「想像補いではなくリアルにシラフで性処理したい」場合は性家電がおすすめ

■【シラフでAV無しで3分で射精した。】

「いったいどれほどの射精能力があるのだろうか」そう思い、未ボッキ状態のまま挿入口にあてがった。するとニュルッと入っていった。挿入口が大きくそして柔らかいのですぐに入っていく。おまけにローション漏れが起こらない。

そして動作を開始した。その時点で驚く。勝手にボッキしていくことに驚く。どんどんボッキしていく。シラフなのに、何も考えていないのに、何も妄想していないのに、何も想像していないのに、無なのに、どちらかというと、心情的に沈んだ状態で開始したのに、あっという間にガッチガチに勃起してしまった。

そしてそのまま「物理的に舐め回されている」その感触に身を任せてボーッとしていた。しかし、そのボーッとした行為があっという間に終わってしまった。なんと「ものの3分後に」射精に至ってしまったのだ。

その「人間の性を知り尽くしています!」といったような感じ、「科学根拠に基づいて確実に射精に導きます!」な感じで「どんな心情状態であろうとも」どんな心情状態に関係なく確実に射精に至らせる、その異質な射精能力に驚いてしまった。

むしろ「“絶対に射精しないぞ!”といった逆な想像で補って」やっと射精までの間隔を伸ばせるといったほどの異次元の射精能力。そしてなによりも「科学根拠的に確実に抜かされる感」でありながらなんと「風俗嬢の方にレロレロフェラされている」人間の感覚がほとんどを占める。そのフル人間感に感動する。

■【“想像で補わないと始まらないオナニー”の次元に性家電は存在しない。】

手コキオナニーでも妄想やAVがなければいくらしごいてもシラフ状態ではボッキしなかった。無心状態で何の想像補いも何のオカズも無くただ指で手コキをしても延々にボッキしなかった。手コキもオナホールも一般的に「想像で補ってやっと始まる」といった次元にあった。

しかし、性家電は違った。性家電は無心状態でもフニャチンをただ挿れてボタンを押すだけで3分間のうちに勝手にフルボッキしていって勝手に射精に至ってしまう。おそろしい次元であった。

■【“無”な心情状態で勝手に勃起し勝手に射精してしまう次元に存在する。】

そしてなによりも性家電で舐め舐めレロレロフェラされている際、じゅぽじゅぽ激しくフェラされている際に「あえて無心状態で何も脳内に投影しない状態であっても」勝手に射精に「毎回」至ってしまったのが驚きであった。

挿入口が広いので未勃起状態でも入ってしまう。無心で入っていく。そして無心でボタンを押して無心で3分待ち。テーブルに立て掛けられるのでほぼ手放しで待機。しばらくしてみるみるうちに頂上に登っていく感覚に射精感が走っていく。

そして2分30秒あたりからもう頂上で今にも射精しそうな感覚に至る。そしてあっという間にせせらぎに流されるように勝手に射精に至ってしまう。無心で開始でき、無心で待機でき、無心で射精に至る。

「オナニーでAVやオカズが無いならば妄想を補助にする必要がある」といった昔からお決まりだった常識が覆された瞬間であった。

「オナニーにオカズも妄想ももう要らない」その時代が性家電によって始まった、そう時代の変遷を痛感した。

性家電は「ヒトがフェラで抜いてくれている体験」であった。妄想が要らなくなってしまった。今までオカズ探しに費やしていた時間、妄想で脳内を浪費する感、それらから解放された瞬間であった。

性家電は「身を任せられる存在」そして「より自然でピュアな状態で射精に至らせてくれる存在」であった。そして家電という名前に似合わないほど「中に生き物が入っているのではないか」といった生物的な挿入感であった。生理的に人間を感じる。ロボではなく、人間を感じる。

目にはロボが映っている。しかし、ペニスで直接感じる動きや挿入感が「人間だ。」と認識してしまう。その目で見ているモノとペニスで感じるウゴキの不一致にパラレルワールド感さえある。

性家電は新しい時代の始まりである。


「想像補いではなく、リアルに、シラフで感じたい、射精したい、イキたい、性処理したい」といった場合は性家電がAV無しで3分射精できる。性家電は性処理にも最適でありおすすめとなる。クリスマスの「1年に1回だけの自分ご褒美!」と言わんばかりの気合の入れた自分ご褒美プレゼントにも重宝モノでおすすめとなる。

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。