家族バレ対策は品名ラジオで配送元名千葉電器 ※A10サイクロンSA+PLUS

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)の梱包箱を持って左右に動かしたときのガサゴソ感、内部動き感、重量感、それに一致したのは大きめのカセットラジオが入っている感覚だった。品名と配送元名を変えなくても気持ち良く受け取れる。そしてもし家族バレ対策したい場合は「ラジオ」&「千葉電器」で家族バレを防げる。

商品名は「ラジオ」

NLSの注文ページ中に「送り状に記載する商品名」欄があるのでそこに「ラジオ」と記載する。災害時用ラジオだったりいろいろな書き方があるがシンプルにラジオだけでも梱包箱の大きさと似合っている。

ラジオが複数個入っているというような商品名にする必要はない。単ニ電池か単一電池のラジオが一個入っている重さ感覚と大きさ感覚に似ている。ちなみにどんな商品名にしても配達不能になることなくまた「追跡番号を辿ったら配達不能で配達業者に電話して説明しないといけない」こういった事態は今まで1度も起こったことが無い。無事に届く。

配送元名は「千葉電器」

NLSの注文ページに「送り状に記載する配送元名」欄があるのでそこに「千葉電器」と記載する。千葉電気でなくても千葉エレクトロニクスだったり千葉電気店だったり千葉電子だったりとにかくラジオを扱っていそうな配送元名にすると合う。どんな配送元名にしても確実に届くため何でも良い。送り元不明といったような届かない事態になる事は一回も無かったので何でも良い。

「災害時用に中古でラジオ買った」

「ラジオが好きでもないのになぜこのご時世にラジオを買うのか」その理由を家族等に聞かれた場合の返答はシンプルだ。「万が一の災害上に今回中古でラジオを買った」といったようなことを言えばいいのだ。

「なんでそんなに大きいの?ポケットラジオじゃないの?」と聞かれたら「手回し発電機も買ったから。それにでかい方が充電持ちそうだし」もしくは「単二電池タイプの大きめなのを買った」と言えばいい。

大きさがラジオに似ている

単ニの電池を入れるような中くらいのラジオを入れた梱包箱の大きさに似ている。そのため商品名と箱の大きさが一致しないといったことも起きない。持った感じの大きさと商品名との違和感を覚えて家族が勝手に中身を開けて確認するといったような事態を防げる。もしラジオの割に箱が大きいと感じられたとしても緩衝材でその段ボールの大きさだと認識されるだろう。

重さがラジオに似ている

単二電池か単一電池を数本入れたようなラジオの重さに似ている。電池の入っていない状態のラジオでは少し軽い、しかし電池を入れたときのラジオを段ボールに入れたときの重さの感覚がとても似ていた。

ちなみに単二電池はラジオに付属していることが多かった。そのため品名がラジオでもやはり違和感がない。それが不安な場合は中古ラジオ(おまけとしても電池付けました!)といった感じで似合う。計測した重さは違うかもしれないが梱包箱に入っているときの重さ感覚は近かった。

運んでいるときの感じがラジオ

ガサゴソ動かした時の重さ感、大きさ感、梱包箱の中の動き感がラジオである。A10サイクロンSA+PLUSの入った梱包箱を持って運んでいる時の「梱包箱の中でガサゴソ動く感じ」がパッケージに入ったラジオを梱包箱に入れて両手で持ってガサゴソ動かしている感覚に似ていた。

こわれもの表示に合う

注文ページで壊れ物シールを要望しなくてもデフォルトで壊れ物注意表示が段ボールに記されて届く。その際にやはり電子機器であることがよく合う。ラジオのほかにボトルの油やボトルの醤油を入れたときの重さには似ていたがそれら食品では壊れ物表示の段ボールとは似合わない。やはり梱包箱と言いう外見から似ていたのもラジオだった。

送り状変更サービスは正義だ

別にオナホを買ったって言ってもいいんだけれど必ずといっていいほど話題が生まれるためそのラリーが面倒、それにオナホールを買ったと思われて食卓が気まずくなってその感じを無くすために何か言うといった努力さえ面倒、それらの面倒の発生要因を解決してしまえばすべて解決される。そしてその要因を削れるのがこの送り状変更サービスである。

「家族バレしない」と言うよりはわざわざ受け取るたびにラリーが発生するような面倒ごとの発生を回避できる。ちなみに配送業者対策に配送業者の方に郵便局や配送業者の方にオナホだとは知られたくないと言った理由では意味がない。なぜなら送り状記載を変えたときの接客と変えなかったときの接客が変わらなかったためである。馬鹿にされることもなく気持ちよく毎回受け取れてしまった。

しかし家族が受け取ったりするといった想定では別問題となる。やはりその際にこの変更サービスが利用価値がある。どんどん利用するのがベストである。オナホールは人を笑顔にする正義なのにそれを現実の都合で買えないもしくはTPOに合わなくて受け取りにくいと言ったのは理不尽でしかない。その理不尽を修正できるのはこの変更サービスしかない。「オナホール」もこのNLSの昔からある「送り状変更サービス」も正義である。

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー