夏に手コキオナニーはシコシコで暑くなって萎える問題は性家電で解決できる

暑い夏、じっとしていれば扇風機だけでなんとかやっていける。しかし、せめぎ寄る性欲、そんなときにサクッと手コキで済まそうと開始。最初は良かったものの、終わった頃には「自分」も「部屋」も少しモワモワ暑くなっている始末。「オナニーはかなり運動してることになる」と言われるのがよく分かる。原因はやはりシコシコ運動だった。

手コキオナニーは長引いて暑くなる

手コキオナニーは長引いても長引かなくてもやはりシコシコ動かすせいか自分も部屋も暑くなってしまう。さらに長引けば長引くほどさらに暑くなってその暑さで余計に快感が阻害されてどんどん長引く。そしてどんどん手が疲れて相当な運動量をこなしたことにもなりどんどん疲れるしどんどん暑くなる。ならばラブドールはどうかというとセックス中は気持ち良くてもやはり事後の後始末ですごく暑くなってしまう。手コキオナニーは夏に向かない。そしてその対策にラブドールでは事後に暑くなるといった代償がある。

暑さが増して快感が阻害されてどんどん長引く

シコシコ動かしているときに長引いてしまうとさらに暑くなった。なかなかイケずに数時間掛かったりする。おまけにどんどん暑くなってその環境に集中できなくなってどんどん快感が阻害されてしまった。

ラブドールは暑さを気持ち良さに変えられる。しかし事後が暑い

ラブドールならば暑さを汗だくセックスという感覚に切り替えれば暑いおかげでさらに気持ち良くなれる。しかし、手コキオナニーは暑くなれば暑くなるほどいけなくなり、そして、疲れてしまう。それが毎回お決まりだった。しかし、そんなラブドールも後始末がたとえ洗浄しない仮後始末でも作業量があって暑くなってしまう。セックス中は良くても事後に萎える。

手コキオナニーは暑い夏には向かない

「少しでも動けば暑い環境でいかに暑くならずに性欲に振り回される状態から開放されるか」その難題を自力で解消するには手コキでは「暑くなる」といった代償を被ることになる。そして長引いても長引かなくてもやはりシコシコ動かすその運動量で暑くなってしまう。手コキオナニーは暑くなる事態を避けられない。

「誰か抜いてくれればいいのに…」

「オナニーしたいのに、その件が面倒でしたくない、でもオナニーしたい、抜きたい、誰か抜いてくれないかなぁ…」といった願望が生まれる。その願望はラブドールでは満たせなかった。そしてそのピンポイントで誰も手を付けたがらない性欲。結局「そんなの人を利用すればいいのでは。」といった安易な解決策。

残念ながらそこにロマンはない。原始時代にだってできる。しかし、何かを発明するのが人間。そしてそれらは特定の人にしか再現できない。それは発明ではない。「誰でも誰かに抜いてくれる境遇を」その難題にぶち当たる。社会のひずみである。

電動オナホールが役目を果たしてくれる

蒸し暑い中、ちょうど夜に涼んできたとき、少しでも動けばまた暑くなってしまう、そんなときに決まってフワッと「オナニーしたい、抜きたい、ムラムラする」といった願望が訪れる。しかし、手コキオナニーはシコシコで暑くなって面倒、ラブドールはセックスは気持ち良くても後始末で疲れるので面倒…。

電動オナホールだからこそできる

そんな性処理の選択肢がことごとく潰されていくなか、名乗りを上げたのが電動オナホールである。電動オナホールこそがその狭間を満たしてくれた。電動オナホールは社会の不便さに潤いをもたらしてくれたのだ。「電動オナホールはオマケ」ではない。電動オナホールはガッツリとどのオナホールでも満たせない領域を担当してくれている。

しょぼい電動オナホールにはこの狭間を担当できない

そして、ただただ自動で動かすだけの金儲け目的なしょぼい電動オナホールではその社会にひずみに潤いをもたらすことができない。「家電」と名乗れるほど「人間に抜いてもらっている」「生き物に抜いてもらっている」感覚になれる「人を笑顏にしたいといった欲求が叩き込まれた」本腰の入った正義の電動オナホールが必要だった。しょぼい電動オナホールをあえて買わずに、本格的な電動オナホールを買う理由は個人的にはこれであった。

4年前にA10サイクロンSAが冷たい社会に温かさをもたらした

この言っても誰も理解してくれないような悩み。「我慢して手コキすればいいのでは。」といった冷たい返答が返ってくる社会の冷たさ。その社会の冷たさに温かさをもたらしてくれたのが4年前。それがA10サイクロンSAだったのだ。革命だった。娯楽ではない。革命なのだ。そして最近その新型が訪れた。それがA10サイクロンSA +PLUS(プラス)である。

性家電を名乗っているのはジョークではない

オナニーしたくても動かすのが面倒といった狭間、ならばラブドールはというと後始末で暑くなって萎える狭間、その手コキオナニーでも一般のハンドオナホールでも、ラブドールでも担当できない欲求を満たせる存在、それが性家電なのだ。性家電はその「言っても理解されないその悩み」を満たしてくれた英雄なのだ。性家電と名乗っているのはジョークではない。本気であった。電動オナホール、いや性家電の良い点、いやA10サイクロンSA+PLUSの良い点はここにある。

  1. 勝手に抜いてくれる
  2. さらに専用ホールも異端レベルに気持ち良いので即抜きできる
  3. 準備開始の手間は手コキオナニーに劣る。しかしラブドールよりはずいぶん早い
  4. 手コキオナニーと比べて即射精してしまう割には暑くならない
  5. 実際すぐ洗わなくても臭くならない。夏に8時間放置しても意外に平気
A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー