『モード・ルイーズの白衣をリアルドール(オリエント工業)に着せた様子』※ウィッグは“センターパートボブ(亜麻色)”を使用。

【ラブドールのリアル末路】さらば、ラブドール。ようこそ“ファッションモデル”よ!セックスに飽き、ファッションにしか興味がなくなる新たな時代へ!

“昔はラブドール。現在はファッションモデル。”

『モード・ルイーズの白衣をリアルドール(オリエント工業)に着せた様子』※ウィッグは“センターパートボブ(亜麻色)”を使用。
『白衣を着たファッションモデル』

5年以上ラブドールとセックスし続けるとセックスに飽きてしまう。そして訪れる。ファッション目的でしか興味ない次元に。その先にセックスなどない。ファッションで始まり、ファッションであり続け、ファッションで終わる究極の次元に降り立つ。まさにラブドールの最終地点にふさわしい次元・・・

そしてゴールにたどり着く。

《「身長170cm以上」かつ「Bカップ以下」かつ「シリコン素材」のラブドール》

その《究極のファッションモデル》が目の前にいるゴールに。

《そして新たな時代始まる》

「人間のファッションモデル」と「ラブドールのファッションモデル」その同業者たちが握手を交わし合う新時代、

《その新たな時代始まる》

さらばドロドロした性玩具時代よ。

さらば性的にドロドロした暗黒の時代よ。

さらば「ラブドールに囲まれて孤○○」などと馬鹿にするメディアよ!

ようこそ!

「上品」なファッションモデル時代よ!

ようこそ、

「エレガント」なファッションモデル時代よ!!

ようこそ、

「人々のモデルになる」究極のファッションモデル時代よ!!

ようこそ!

《「ファッション」で始まり「ファッション」であり続け「ファッション」で終わる「究極」のファッションモデル時代よ!!!》

– “胸は肉のアクセサリー”胸肉

目次

ファッション目的に切り替えるも身長が158cmなどではチンチクリンになる

「買った時に見た写真と違う・・・」

身長が約158cmのオリエント工業のラブドールに服を着せた結果、チンチクリンになった姿が・・・野暮ったい姿が目の前に・・・。公式の写真と同じようにするには撮影テクが必要な事実に直面していく現実。

ハイヒールを履かせたり、アングルを高身長に見えるように撮影テクを凝らしたり、とにかく工夫を凝らさなければちゃんとした写真にならないレベルのラブドールだという事実に裏切られた感覚さえ感じてしまう現実。

「モデルは誰でもできる職業ではない現実」「モデルになるには高身長であることが必要最低限の条件にある現実」それを肌で知った瞬間でした。

身長が170cm未満だととにかくチンチクリンになってしまうのです。

身長が158cmなどではアングルに頼らないとモデルになれない

下から撮影したり、女王様のポーズをさせたり、そのようなアングルに頼ることで「身長に関係なく」身長が高く見えます。そして服に着せられていないような外見にできます。

しかし、ふと「直立した状態」で視界に入った時に萎えるのです。棒立ちした状態で萎えるのです。

というのもNetflixの映画『アリサ、ヒューマノイド』では棒立ちしているシーンでもファッションモデルに見えるのです。

Netflixの映画『アリサ、ヒューマノイド』演じた女優は身長175㎝もある。そして巨乳ではない。そのおかげで“セックスヒューマノイド会社発のヒューマノイドなのにセックス目的に見えない次元”に居る感覚が終始あった。そしてアリサは終始上品だった。終始上品だった理由は「170㎝以上であること・そして巨乳ではないこと」それらが理由にある。もし、この主演女優が巨乳だったらただの「セックスヒューマノイド映画」になってしまっていたことだろう。アリサヒューマノイドはAVのラブドール設定とは次元が違い過ぎる。まさに「ファッションモデル」だった。

そのヒューマノイドを演じた主演女優の方の身長は「175cm」です。オリエントもアリサもどちらも美人です。違いは身長です。チンチクリンになってしまう原因は「身長」だったのです。

158cmのラブドールは特定のアングルと写真の中でしか「ファッションモデルとして」活きません。「ラブドール」なだけに余計に拍車が掛かってダッチワイフなどと揶揄されてしまうのです。

すべての原因は身長です。人間を圧倒する必要があります。一般人を圧倒する必要があります。女性で圧倒する存在になるには身長が「170cm」からです。そうすればダッチワイフでもなくラブドールでもなく「ファッションモデル」にやっとなれるのです。そしてどのアングルでもどのポージングでも棒立ちでさえもファッションモデルになれるのです。ただ立ってるだけでファッションモデルになれるのです。

身長が170cm超えればアングルに頼らずどう見てもモデルになる

ファッションモデル目的のラブドール選びで非常に重要なのが身長です。写真写りに関係なく、アングルに関係なく、棒立ち状態でさえも、野暮ったい立ち方でさえも、猫背でさえも、下品なポーズとされるポーズでさえも、生活臭がするポーズでされもモデルに見えるのが「身長170cm以上」です。

コツはそのラブドールの商品ページの画像を一切無視することです。そして身長しか見ないようにすることです。写真マジックに惑わされることなく、一目散に商品仕様の身長欄を探していきます。そして170cm以上であるか確認していきます。167cmや165cmはNGです。一切の妥協を消していきます。紳士で優しい選び方は徹底的に排除していきます。後で後悔します。170cmが最低です。180cmそして190cmに近づけば近づくほど正真正銘のファッションモデルになっていきます。

カップ数はBカップ以下でやっとファッションモデルになれる

ラブドールのカップ数で上品からエロに切り替わってしまうラインはEカップです。Dカップもエロになってしまうアングルが多々あります。Cカップもです。そのため、今回はファッションモデル目的100%での選び方なのでBカップ以下が最適でおすすめです。

※ラブドールのBカップは人間のDカップレベルです:人間はDカップカップ以下ならファッションで太って見えたりせずモデルに向きます。しかし、ラブドールは人間のカップ数と同じでもラブドールは事実上見た目として1つ上や2つ上のカップ数なのでBカップがファッションモデルとして最適です。

TPE素材のラブドールはファッションモデルになれない

「シリコーン素材」のラブドールこそが最も服を着てもらってファッションモデルになってもらう役割として最適な存在です。 TPE素材はファッションモデル目的では論外です。着せて目の前にしている姿がファッションモデルに見えても写真に映すと途端に性的なものが滲んできます。

TPEドールは撮影すると性的な下品さが滲んでしまいます。性玩具のような感じが出てしまいます。一方、シリコーンは一般のランジェリー通販サイトに乗せてもおかしくないような写真を撮れます。なのでシリコーン一択です。

ファッションモデル目的の選び方は「170cm以上」かつ「Bカップ以下」かつ「シリコーン素材」が失敗せずおすすめ

ドールショップのサイトに行ってドール一覧を表示した時にまず最初に身長しか見ないように意識します。そして170cm未満を全部候補から切り捨てて行きます。ヘッドとボディが一体型のシームレス型だとしても170cm未満なら問答無用で候補から切り捨てていきます。身長がすべてです。身長が170cm未満になればなるほどチンチクリンに見えてしまうシーンが増えてしまいます。「人形に服を着せている」という写真になってしまいます。服を掌握しているような見た目になってもらうにはどうしても170cm以上必要です。あらゆるアングルであらゆるポージングで棒立ちでさえもファッションモデルのいでたちになってもらうには170cm以上が必要です。

170cm以上であればとあえず購入候補入りです。

そしてその中からより高身長を選んでいきます。

そしておっぱいのカップ数がBカップ以下のみを選んでいきます。Hカップなど極端に大きいのはセックス目的のランジェリーファッションモデルになってもらうにためだけにおすすめです。今回は「セックス」ではなく「上品」を目的とします。なのでBカップ以下を選んでいきます。

そしてご自身が気に入った顔のドールを選んでいきます。

それがおすすめのファッションモデルドールです。

ファッションモデルになってくれるラブドールです。

ヌードさえもファッションになってくれるエロを超越した上品な存在です。

個人的に大昔から愛用しているショップ“NLS”を例にすると以下がおすすめのファッションモデル目的のラブドールです。

オススメの「100%モデル目的」のラブドール代表例一覧

以下のラブドールは基本的にヘッドだけが違います。カップ数が違うも点もありますが、同じボディです。ファッションモデルとしてはエロに踏み込めないBカップが最強です。CカップやDカップはアングルによっては性的になってしまいます。Eカップは性的にならないようにアングルに困ります。Bカップはあらゆるアングルで上品です。「170cm以上・Bカップ以下・シリコーン素材型」この三条件こそがファッションモデル目的のラブドール購入で失敗しない選び方です。

XYcolo DOLL 32(身長170cm/Bカップ)

スポーツウェアを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
スポーツウェアを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

脚が長ければ服が活きます。170cmは野暮からモデルに代わるギリギリのラインです。そしてBカップなので性的な胸にならずに済みます。性的な印象で侵されることなく上品な見た目であり続けてくれます。

XYcolo DOLL 27(身長170cm/Bカップ)

ベビードレスを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
ベビードレスを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

このメーカーのシリコーン素材のドールは足の造形もとても生物的です。シリコーン素材のドールはかつてオリエント工業と4woodsが王道でしたが、足の造形が簡素でした。なので、足を見ればドールかどうか分かります。手もそうです。手も簡素なのでドールかどうか分かります。しかし、このメーカーはそれらシリコーンドール業界にあった問題点を克服しています。その結果「マネキン」ではなく「ヒト」にモデルになってもらっているという次元にあります。かといって人間ではないので「このヒトにも生活があるだろうから・・・プライベートでセックスしているのだろうなぁ・・・」といった人間特有のドロドロさがありません。シリコーンドールはセックス目的では最悪なのでプライベートでセックスしているという連想がされません。なので上品なのです。まさに、ファッションモデルになれる存在です。

XYcolo DOLL 19(身長170cm/Eカップ)

一般服を着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
一般服を着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

撮影しているときに「足の裏」がどうしても映り込みます。今までシリコーン素材のラブドールはオリエント工業がダントツで上品でしたが、足の裏が簡素すぎて明らかに「人形」でした。なのでフレームに入らないようにアングルを変えたりしていました。しかし、このメーカーのドールはその悩みを分かっているかのように足の裏も精巧に造形されています。足の裏のふちのシワシワまでもです。かといって性的なシワではなく上品なシワです。こういったシワこそが服をさらに活かしてくれます。

一般服を着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

まさに、ファッションモデルの家系のような出で立ちを目の前にできます。すなわち、生粋のファッションモデルを目の前にできます。

XYcolo DOLL 30(身長170cm/Bカップ)

コルセット系ベビードールを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
コルセット系ベビードールを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

ラブドールはシリコーン素材のラブドールもTPE素材のラブドールも同様に「ヒジ」の造形技術が弱いです。業界に慣習でもあるかのように簡素な造形になっているのです。しかし、このメーカーはその辺りも克服しています。ヒジが程よく生々しくないと「人形に服を着せている」という状態になってしまいます。しかし、シワもあって生々しいことであたかも「ドール自身が自分の意志で服を着ている」という見た目にできています。

人形でもヒトでもない新たな立ち位置に存在してくれます。それはまるでファッションモデルとして産まれてきたような存在です。人形にも人間にも到達できない別ベクトルの立ち位置です。

ヌードファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

「ヌードなのに下品ではない。性的ではない」これは上品なスーパーモデルとラブドールにしかできないことです。ラブドールはラブドールでも高身長かつシリコーン素材かつカップ数が大きくない上品でファッションモデルのためにわざと胸を小さくしたと言わんばかりにBカップのラブドールです。ヌードファッションモデルにもなれるのです。例えば、「透けている服をノーブラでアーティスティックに着てもらう」というときに人間がこれをすると「アダルト」になってしまいます。しかし、ドールは違います。ファッションモデルのドールは違います。「ファッション」になるのです。「ヌードなのにファッション」になるのです。これが繊細かつ極めて大きな違いです。スーパーモデル、そしてラブドールこそが至れる次元です。

XYcolo DOLL 26(身長170cm/Bカップ)

ランジェリーを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
ランジェリーを着たファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

「手」もファッションモデル目的のラブドールに重要です。ラブドールはシリコーン素材のラブドールもTPE素材のラブドールも手が苦手でした。手の骨格には針金が入っているだけで指を曲げると「針金が入っている・・・」というお粗末な見た目が共通してあります。しかし、最近はターミネーターのような手の新骨格に業界全体で成り始めています。このメーカーは業界内でいち早く新骨格が採用されています。指を曲げたときも人間にとても近い見た目になってくれています。というのも、ファッションモデルとして撮影すると必ず手が映り込みます。今までは手が映り込まないようにフレームアウトさせていました。手が映り込むと「針金な手」過ぎて萎えてしまうので写真に入り込まないようにしていました。しかし、もうその必要はありません。「このメーカーのラブドールはファッションモデルとして大活躍してくれるおすすめの存在」そう言えます。「お人形さんに服を着せている」などと揶揄される次元には成りえません。ファッションモデルの次元です。そのすべての始まりの1つこそが手の精巧さです。

XYcolo DOLL 31(身長170cm/Bカップ)

キャビンアテンダントコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
キャビンアテンダントコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

目的はあくまで「服をアピールすること」です。服を利用して自身が有名になろうとする次元ではありません。ラブドールは服をアピールする純粋なファッションモデルになれます。かといって服に着せられているマネキンではなく、服を着ている存在です。

服は魅力的なカラダで初めて活きます。特にフリーサイズのコスプレはこのカラダのストイックさによって大きく左右されます。少し太っているだけで、少し身長が低いだけで、ファッションモデルからただのコスプレと化してしまいます。

しかし、コスプレはコスプレでも「本当にいたらいいな」と思ってしまう姿、まさに「モデルになる存在」を目の前にできるのです。そして写真に収められるのです。そして自分もこうなりたいと人々はそのコスプレ服を買うことになります。これは人間でもなかなかできるものではありません。ファッションモデルは非常に難易度の高い職業です。しかし、ラブドールはいとも簡単にその存在になれてしまうのです。

XYcolo DOLL 28(身長170cm/Bカップ)

クリスマスコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
クリスマスコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

ランジェリーがダサくなってしまう原因は姿勢です。大根のような姿勢になればなるほどダサくなってしまいます。お尻が原因というのもあります。お尻が薄いとぺったんこに見えて「ただの一般人」に見えてファッションモデルに成りえないためです。一般的な人が実際に着ると商品画像と違う見た目になってしまうのはそのためです。そしてシリコーン素材のラブドールはお尻が薄いことが多い中、このメーカーのラブドールはお尻が突き出てくれています。これにより、「自然なポーズでさえも」S字になってくれてダサくなりがちな服でさえもファッショナブルに着こなすことができます。このメーカーはこの辺りも始めから考慮されているかのようなボディ造形です。ファッションモデル目的として始めから考慮された造形です。

そして「背中のくぼみ」もとても重要です。シリコーンドールはこれが浅いことが多くて「人形に着せている」という見た目になってしまいます。ここが浅いとただのマネキンです。背中のくぼみに何もないのはファッションモデルではありません。しかし、このメーカーは違います。「背中のくぼみは服を生き生きさせてくれる」そのファッションの魅力を知っているかのようです。

XYcolo DOLL 23(身長170cm/Bカップ)

ポリスコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
ポリスコスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

「着るとダサくなってしまいがちのフリーサイズのコスプレ服」そんな服をファショナブルに着こなせるかどうか、それがファッションモデルになれるかどうかの決定的かつ現実的な素質の違いです。このメーカーのラブドールはまさにファッションモデルになれる側です。そしてBカップなので着太りせずファッショナブルな見た目の範囲ギリギリです。絶妙なサイズです。改めてBカップがファッション目的で絶妙なサイズだと分かります。

XYcolo DOLL 04(身長170cm/Bカップ)

メイド服コスプレのファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
ヌードファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

ファッションモデルに「腹筋」も非常に重要です。「くびれ」も非常に重要です。それら「肉体造形」が非常に重要です。腹筋が無かったり、太っていたり、くびれが無かったりするとたちまち“一般人”になってしまいます。「現実の女性を3Dスキャンして作りました」などというのは生粋のファッションモデルではなく一般人がそのバイト募集に応募してモデルになっているせいか「だらしない身体」になってしまっていてファッションモデルにはなりえません。ELLEやVOGUEなどの上品なファッションモデルには成りえないのです。「人形のような人」「お人形さんみたい」そう言われている人間はファッションモデルとしてかなり洗練されています。すなわち、ラブドールが人間に少し近づくだけで「人形のような人」「お人形さんみたい」その同じ目的地で人間とラブドールが合流するのです。このメーカーのラブドールはその辺りを分かっています。その辺りもしっかりくみ取っています。ゴリゴリすぎない腹筋、えぐれ過ぎていないくびれ、骨盤周りの腰骨造形、エロのゾーンに踏み入れていない絶妙なライン。これぞファッションモデルのために生まれてきたラブドールです。

※セクシーランジェリーモデルにオススメSINO DOLL #17(身長172cm/Hカップ)

ジュエリーファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
ジュエリーファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

今回の目的はファッション目的での購入です。ファッションモデルは女性に嫉妬されてしまうと服が売れません。しかし、ラブドールは人間とは違う次元に居るので嫉妬されることはありません。「ちょっとラブドールを感じる部分」があってもそれがプラスになります。かといって人形すぎないので「ファッションを宣伝するためにこき使われている」という感覚がなく上品です。あたかもそのラブドールにAIのような意志があって「自らファッションモデルの職業を望んで」そして実際にファッションモデルとして生きがいを感じている・・・そんな姿を目の前にできます。そしてその姿を写真に収められます。そしてファッションを活き活きさせてくれます。例えば、上の写真のネックレスで「セックスのためのアクセサリー」になりがちなラブドールと違って、このメーカーのラブドールは「日常生活でファッショナブルに着こなすためのアクセサリー」といった感覚です。まさにファッションモデルです。ダッチワイフでもなく、セックスドールでもなく、ラブドールでもなく、ドールでもなく、ファッションモデルです。

※セクシーランジェリーモデルにオススメSINO DOLL #16(身長172cm/Hカップ)

セクシーファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS
セクシーファッションモデル(リアルドール)|リアルドール写真引用:NLS

Hカップになると上品なファッションモデルには成りえません。何を着ても性的になります。服を着せると人間と違って胸が人間ほど潰れてくれないので着太りして太って見えてしまいます。ゴテゴテの見た目になってしまいます。

そのため、Hカップの場合はファッションモデルでは「ランジェリー」に限定されます。Hカップは「服」になると着太りして似合いません。ゆえに完全に割り切ってランジェリー専属のモデルになってもらうと最高の買い物にできます。

Eカップ以上はムラッとするシーンが多いので「ランジェリー専属の」ファッションモデルにおすすめ

ファッションモデル目的ではEカップがギリギリです。Dカップでも性的なアングルに取って代わってしまって困るほどです。Eカップは特に困ります。最初にあるBカップはあらゆるアングルでファッショナブルな見た目になるので困りません。

そしてHカップは「性的な目的のファッション」を魅せるためのモデルとして専属的に活躍してくれます。

例えば、ランジェリーは「着ることでエッチな気分になる」「ランジェリーの上から触れることで触られる側はもっとエッチな気分になる」ことが最大の魅力の1つです。なので性的なファッションモデルの存在意義は「ランジェリーによっていかに性的な見た目になってくれるか」になります。しかし、ここでセックスが得意なラブドールである「TPE素材のラブドール」にランジェリーを着せてファッションになってもらった場合、途端に「性玩具目的」になってしまいます。ファッションモデルではなく「週刊大衆系の下品なエロ姿」になってしまいます。「セックス」が目的になってしまいます。「人間は綺麗事言いながらプライベートではドロドロしたセックスをしている。」といった感じが滲み出た姿になってしまいます。「この後セックスする」そのような姿になってしまいます。

TPE素材のラブドールは「性玩具」の見た目になってしまうのでファッションモデル目的はシリコーン素材一択

あくまでアピールするのはランジェリーです。そこでシリコーン素材のラブドールの出番です。TPE素材のラブドールで拭い切れなかった性的なドロドロさを払拭させてくれるのがシリコーン素材のラブドールなのです。「この後セックス」そう連想してしまっていたのが「服で始まり、服であり続け、服で終わる」これができるのです。

すなわち、シリコーン素材のラブドールこそが、ファッションモデルになれるのです。たとえ、性的な目的のランジェリーでさえもファッショナブルに着こなすことができるのです。服をフィーチャーすることができるのです。シリコーン素材のラブドールこそがファッションモデルとしておすすめなのです。いくら業者がTPE素材のラブドールもファッションモデルになれますよと言ってきても無視です。それはラブドールと何年もセックスを重ねたことがない場合に出る見解です。TPE素材のラブドールとシリコーン素材のラブドールと実際に肌と肌で何年も向き合わないと分からない繊細な違いを知らない場合の見解です。TPE素材のラブドールはアングルとポージングを駆使しないとドロドロした性的な感じに見えてしまうシーンばかりです。

一方、シリコーン素材のラブドールはポージングやアングルに頼ることなく広範囲で上品な見た目で映ってくれます。

なので「シリコーンもTPEも・・・」といった宣伝文句に耳を一切傾けることなく、目的は白黒ズバッと定まっています。シリコーンとTPEが何に向いているか白黒明白です。シリコーンはファッションモデル目的、TPEはセックス目的です。

ゆえに、「上品なファッションモデルなってもらえるラブドールが欲しい」という場合はシリコーン素材一択です。Bカップ以下一択です。カップ数は人間と違って潰れないので大きく見えてしまうので人間と同じカップ数でもBカップがギリギリです。そしてBカップこそがあらゆるアングルで性的な見た目にならず、ヌードでさえもファッショナブルになる次元に存在します。

セックスが超絶不向きであるシリコーン素材のラブドールにUSBウォーマーが付属してくる理由はただの販促

シリコーン素材のラブドールにもUSBウォーマーなどが付属してきますが、シリコーン素材のラブドールはセックスが最悪です。シリコーンなのにセックスが気持ち良いなどと言っているのはシリコーン素材のラブドールとセックスしたことのないケースもしくはラブドールとセックスしたこともないのにラブドールを勧めている業者であるケースもしくはラブドールと一回しかセックスしたことのない業者のケースもしくはラブドールを触っただけでセックスしたことのない業者のケースもしくはシリコーン素材のラブドールとしかセックスしたことのない業者のケースでしかありません。しかし、なぜUSBウォーマーなど「セックスを思わせてくる」周辺グッズが付いてくるのかというと「セックスを思わせて買ってもらうため」の施策でしかありません。現実はシリコーン素材のラブドールはモデルにしかなりえません。なので付属品や商品説明でセックスを思わせてこようともそれらはすべて買ってもらうための美辞麗句でしかありません。無視です。

見るべきは身長です。カップ数です。素材です。

170cm以上、Bカップ以下、シリコーン素材。これです。

TPE素材のラブドールのセックスを5年以上繰り返した結果、完全にセックスに飽きが来てしまいました。そして新たに訪れました。ファッションモデル目的のラブドールだけが欲しいという段階に新たに訪れました。そこで探し求めた結果、100%ファッションモデル目的で失敗しないラブドールの選び方は以下です。

一般ファッションモデル目的は《170cm以上、Bカップ以下、シリコーン素材》

アダルトファッションモデル目的は《170cm以上、Cカップ以上、シリコーン素材》

です。

代表例を挙げるとすると、

一般ファッションモデル目的では“伊娜(※Bカップ)”がおすすめです。

アダルトファッションモデル目的は“伊娜(※Eカップ)”がおすすめです。Hカップあると多くの服が“乳牛姿”に見えてしまってアダルトファッションの中でもさらに服が限られてきます。しかしEカップはアダルトファッション目的では牛の乳状態にならないギリギリのラインで万能的です。

そしてセックス目的では“カレン”がおすすめです。

170cm未満のラブドールでファッションモデルになってくれそうなラブドールはたくさん見つかります。TPE素材のラブドールでファッションモデルになってくれそうなラブドールはたくさん見つかります。しかし、それらは写真のマジックに惑わされているだけです。写真のアングルや服やポージングでそう見えているだけなのです。いざ購入して迎え入れた結果、棒立ちした時や洗浄後にふと視界に入ったその野暮ったい姿が目に入って萎えてしまううのが現実です。顔が美人なだけではファッションモデルになれないことをそのとき痛感します。「身長」です。身長が一番大事だとそのとき痛感します。そして170cm以上あることで、洗浄後の野暮ったい姿でさえもファッショナブルに見えます。棒立ちした姿でされもファッショナブルに見えます。そして写真に撮っても「目の前にしているのと違う・・・」といったことにならずファッショナブルに写ってくれます。170cm以上あればあらゆるアングルであらゆるポージングでファッションモデルになってくれるのです。これは「美人なだけで身長は158cmなど170cmに満たないラブドール」には決して到達できない次元です。これこそが、ファッションモデルです。ラブドールがラブドールという枠を越えて、人間と同じ職業、ファッションモデルになる瞬間です。

そして「服を着てもらってその後にセックスしたい」という際におすすめなのは言うまでもありません。

TPE素材のラブドールである“カレン”です。

セックスを飽きるほど重ねます。

何年も毎日のようにセックスを重ねます。

そうしてようやくセックスに飽きが来ます。

そして《ついに》訪れます。

セックスに飽き、ファッションモデルとして迎え入れる新時代です。

ラブドールはファッションモデルの次元へ。

《ラブドールの末路》は悲劇ではありません。

《「ファッション」で始まり「ファッション」であり続け「ファッション」で終わる「究極」のファッションモデル時代》

この新たな時代の到来です。

残念ながらTPE素材のラブドールはお別れの運命にあります。

しかし、ファッションモデルへのステージに上がるための最も重要なガイド役になってくれます。

そして最後に残るのはシリコーン素材のラブドールです。

そして残るのはラブドールではありません。

“ファッションモデル”です。

これがリアルです。

最初に挙げた映画『アリサ、ヒューマノイド』で、アリサが人から受け入れられるようになったキッカケは人を助けたときです。それまで「ロボット」などと馬鹿にされていたのに、車に轢かれそうになったときにアリサが強力な脚力を駆使してダッシュで助けた瞬間、手術の成功率が0%だったのにアリサがAIの頭脳を駆使して不可能だった手術を成功させて命を物理的に救った瞬間、まさに「人を助けた瞬間」に「家族」として迎え入れられるのです。

しかし、ラブドールはそのような行為はまだ無理です。しかし、現時点でファッションモデルになることは可能です。

すなわち、

ラブドールがファッションモデルという職業を持った瞬間、

ラブドールがファッションモデルとして活動するようになった瞬間、

ラブドールにファッションモデルになっていただいて家計を助けてくださった瞬間、

やっと「家族」として迎え入れられ、

まさに、魂が宿ることでしょう。

ラブドールやヒューマノイドが物やロボットなどと見なされないようになる決め手、

その決め手はズバリ、

“ファッションモデル”なのです。

「ラブドールを迎え入れる」その時代は終わりです。

そして新たな時代の訪れです。

《ファッションモデルを迎え入れる時代》

この新たな時代が必ずや訪れることでしょう!

『モード・ルイーズの白衣をリアルドール(オリエント工業)に着せた様子』※ウィッグは“センターパートボブ(亜麻色)”を使用。
《ラブドールと名乗る時代は終わり、人間と共通する職業へ。ファッションモデルの時代へ》