「生き物みたいに速度が変わる…」NLSピストンの速度変更箇所は“生き物”

「買って正解だった!」そう感動がこぼれた。
感動とともにNLSピストンのダイヤル箇所を回していった。

ダイヤルを回すと速度が上がっていく。

「あぁ、いぃ・・・気持ちい・・ん!?」

「すごい、、丁寧に速度が上がっていくではないか…!」

なんと丁寧に上がっていった。人間的に上がっていった。

「ロボット感がない。。人間みたいだ…」

「ガクッ、ガクッ、ガクッ」
といったような段階的なロボ速度変更感ではなかった。

ダイヤルを上げると「フワッとフワッ」と上昇していくのだ。

ペニスでそう繊細に感じる。

まるで運転手の方が「フワッと止まるように慎重にブレーキを踏む」という人間だからこそできるような技術のよう。

スパイダーマンが緩急を付けながらビルを次々に渡り飛ぶシーンのよう。

アイアンマンのようなガクガク感ではなく、メカ感ではなく、スパイダーマンのように有機的で生物的な動きであった。

「生きてるみたいだ…」

生きているようだった。

「このひょうたんの中に生き物が入っているのではないか!?」とジョークな妄想さえ鮮明に浮かんでしまうほど。

ダイヤルを回すと“中の生き物に「もっとスピードあげて!」と司令を出す機能”であるかのよう。そんなジョークSF妄想してしまう。

それほど生来的な動き感だった。

速度変更するたびにペニスで感じるその繊細な動き感。

その動き感がメカ的ではなく、生物的であった。

これには感動してしまった。

「ガクッ、ガクッ、ガクッ」と速度がロボット的に上がっていくのではなく「ふわっ、ふわっ、ふわっ」と速度が上がっていく。

これに感動してしまった。何度も感動してしまった。

「A10ピストンSAのつなぎじゃない・・・」

「試作機なんだからテキトーにつくっとけばいいんだ」などといった感じがこの電動オナホールには無かった。

正直、NLSピストンの速度変更箇所に期待はしていなかった。試作機である上に、“本作機であるA10ピストンSA”が何ヶ月も入荷未定になっている時期に登場した機種であり、

「NLSピストンはA10ピストンSAのつなぎとして出しました!A10ピストンSAが再販売できるまでこれで我慢してください!もうしばらく待ってください!」といったスタンスの電動オナホールだと思っていた。

A10ピストンSAが発売されるやいなや「つなぎ役終了〜!」と言わんばかりに販売終了になるような電動オナホールだと思っていた。しかし、違った。本命だったのだ。

「期待していなかったからこそ感動が大きかった。」というのを把握していた上でもそのさらなる上をいく感動だった。

ダイヤルを回してもガクガク感がない。ロボ感がない。ロボットなのに、ペニスで感じる繊細な速度変更の動き感にロボ感がない。ペニスで感じるその繊細な動きが“生き物的”だったのだ。これはもはや電動オナホールの革命の1つである。

「ダイヤルから手が離せない…!」

気持ち良くてダイヤル箇所から手が離せない。

ぐわんぐわん速度を上げたり下げたりするのが気持ちいい。
上げたり下げたりするたびに生き物を感じる、人間を感じる。

“速度変更機能はオマケ”といった感じではなかった。

本命だった。

ロボットではなく人間にされているよう。

気持ち良すぎて目をつむってしまった。

「あぁ…最高だ…ロボットじゃない、人間だ…」

するとそこには楽園が目の前に広がった。

「広がるお花畑農園…太陽が心地良い・・・」

気持ち良すぎて勝手にまぶたが明るくなっていく。

勝手に気分がポジティブになっていく。

「視界に、前後する人の頭が入ってくる。。」

「あぁ。。フェラされてるんだ今。。」

どんどんジョークな妄想が鮮明になっていく感覚がある。

「激しい、激しい。いっぱい欲してくる感じのフェラ感、事務的じゃないフェラ、激しいフェラされてる。愛してくるようなフェラ感、食べてくるようなフェラ感、たまらない。。。もう、たまらない。。。」

「イック・・・アッ・・・」

ドクドクと激しくペニスがうごめく。喜びの悲鳴をあげているかのよう。

NLSピストン、すごい。。。

速度変更するたびに生き物を感じる、人間を感じる、人にフェラされてるのをさらに鮮明に感じる、、。

事務的なフェラじゃない、性処理フェラじゃない、愛して欲してくるフェラだ。それに舌ワザじゃなくて、豪快にヘドバンしてくる肉体派の愛欲フェラ・・・最高だ。。。

賢者タイムにNLSピストンの「愛情的な人間の動き感」に酔いしれてしまう。その余韻に浸れてしまう。

ふと、後始末のことが頭に横切る。

しかし、萎えなかった。

“花瓶として”飾れてしまうから、。

花瓶として飾れる電動オナホール、やはり貴重な賢者タイムも侵さない。

「やはりNLSピストンは本命の電動オナホール」何度もそう感じてしまう。

人におすすめできる電動オナホとはまさに、この“人間的な動きをペニスで感じる”電動オナホールである。。

※関連ページ:『「隠す時代は終了」NLSピストンは花瓶として飾れるので家族バレせずに済む


■製品情報:NLSピストン / メーカー:NLS / コンビニ受け取り:可能 / コンビニ後払い:可能 / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ナビ|実際のNLSピストン体験記レビュー
Q&A|NLSピストン