらこんなに大変で億劫なことにならなかった」

と。

「鍵付きソファー付きを買えばソファーに生まれ変わる」

最近は購入者側の選択肢なく「鍵付きソファー」が付いてくる。例えば、『カレン』は鍵付きソファーが付属する。今まで付かないことが多く、付けるか付けないかは要望次第だった。ドールを取り扱う側も薄々気が付き始めたようだ。

もしソファーで買っていたらラックなど買っていない。

部屋の各隅にソファーを設置してとてもオシャレな部屋になっている。

しかし、今は違う。

「ヒューマノイドの工場」と言わんばかりの情景…。

しかし「後から鍵付きソファーを買う気に一切なれない」という問題…。

「ヒューマノイド工場のような情景は参考にすべき部屋ではない。

「買って失敗だった」

「飽きてしまった」

そうなれば鍵付きソファーさえあればその後はシンプル。

「ソファーの中で深い眠りについてもらう」

「そしてインテリアに生まれ変わってもらう」

これ一択だ。

「ベンチとして売却できる」

「およそ5年後、お別れするときに長いそのソファーがベンチとして役立ってくれる」


ソファーならば長い間眠っていた間もラックと違って「ホコリが被らないので」再び洗浄することなくそのまま売却できる。

ソファーならば「ベンチ」で売却できる。正直、見た目はソファーというより「ベンチ」だ。よって、ベンチとして売却できる。

ソファーならば箱型なので「直接発送伝票を貼って」発送できる。そのベンチ全体を少し包む程度でもサクッと発送できる。

ソファーならば40kg以上でしかも170センチ越えなので「配達員2人」が来る。

ソファーならば配達員2人がかりでお互いに気持ち良く発送できる。

「段ボールで170cm越えで30kg程度」だと「配達員1人」になってしまい、配達員1人だと「非常に面倒くさそうに」持っていかれる。

しかし配達員2人だと「かなり楽そうに」持っていかれる。それをラブドールを何回も迎え入れて経験した。

もし「段ボールで170cm越えで40kg越え」になり、配達員2人がかりになっても持ち上げたときに中身のドールが重過ぎて段ボール負けして底部がボコッと盛り下がって「あれ?人が入ってる?もしかしてラブドール?」というのがバレてしまう。しかし、そんなことにならない、ソファーならば。

「鍵付き収納ソファーだったらお別れがもっと気持ち良いのに…」

これらの面倒なことが鍵付きソファーさえあれば全て解決できるのだ。

もう取り返しの付かないことは起きない。

「ラブドールを買ったら取り返しの付かないことになる」それらは鍵付きソファー付きで買ったことのない場合の意見だ。

鍵付きソファーが付いているラブドールを買いさえすれば全てうまくいく。

もう大丈夫。

さぁ、手を差し伸べて。

»『鍵付き収納ソファーが付いているドールを買えばお別れの時もお互いに気持ち良くお別れできる

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP