「セックスが面倒。しかしセックスしたい!」のジレンマはガールフレンド(NLS製)でピンポイントに解消できる

性の悩みピンポイント破滅《SEX面倒⇒ガールフレンド》
「人間みたいだ…これだ..これだ..この感覚..これをずっと求めていたのだ!」HUMAN.
掲載:COMPANY|“性の悩みを自力で破壊的に満たす方法” HUMAN.
著:胸肉活動員第201803310714号(配属部門|HUMAN.)
ART.HUMAN.ELEGANCE.MUSEUM.MUNENIKU.COM
(WWW.MUNENIKU.COM/HUMAN/)

「セックスが面倒くさい。しかしセックスしたい。肉体的なセックスがしたい」のジレンマを解消してくれたのがNLS製のガールフレンドであった。挿入開始までの時間や準備が原因で「セックスが面倒。しかしセックスしたい」なおかつ「疲れず15分以内にサクッと終わらせたい」といった性の悩みをガールフレンドで解消できてしまった。ガールフレンドを初めとした「オナホール業界のラブドール」がその絶妙でピンポイントな性の悩みの役割を破壊的かつ効率的に担ってくれる。

《リアルドール vs ガールフレンド》

リアルドールは「セックスが面倒くさい。しかしセックスで満たしたい」の解消に向いていない

開始前準備と後始末と肉体接触感の硬さでだんだん萎えてしまう

リアルドールとのセックスは後始末と開始準備が大変でだんだん萎えてしまった。1年でこれが早くも生じてしまった。「大変なのは体力不足だからだ」と自己説得して運動を日常に取り入れるもやはり「サクッと済ませたい」そう感じるようになってしまった。最初の1年は平気だった。しかし1年後からやはりガールフレンドや大型オナホールと比べて明らかに硬いその肉体感に萎え出し、それも加わって日常的にはリアルドールとのセックスはどんどん頻度が減っていき「面倒」と感じるようになってしまった。とにかくセックスしたいと思った瞬間に脳裏に前準備や後始末のことが浮かんでしまう。

リアルドールとのセックスは夕方の17時まで過ごした感覚まで疲れる

運動しても眠くならないのに「リアルドールとのセックス=重量級の運動しながらのセックス」は果てた際に非常に眠くなるほど疲れてしまう。果てた後に洗浄や後始末をするとさらに寝落ちしてしまう段階・もしくはその後の残りの一日で出せるエネルギーが半分になってしまっている感覚まで疲れてしまう。「朝にランニングして一日を快速スタートにできる」といった感覚ではなく、朝にリアルドールでセックスしたら「もう夕方の17時ぐらいまで過ごしたような疲れ感覚」になってしまったのであった。

重量級リアルドールで毎日セックスしても身体的に強靭&健康になることはない

リアルドールはセックスの準備から後始末それらがガールフレンドの後始末を10回したような労力と時間を要した。準備を開始そしてセックスして後始末が終わった頃には1時間か2時間経っていて、重量級のラブドールとのセックスとその後始末で疲れて仮眠を取ったらせっかくの休日がもう17時、そんなことが度々起こった。最初のほうは運動になると積極的に考えていた。しかし、リアルドールで毎日セックスしていた頃に普通に熱を出したり嘔吐したりする病気になったことがあった。

激重リアルドールで毎日セックスしても「身体的に健康にもなる」といった一石二鳥な理想は現実には起こらない

「毎日の36kgの重量級リアルドールでセックスすればきっと免疫が復活していて大抵の風邪にかかることはないだろう」と期待していた。しかし、そんな環境においてもいつもどおり風邪を引いた。医師の診断は「免疫が下がっている」だった。リアルドールで毎日セックスしても健康になることはない。毎日セックスすれば身体的に健康になれるといったのは間違いなく幻想である。科学的根拠があるのかどうかは知らない。しかし、リアルドールで毎日セックスしていた日常の真っ只中に熱嘔吐下○の2週間寝込む激しい風邪にかかったのであった。

「品名:健康器具」=精神面においての健康器具(※身体的健康等の一石二鳥無し)

リアルドールにお決まりの「品名:健康器具」は完全に「品名:(身体的に疲れるが精神面においての)健康器具」であった。そして精神的に健康になる割には身体的に疲労が激しかった。健康器具と言われると「きっと身体的に健康をもたらしてくれる」と淡い期待を抱いていた。しかし、実際は違った。身体的な疲労が増し、蓄積され、精神的な健康がもたらされただけであった。身体的に健康になるにはやはり走ったりガッツリと運動をする必要があった(そしてシンプルに「いろいろな食材を食すこと」と医師から告げられた。ラジオでも「健康の秘訣は何ですか?」とゲスト出演していた医師にそう質問されていたとき医師はこう答えた「いろいろな食品を食べること。そして運動すること」)

オナホール業界の産物は性の悩みを疲れることなくサクッと解消させてくれる洗練された存在

リアルドールは運動にもなるだろうといった思い込みのメッキもすぐに剥がれ、さらには「体を鍛えれば良い」と自己弁護するも、やはり「1日ドッと疲れた後」でも「息をするように開始」できて「サクッと終わらせ」られてなおかつ「疲れない」割には「深く性欲を満たせてしまう」そんな存在であるガールフレンドや大型オナホールやハンドオナホールに結局戻ってしまった。

「肉体的にサクッと済ませたい」⇒ ガールフレンドや大型オナホールが最高の役割を担う

ガールフレンドは風呂場に置いておくことで、例えば、お湯をいれてカップラーメンができるその3分間ですぐに風呂場に入ってセックス開始そして射精まで至ることができる。破壊的な手軽さがある。それでいて、ガールフレンドはリアルドール業界には欠損していた生物的な肉体接触感を深く味わえてしまう。深い性欲満たしができてしまう。

「サクッとは済ませたいが、肉体的にも深く、そしてセックスで性欲を解消したい」といった感覚はガールフレンドや大型オナホールが向いていた。その性欲を満たすのにリアルドールが毎回だと1日が潰れてしまった。リアルドールは毎日コーヒーを飲むといった日常的感覚では疲労に感じてしまってパフォーマンスが悪くて萎える。そのジレンマの中、肉体的にサクッとさらに日常的に済ませてくれた存在が【ガールフレンドを含む大型オナホール】であった。

「手コキでサクッと済ませたい」⇒ ハンドオナホールが最高の役割を担う

「手コキで済ませたいが手淫では物足りない。おまけに手淫ではペニスに負担が掛かるのを想像してしまって心理的に快感に集中できない」そんなときにハンドオナホールが最高の役割を担ってくれた。

「ガールフレンドかリアルドールで迷う」

「オナホール業界のラブドールとリアルドール業界のラブドールで迷う」といった場合は「開始も後もサクッとセックス目的」ならばオナホール業界のラブドールそして大型オナホールである。そしてスリーサイズも人間と同じサイズであるからこそ、肉欲を可能な限り満たせるガールフレンドである。

「人間みたいだ…これだ..これだ..この感覚..これをずっと求めていたのだ!」HUMAN.
掲載:COMPANY|研究結果 “性の悩みを自力で破壊的に満たせる存在 1. ガールフレンド、…” HUMAN.著:胸肉活動員第201803310714号(配属部門|HUMAN.)
ART.HUMAN.ELEGANCE.MUSEUM.MUNENIKU.COM
(WWW.MUNENIKU.COM/HUMAN/)

SEX面倒⇒ガールフレンド

1.【即開始⇒即終了】 15分間で「サクッと開始」&「サクッと後始末」を完結できる
2. 【疲れない】セックス腰振り行為なのに前準備と後始末が即刻終わるので疲れない
3.【生物と肉肉セックス】リアルドールの硬さや弾力感は無く、ブヨブヨ生物的なので肉欲も生物的に深く満たせる。
★【風呂場放置で3分セックス】風呂場放置&毎日入浴ついでにセックス。しかもカップそばが完成する3分までに即性欲解消できる

実際の耐久性

《ボロボロ注意》

※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM