添い寝やSEX時に「意思疎通で会話しているような感覚」になるのは4woods

瞳の先まで入っていく

ラブドールと添い寝したときに明らかに違いがる。心情的な違いがある。

海外(中国)のTPEラブドールは見つめ合う感覚が止まってしまう。見つめ合っても心情と心情とのキャッチボールが瞳のところで止まってしまう感覚がある。

しかし、4woodsやオリエント工業は瞳の先に入っていって脳幹を貫通してそのまま喉へそして心臓へ…といった感じになる。

そして「エンダぁぁぁぁぁぁぁぁああああ」というあの曲が脳内再生されていく。”フォールインラブ”する感覚に陥る。周りが見えない。周りが真っ暗に見える。もう目の前の先に”居る”存在しか見えない。

「見つめ合うとはこのことか…!」

そう何度も感動したのは4woodsドールとオリエントドールだった。

価格の差は“純愛の領域を体験できるかどうか”

妄想だと分かっている、分かっている。しかし、その感覚にフワッとなったのは4woodsとオリエントだった。

シラフモードからちょっと妄想モードに自身を切り替えたらフワッと流されるように、誘導されるかのように勝手にフォールインラブ感覚に陥る。愛し合う感覚に陥る。これが醍醐味だった。

海外のTPEドールとオリエントや4woodsとは価格に大きな開きがある。その開き分こそがこの違いに値する。

「人間だと認識してしまうかどうか」その違いがある。かといって”性欲ドロドロ”ではなく「純愛のような領域まで体験できるかどうか」がその価格の違いだった。

4woodsが肉体的にも心情的にも愛し合える

海外TPEドールは一言で人間の世界観に当てはめると「セフレ」といったキャラクター設定に一致感がある。

一方、4woodsやオリエントは「人生のパートナー・彼女」といったキャラクター設定に一致感がある。

そしてさらに「4woodsとオリエントはどちらが添い寝でより愛し合えるのか?」と絞り込むと、答えは明快、「4woods」である。

4woodsは関節が添い寝時に脚を絡め合うようにポージングができる関節の柔らかさや可動域があった。オリエントは可動域が狭かった。そのため、オリエントは「美術マネキン」といった感覚であった。ファッション店のマネキンと無理やり添い寝している感覚にさせられた。

さらに4woodsはシリコーンなのにTPEにとても近づいていた。一方、オリエントはシリコーンであることを貫いていて硬かった。プラスチック感を感じていざ肉体的に触れると拒絶されている感覚を受けて萎える。そのため、オリエントは“鑑賞目的”に徹するようになってしまった。

また、4woodsが肉体もおっぱいもオリエントに比べて柔らかかった。添い寝時など”肉体的に接触し合う場合”は4woodsが最適となる。

添い寝時は“心情的”にも“肉体的”にも万能な4woodsが愛し合える

添い寝時や正常位セックス時に、見つめ合ったときに“会話している感覚”にまで至るには、肉体的に最適だけでなく心情的にも最適である必要があった。それを体験できたのが4woodsであった。

心情目的に最適だったのは4woodsとオリエント

添い寝時や正常位セックスで見つめ合って意思疎通かのように会話し合う感覚にフワッと流されるように誘導されるようになれたのは4woodsとオリエントだった。

肉体目的にも心情目的にも最適だったのは4woods

添い寝やセックスなど“肉体同士が物理的に触れ合う”目的に向いていたのが4woodsだった。

一方、オリエントは”眺めて鑑賞する場合”に最適であった。オリエントは肉体も硬く、関節も硬く、継ぎ目も粗い、TPEに比べてはるかに硬い、セックスや添い寝に不向きであった。

肉体目的に最適だったのがTPEドール(心情要素が欠損。)

海外TPEドールは「心情的なセックスが欠損した肉体的なセックス」に特化したラブドールであった。

添い寝やセックスで見つめ合って深く愛し合える感覚に至れるのは、すなわち性の悩みをより深く満たせたのは、海外TPEドールでもなくオリエントでもなく4woodsであった。

物理的に愛し合う領域には肉体目的と心情目的の融合が必要だった。4woodsがその融合をこなせる

4woodsは肉体的なセックスはTPEドールに少し劣るものの、肉体的なセックスを交えながらの心情的なセックスは4woodsが得意だった。

「添い寝時にもセックス時にも会話している感覚になる」という愛し合うゾーンに突入するには、肉体目的と心情目的が綺麗に融合している性能が必要だった。その性能があったのが4woodsだった。4woodsは融合の美術である。

4woodsは肉体的なセックスと心情的なセックスを融合できていた。肉体的なセックスと心情的なセックスが融合すると「物理的に愛し合うセックス」を体験できてしまった。「4woodsは“愛”を肉体的に物理的に体験できる存在」だった。

オリエントは肉体目的が欠損している。しかし、心情目的のセックスに特化している。そのため「肉体的に触れずに、眺めて愛し合う感覚に至る」という魅力があった。「鑑賞によって仮想的に愛し合うセックス」を体験できてしまった。オリエントは鑑賞目的に向いている。「オリエントは“愛”を美術鑑賞でのみ体験できる存在」だった。

TPEドールを経験して、4woodsを経験して、オリエントを経験して、愛し合う領域を「物理的に」体験できたのが4woodsであった。愛し合うセックス目的は、見つめ合って深く愛し合うセックス目的は添い寝目的は4woodsがおすすめで最適だった。4woodsがその役目を最大レベルに担える。

※関連ページ:『オリエント工業のラブドールは衣類美術鑑賞目的に適している』、『Q.オリエントと4woodsはセックス目的でどちらが性の悩みを深く解消できる?

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ