継ぎ目が薄いラブドールを選ぶと生物が届く

継ぎ目が薄いラブドールが届いたときに驚いたことがある。まず「開封したときに生き物が届いた、生き物を買った」と錯覚してしまったこと、そして見た目だけでなく「プレイ中も生き物感がずっと従来よりも増していたこと」だった。リアルドールだけでなくトルソードールでも同じことが起こった。

継ぎ目がプレイ中に目に入って萎える

プレイ中に盛り上がっている際に決まって萎えた瞬間、それが「継ぎ目箇所」が目に入ったときである。プレイを楽しんでいるとだんだん「人間とセックスしている感覚」になる。少なくとも「人間に似た生き物とセックスしている感覚」に近づいていく。盛り上がるに連れて近づいていく。しかし、その盛り上がっている際にふとボディ側面にある継ぎ目が目に入って一気に萎えてしまう。「生き物から人工物」に戻される。それに毎回萎えてしまった。

正常位セックス時に快感を削ぐ

腕を持ったときに継ぎ目が視界に入って萎えてしまった。正常位で腕をV字にしたときにふと腕の継ぎ目が目に入ることがあり、そのときに萎え感が生じた。さらに、もう少しレッグ箇所を開こうと開いている際にその継ぎ目が目に入って萎えが生じた。

後背位セックス時に快感を削ぐ

後背位の際にふと斜めから見たときにそのL字に置いた腕の側面の継ぎ目が視界に入って萎え感が生じた。さらに太ももの側面の継ぎ目も目に入ってさらに萎え感がプラスされていった。

側位セックス時に快感を削ぐ

側位で突いている際にも常に継ぎ目が目に入って萎え感がどんどんプラスされていった。

体位変更の際に快感を削ぐ

正常位から側位に体位変更の際に萎える。正常位からカラダをひねらせて側位に体位変更する際に、そのボディ側面の継ぎ目が目に入った瞬間に萎え感が生じた。

添い寝でも観賞でも快感を削ぐ

セックス時だけでなく添い寝だったり、鑑賞中だったり、抱き締めているときだったり、プレイ全般でその継ぎ目が常にネックであった。目に入るたびに萎える。「継ぎ目がなければいいのに」そう何度も思ってしまった。「継ぎ目さえなければもっと没頭できるのに」そう何度も願望を抱いてしまった。

継目はラブドールのスペックを下げる

人工物だとわかっている。わかってる。その上で、だんだん人情的に人間だと感じ始めて、生き物だと感じ始めてプレイを楽しめる。それなのに、継ぎ目はそれを壊そうとしてくる。盛り上がっているときに「“それ”は人工物」だとあえて言ってくる。そうして楽しみを、没頭を奪っていった。それが継ぎ目だった。「結局人間が一番」といった価値観に継いでくる。「ラブドールはそのつなぎでしかない」そういった感覚にさせられる。「もっと生々しいのが味わいたかったら風俗に行って。」と冷たく言ってくるような存在が継ぎ目だった。継ぎ目は盛り上がる楽しみを阻害する。

そしてまさに継ぎ目はラブドールの重要なスペックに位置していた。継ぎ目がなければないほど「人間を含む生き物」に近づいていった。「継ぎ目が無いこと」は「高スペック」に値した。継ぎ目はラブドールのスペックを下げる要素であった。

継ぎ目がラブドールの魅力を下げる

「ラブドールの魅力」を追求したい。人間のつなぎではなく、人間は人間、ラブドールはラブドール、それぞれにしかない魅力を追求したい。楽しみたい。「ラブドールは人間に劣る」だったり「人間はラブドールに劣る」だったりのピラミッド上下関係では楽しめなかった。「人間と違って不平不満を言わない」といった価値観ではなく「人間とラブドールを両者共に尊重してどちらもテッペンの存在」として楽しみたい。それなのに、上下関係をわざわざ作ってきたのが継ぎ目だった。最大限に楽しめない。「余計に人間に触れたくなる」「余計に風俗に行きたくなる」そうさせてきたのが継ぎ目だった。「継ぎ目は人間につなぐ魂胆があるから継ぎ目という名称がある」と言ってもいいほどであった。

継ぎ目が生き物感を下げる

継ぎ目が薄くて見えないドールに触れた時、人工物ではなく「生き物を買った」といった感覚になった。それほどの感動があった。継ぎ目が薄ければ薄いほどその感覚が増していった。技術的になかなか難しいようではあるものの、やはり継ぎ目が薄いこと、ほぼ継ぎ目が無いのは生物なラブドールであった。高スペックなラブドールであった。

妄想で補助する疲労感が増える

「継ぎ目はもう仕方がない、技術的にも難しいのだろう…」そうあきらめて継ぎ目箇所を妄想で「あたかも継ぎ目が無いように幻想で覆い隠して」妥協してきた。ずっとそれで妥協してきた。しかし、やはり疲れる。メッキが剥がれる。そしてその妄想をメッキを破壊してくるのが継ぎ目だった。剥がれては再び妄想で塗り直してまた剥がされてその繰り返しだった。

そしていざ継ぎ目の薄いラブドールを目の前にしたとき、その妄想で継ぎ目を覆い隠す行為が無くなった。シラフでスッと入り込むように生き物を目にしている感覚に変わった。それに驚いた。複数のラブドールで同じ感覚が起こった。やはり継ぎ目が決め手であった。継ぎ目が目立てば目立つほど妄想で脳内補正する疲労感が増えていく。「スペック不足を幻想で補助する」度合いが増えていく。そしてその増えていく疲労感がまさに快感を阻害した原因の1つであった。

継ぎ目を見て選ぶと画像だけで決まる

継ぎ目で萎えを何度も感じ、次回からは「商品画像で継ぎ目箇所を見て選ぶ」そう何度も行き着いた。見る場所はエロさではなかった。見るべき箇所の1つは「いかに継ぎ目が薄いか」であった。商品画像で継ぎ目箇所を見るとより生物に近いラブドールを手にできる。複数のラブドールで迷った場合は「継ぎ目が薄いほうを選ぶ」とサクッと決まる。より「(人間を含む)生き物」に近いドールがサクッと決まる。人柱や賭けにならずに済む。届いたときに「あぁ…あっちにすれば良かった…」にならない買い物にできる。

継ぎ目が薄いとセックス感も高い

継ぎ目が薄いのを選ぶと同時にセックス感にも優れたドールを実は選択していることになる。「継ぎ目を無くすことにも注力しているメーカーのドールはセックス感も高スペック」であった。そのメーカーがいかに継ぎ目がセックス時の気持ち良さを阻害するかを知っているからかもしれない。そのため、継ぎ目が無いことで同時に「セックス感が少なくとも標準より少し上」であることが保証されたラブドールを手にすることになる。

※商品説明欄等のメーカーコメントで「継ぎ目を無くしたことにこだわった。」といった趣旨の記載があればそのドールは買いである。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ