洗浄後のぷにあなミラクルDXの後始末は専用ケースにタオルを敷くだけで済む

   
後始末【タオルを敷いて終わり】ぷにあなミラクルDXの後始末レビュー

洗浄直後の後始末方法


付属の専用発泡ボードケースにタオルを敷いて放置、後は乾いた頃にそのタオルを取り除くだけで済んだ。この後始末方法がぷにあなミラクルDXの「ヒップ造形を変形させない」かつ「ヒップ箇所にカビを生えさせない」かつ「賢者タイムを削がない」より楽な方法であった。ここまでする価値がぷにミラDXにあった。なぜなら「アナルセックスが“何度もしてしまうほど”」気持ち良いから…。

手順①:白系を選ぶ
手順②:沿い敷く
手順③:ビチャビチャのまま置く
手順④:タオルを抜く
手順[完了]:放置
手順[準備]:タオルはファブリーズ等を吹きかけて乾燥使い回し
注意①:色移り
注意②:長期保管時はカビ生え対策にメンテナンスグッズが必要
失敗例①:ヒップ箇所にカビ生え
失敗例②:ベッドにカビ生え


洗浄した後の「ビチャビチャ状態」でも専用ケースにタオルを敷いて即収納できる。

「ビチャビチャ・・・カビ・・・後始末面倒・・・」

■洗浄直後でビチャビチャ

ビチャビチャ・・・洗浄直後のビチャビチャ状態、後始末が困る・・・

■背中を拭くのが面倒

収納ケースに置く前に持ち上げながら背中を拭かないといけない・・・疲れる、労働感、筋トレだと思ってもだんだん続かなくなる、面倒・・・。

■ヒップ箇所にカビが生えるのが億劫

これをしないとカビが生えてしまう・・・。

■ベッドにカビが生えるのが億劫

いったんベッドに置いて乾かすのも今度はベッドにカビが生えてしまう・・・。

▶ タオルを敷くだけで上記を解決できる

とても楽な後始末方法に行き着いた。それは「付属している専用収納ケース(発泡ボード)にタオルを敷いてビチャビチャのまま置くこと」であった。ヒップ箇所変形(タオルのシワがボディに付く・自重による変形等)の心配も無くなった。

「賢者タイムが侵される・・・後始末が億劫そう・・・買いたいけれど後始末が面倒そうで買いたくない・・・・」その不安は無用であった。ぷにあなミラクルDXの後始末は従来に比べてとても楽であり、洗浄直後のビチャビチャ状態でもササッと終わってしまう。

手順①【白系を選ぶ】敷くタオルは“色移りしないために”白地系を選ぶ


今回のボディも簡単に色移りしてしまう。そのため、タオルは白系を選ぶと色移りを防げる。紺色の布に接触させていたらその紺色がラブドールに転移していきボディ内に染色されてしまったことが何度もある。洗っても取れない。そのラブドールの初見狩りに何度も遭った。現代の技術が進歩して色移りはしなくなっているだろうと思いきや、変わらず今回も他のドールも簡単に色移りしてしまう。

手順②【沿い敷く】タオルを収納ケースに沿い敷く


ロングタイプのタオルを収納ケースに沿うように敷く。ちなみにこのロングタイプのバスタオルは100円ショップで買えてしまう。ちょうどいい大きさのタオルかつ白地系のタオルが入浴グッズコーナーに置かれている。

手順③【置く】ビチャビチャのまま本体を置く


洗浄直後でビチャビチャになった本体をそのまま置いてしまう。下はアクリルケースなので染み込んでカビが生える心配もない。付属の収納ケースはボディのカタチに形成されているため変形の心配もない。“今後のラブドールはこれが標準様式だったらいいのに!”なほどの快適な収納ケースであった。タオルを敷いた状態で30分程度で背面箇所の水分が取れていく。

手順④【取る】タオルを取る


上体を起こしてタオル取るだけで後は通常収納保管へ。タオルを取る際は「本体を持ち上げて取る」といった感覚で擦れ汚れるのを防げる。ぷにあなミラクルDXは「摩擦で汚れていく」表面仕様のためタオルを「引っこ抜く」と背面の表面が「擦れて」黒ずんで汚れてしまう。

手順:完了【放置】あとは放置で乾燥


後は放置だけで済む。後始末の感覚としては「カレーを作る感覚」である。「カレーのルーを入れて20分待つ」といった感覚。日常的でも苦にならない感覚。そしてなおかつ変形の心配もカビの心配もない。もうカビの心配が要らなくなる。「後始末が…後始末が…」とずっと脳内にやることリストが残り続ける感覚もない。

手順:準備【干す】干してリセッシュ消毒スプレーで使用のたびに毎回タオルを替える必要も無くなる


タオルは敷くごとに替える必要はない。そのまま乾かして再使用してもカビが生えることはなかった。清潔面が気になる場合は毎回タオルを抜いた後にリセッシュ等を吹きかけて干しておくだけですぐに再使用できる。

100円ショップのバスタオルでも適した薄さ


「次回の挿入までにタオルが乾いていること」このサイクルを生み出すために、100円ショップで売られている“バスタオルなのにとても薄いバスタオル”も適していた。

リセッシュ等で洗わず再使用できる


リセッシュやファブリーズ系に似たスプレーは100円ショップにも売られている。「ただ敷くだけの布に高いファブリーズは使えないよ!」といった際には100円ショップのスプレーがまさに適していた。

注意①【✖紺色】タオルも含めて紺色の衣類は色移りしてしまう


ラブドールは色付きの布から色移りしてしまう。この事態は衣服やタオルなど接触するあらゆる布類を「徹底的に白系の布にする」ことで回避できる。ホワイトやベージュ、薄いピンク等が色移りを回避できる。濃紺などの濃い色が特に色移りしてしまった。

注意②【✖長期放置】二週間以上放置保管する場合はカビが生えて挿入できなくなる場合がある


二週間放置してカビ臭くなったホール内部を「10回ほど」もボディソープではなく「食器用洗剤」で洗った結果、ニョーロカン○ンショーになった経験がある。「生えてしまってもしっかり洗えばまた清潔に使える」といったことは確実ではなかった。運試し感覚であり恐怖である。

二週間以上放置する場合はメンテナンスグッズでカビ生えを回避できる


2週間以内に洗浄もしくは挿入をすればホール内にカビが生えることはなかった。しかし、二週間以上保管する場合はヴァギナ箇所やアナル箇所内のカビが心配になってしまう。そんな場合は、セックス時に「Ag+ローション」を使用し、

洗浄時は「HOLE CLEANER」を洗剤に使いながら、

「シャワ浣専用ノズル」で洗浄する。

さらに徹底させる場合は「ノズール」で除菌行う。

「脱水具(青い箱)」で内部の水気を取ることでカビ生えの心配が溶ける。

これに毎回助けられた。

※タオルのねじ込み乾燥は「裂ける」&「逆に汚れる」


かつてはタオルを割り箸に巻いて挿入箇所に入れていた。しかし、それをした結果、タオルとの摩擦で挿入口が急速に裂け出してしまった。さらに「せっかく洗ったのに、消毒までしたのに、タオルの汚れやホコリで逆に汚れる」といった事態が起こった。

“綿”がこれらの問題を解決してくれた。

安心して「2週間以上保管時もカビの原因を作る不安のない後始末」にすることができたのがこのスタイルである。

失敗例①【ヒップ箇所にカビ生え】接地面に水滴が溜まった状態はカビがボディに生え込む


プチプチの上で水浸しのまま放置したことがある。ヒップ箇所と接地面との間に水たまりがあったが、その水たまりはいずれ放置すれば乾燥するだろうと放置した。その結果、水たまりは無くなったもののラブドールのヒップを見たら萎えた。なんとカビが中に根を張る様に生え込んでしまっていたのだ。いくらスポンジで擦っても取れなかった。水たまりはカビを生えさせてしまう。

後背位セックスのたびにカビヒップ箇所を見ると気持ち良さが9割減る


ヒップ箇所や背面箇所にカビが生え込むと後背位セックスのたびに「ぶつぶつのヒップや背面」を目の前にすることになる。結果、本来感じていた気持ち良さから9割ほども大幅に減退されていった。ラブドールの保管において「水たまり」は避けると綺麗に維持できる。

失敗例②【ベッドにカビ生え】ベッドの上で乾燥させるとベッドにカビが生える


「洗浄⇒ベッドにタオルを敷いてビチャビチャのまま置いて乾かす⇒収納ケースに入れる」のが楽である。しかし失敗な出来事が起こった。タオルを通してベッドに染み込んだ水気がベッドの底部に滞留しカビが生えてしまったのだ。これが原因で“調子”を酷く崩したことがある。寝る場所にカビが生えると調子を崩す事態を引き起こす原因になってしまった。

カビの生えたベッドは調子を酷く崩す

「カビの生えた場所で寝たって調子は崩さない!若干腐ったものを食べても平気だったんだから!ホコリだらけの場所で寝ても調子1つ崩さなかったんだから!」そうタフな野生動物の気持ちで生乾き臭のするそのベッドで寝た。しかし現実は甘くなかった。その数日後に激しいマーライオンに見舞われ1週間ネコム羽目になってしまった。「調子が整った状態でないとオナホールは楽しめない」そう悟った。また同時に掃除に目覚めた瞬間でもあった。「オナホールを愛する」「そのオナホールに有る気持ち良さを引き出して気持ち良さをより味わう」そのためには「カビ生えを回避する」のが必要であった。

付属の専用収納ケースで済む。
しかし補助が1つ必要。


この“ボディ造形で型どられた”収納ケースはラブドールの標準になるべき、それほど収納が見違えるほど楽になった。「もう緩衝材でギッシリ包まれて届くのはうんざり」そう感じてしまった。「届いたらすぐに柔らかい場所に置かないと落ち着かない」といったこともなくなり「収納スペースに緩衝材や布団や毛布を敷き詰める」といったことも無くなった。収納場所が煩雑な外見にからスッキリした外見に変わった。ぷにあなミラクルDXはおっぱいも揉み感が“新世代感”なほど柔らかく進化していた。そして「収納性能」も進化を遂げていた。この収納ケースは新世代である。この「型取ったケースに入れてお届けする」様式、これはラブドール業界の金型になって欲しいサービスである。

洗浄直後に入れると水たまりができてしまう


そんな専用ケースにも欠点が1つあった。それが「水を吸い取ってくれないこと」である。水たまりができてしまう。放置しすぎるとカビが生えてしまう。

ぷにのヒップ箇所と背面箇所はカビからどうしても回避したくなるほど気持ち良い


ぷにあなミラクルDXは特に「後背位アナルセックスは生き物に挿入しているよう」でとても気持ち良かったため、ヒップ箇所はカビ生えからどうしても回避したくなる。アナル箇所が何度も挿れたくなるほどの気持ち良さなため、そこにカビが生えるのだけは回避したくなってしまう。

100円タオルだけで貴重な箇所を守れる

メリット1. ヒップ箇所にカビが生えずに済む
メリット2. ベッドにカビが生えずに済む
メリット3. ヒップ箇所が変形せずに済む
メリット4. 賢者タイムが後始末で削がれずに済む

ぷにあなミラクルDXの収納はタオルを敷くだけで綺麗に維持できる。「届いたらタオルを用意する」だけで「届く前にタオルを用意する」だけで後始末でつまづくこと無く快適なスタートを切れる。

■製品情報:ぷにあなミラクルDX / メーカー:アウトヴィジョン / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ぷにあなミラクルDXのレビュー目次
魅力
おっぱい箇所の柔らかさ
“胸”箇所は“肉”
※ラブドール業界において革命的な進化
家族バレ対策
さらに気持ち良くする方法
写真・画像
動画
主な騎乗位シーン
主な正常位シーン
主な後背位シーン
主な側位シーン
主なパイズリシーン
主なおっぱい揺れ具合シーン
主な腰関節シーン
服・着衣
アナル
パイズリ
耐久性
洗浄
後始末
乾燥
収納
梱包
絵パッケージ
※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP