風俗嬢の方のプロのオーラルセックスは“性家電”電動オナホールで体験できる

風俗嬢の方にプロのフェラチオを毎日してもらう体験が性家電でできる。手握り感も自分動かし感も無くヒトのフェラチオを体験できる。「フェラオナホの最高級オナホが欲しい!」「プロのオーラルセックスを自宅で体験できるのが欲しい!」といった場合は性家電がおすすめとなる。

オナニーではなくオーラルセックスを体験できる

一方的なフェラであるオーラルオナニーでは無く、双方的に愛し合う感覚のフェラである“オーラルセックス”を性家電でやっと体験できた。この愛し合う感はフェラハンドホールでは体験できなかった。しかし、その人間的な感覚を「性家電で」やっと体験できた。

性家電でフェラを体験できる

性家電の『A10サイクロンSAプラス』で体験できたのは“手被せ亀頭肉棒攻め”ではなく、「フェラ」であった。同様に、性家電の『NLSピストン』でできたのは“手コキ”ではなく、「フェラ」であった。そして、「フェラだけでなく手コキも」体験できるようになったのが『A10ピストンSA』であった。そのため、基本的に性家電で体験できるのは「フェラ」であった。性家電でフェラを体験できる。

「性家電=フェラ」といった感覚が購入時の知識的に失敗しない。手コキを体験できるのならば「手コキも体験できるとはなんて豪華な!」といった付加的な感覚となる。「性家電は“フェラ”が共通の基本機能」といった感覚で選ぶと失敗しない。

手握り感無くフェラ感を体験できる

「手握りオナニー感がない!」

オナニー感の要因であった「手で握る感触」が性家電には無かった。そのため、口の形をしたフェラホールで「挿れたときの物理的な感触はヒトの口の中なのだけれど、いざ動かすと手に握る感じが肉棒に伝わってきて手コキオナニー感に変わってしまう…」といったことが性家電には起きなかった。

そして物理的な挿入感もフェラ感な上に、自分で触ることなくボタンを押すと勝手に動いてくれるため、手コキ“オナニー”感に変わることなく【オナニーに変わることなくずっとフェラ】の体験であった。その決め手こそが、“手で握ることから生じる”オナニー感がないことであった。

自分で動かす感なくフェラ体験できる

オナニー感の要因であった「自分で意図して動かす感」が性家電には無かった。挿入感がフェラなフェラホールであっても、空気式のオナホ固定具に固定した状態であっても、動かした途端にやはり「自分で動かす感」が肉棒に伝わってきて萎えていた。「オナニー感」に萎えていた。

しかし、その自分で動かす感がピタッと止んだのが性家電であった。性家電は動き出した途端に自分で動かす感が無くなってずっと「フェラしてもらっているゾーン」で在り続けた。「フェラ挿入感のオナニーを自分がしている」といったゾーンに切り替わることが無かった。

操作時にのみ微量ながら自分で動かす感があって一瞬オナニー感が煙のごとく湧いてくるものの、動き出すと即座にその煙は真冬の呼吸息のようにまたたくまに消えてすぐに「してもらっている感」「フェラしてもらっている感」で在り続けた。

その「フェラ挿入感でオナニーする感」から「ヒトにフェラでしてもらっている感」にガラリと切り替わってくれた要素こそが“自分で動かす感が無いこと”であった。その要素を有していた存在こそが性家電であった。

物理的な感触領域でフェラ感を体験できる

オーラル「物理的にフェラ」

A10サイクロンSAプラスに付属してくる専用ホールの挿入感は「フェラ」であった。力を挿れた舌で亀頭を擦り舐めてくる。優しい感触でありながらも積極的に擦り舐めてくる。分厚く力を入れた舌で肉棒を擦り舐めてくる感触であった。それが同時に起こる。亀頭と肉棒が同時に長い舌で擦り舐められる。回転機構なのでレロレロと擦り舐められる。この感触こそが「“オーラル”セックス」であった。

セックス「してもらっている感」

ただ舌が当たってくる感じではなく、舌に力を入れて積極的に擦り舐めてくる感触に「愛されている」と生理的に感じる。「愛して欲しくる感覚」を感じる。性家電の代表例としてA10サイクロンSAプラスの物理的な挿入感は「愛して欲してくる積極的な痴女お姉さんフェラ」であった。そしてこの感触こそが「オーラル“セックス”」であった。

「オーラルセックス」

総合的に「オーラルセックス」であった。「オーラルオナニー」ではなかった。「口に突っ込んで無理やり肉棒を動かしているオナニー感」ではなかった。しっかりと「口の感触だ」と感知でき、「愛して欲してくるように擦り舐めてくれている」と感知できる。セックスしている感覚になる。愛し合っている感覚になる。思わず筐体を撫でてしまうほど愛し合う感覚にさせられる。それほど感覚濃度が高いためやみつきになってしまう。

今までオナホールで「オーラルオナニー」止まりだったのが、やっと「オーラルセックス」を体験できるようになった。その存在こそがまさに性家電であった。

ロボではなく生物的な動き感を体験できる

オナニー感の要素であった「ロボ動き感」が性家電には無かった。性家電の動き感は「生き物」であった。

性家電は電動オナホールの上位モデルとなる。性家電『A10サイクロンSA』の電動オナホール『A10サイクロン』で体験できていた動き感にはどこか「ロボ感」があった。生理的にロボ感を肉棒で感じてしまっていた。

しかし、性家電になってからそのロボ動きが無くなった。解消された。動き出すときも、ピストンの折返しの動き感も、回転を変えるときの折返しの動き感も、ロボではなく「中に生き物が入っていて生き物が動きを変えた」といった動き感に変わった。

電動オナホールが登場したことでオナニー感が薄まった。しかし、まだオナニー感があった。そして「性家電で」やっとオナニー感がなくなった。生命体が愛して欲してくるようにシてくる感覚がたまらない。やみつきになる。そしてその生命体こそが、ヒト感に一致した。ヒトを感じる。ヒトにフェラされている感覚に合致する。まさにオーラルセックスであった。

やっとそのオーラルセックスをオナホールで体験できた要素の1つこそが「ロボ動きではなく生命体の動き」であった。そしてその要素がガッツリと入ったオナホールこそが性家電であった。

愛して欲してくる動き感を体験できる

オナニー感に切り替わってしまう要素の1つが「一方的な愛感」であった。これはオナホールはもちろんラブドールでもよく起こった。とにかく一方的であり、「性処理感」が常に伴った。欠損していたのは「オナホール側からこちらを愛して欲してくる感覚」「ラブドール側からこちらを愛して欲してくる感覚」であった。

ラブドールではこの問題を解決することができた。それが「ヘッド選びを工夫すること」だった。「ヘッドで微笑んでいるのを選ぶ(※)」とやっと“性処理ラブドール”から“愛し合うセックス”に変わった。また、ヘッドのないトルソーラブドールでは突くたびにボディがヨガることでその視覚的なボディ動きで愛し合う体験ができた。

問題はオナホールであった。オナホールには視覚アピールでもボディをヨガらせることもできない。そこで「動き感」であった。これがオナホールはオナホールでも電動オナホールにこそできる「“愛して欲する表現ができる”唯一の機能」であった。

しかし、普通に電動オナホールで体験できるのは「愛して欲してくる“ロボ的な”動き感」であった。「ロボットと愛し合う感覚」であった。有機的な生き物と、ヒトと、生命体と愛し合う体験ではなかった。

しかし、そこで時代が終わることはなかった。電動オナホの上位機種、性家電の登場である。そしてその電動オナホールの中の「性家電の動き感」こそが「愛して欲してくる“生命体的な”動き感」であった。

性家電のレベルではない電動オナホールは「ロボが動いてくるだけ感」であり、やはりそこには愛して欲してくる意思感のようなものが無かった。肉棒で感じられなかった。一方、性家電は「中に生き物が入ってるのでは!?」と言わんばかりに「にゅいんにゅいん」「にゅわんにゅわん」と「緩急を駆使」しながら「私は生き物だ!」と言わんばかりに必死にアピールしてこんばかりに生き物動きをしてきた。

だからこそ、性家電にはオナニー感がなかった。セックスであった。性家電と愛し合っている感覚、いや、性家電の筐体内に入っている生き物と愛し合っている感覚になってしまう。その快感を感じると、もはや普通のオナホールに戻れなくなってしまう。言い換えると、普通のオナホールが要らなくなってしまい、普通の新作オナホールが登場しても欲しいとは思わなくなり、結果的に節約もできるようになる。

上記を妄想ではなくシラフで体験できる

そして重要なのは、上記の感覚や挿入感が「何かのバイアスが掛かっている前提」があるからこそやっと感じられる感覚や挿入感「ではない」ということである。

上記の感覚や挿入感は「AVなどを見ながらではない状態」でなおかつ「日常的にAVを見てムラムラした状態ではないシラフ状態」でなおかつ「数ヶ月に一回しかオナニーしなくていいようになったほど性欲が無くなった超絶シラフ状態」で感じられた感覚と挿入感である。

妄想もなく、想像で補うこともなく、幻想で覆い隠すこともなく、シラフで、冬の凍える部屋であっても、上記の感覚と挿入感を感じられた。この「心情状態にさえも影響せず」愛し合う体験ができた「ブレない感覚と挿入感」だからこそ「オナニーではなく」まさに「オーラルセックス」が体験できた。性家電は感覚も挿入感もブレなかった。

性家電で体験できるのはいつだってセックスであった。A10サイクロンSAプラスではれろれろオーラルセックスを体験できる。A10ピストンSAはじゅぽじゅぽオーラルセックスを体験できる。A10ピストンSAはじゅぽじゅぽオーラルセックスと手コキしてもらう性サービスも体験できる。性家電を購入する体験はまさに「プチ風俗を自宅に所有する体験」となる。

クリスマス等の「1年に一回の自分ご褒美に!」な時期におすすめな買い物となる。性家電はもはやオナホールを買う感覚ではなく、「オーラルセックスを体験できる風俗を自宅に所有する」といった買い物となる。風俗嬢の方のプロのオーラルセックスを自宅でいつでも味わえる。

さらば、余計に風俗に行きたくさせるオナホよ!
これからは自宅に「オーラルセックス風俗」を所有できる!
どなたさまでも所有できるのだ!
性家電によって!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。