Q.「ラブドールにネックレスは付けたままでも問題ない?」初めてラブドール

A.【問題ある。】

サビ色が移ってしまう。

サビが染み付くように転写されてしまう

「くすみが移る」

TPE素材のリアルラブドールのネック個所に『手垢等で劣化しやすい数百円辺りの格安ネックレス』を付けたまま放置した結果、染み付くように転写されてしまった。茶色の錆びたものが擦りこまれるように残ってしまった。(シリコーン素材のラブドールではこのようなダメージは受けなかった。TPE素材は注意する必要がある。)

「洗っても取れない」

問題は「これぐらいの汚れは洗浄すれば取れる」と思っていたものの、洗っても綺麗に取れなかった。汚れがボディに残留してしまった。いざ洗うと「自転車のチェーンがズボンに擦れてなかなか落ちない」といったあの状態に似た落ちにくさが起こった。洗っても「基本的に落ちない!」と言わんばかりに落ちなかった。そのため、ネックレスを着せた状態から放置してしまってサビのようなくすみが転写されてしまうと萎えてしまう。

数百円ネックレスの場合は取り外すと汚れを回避できる

「数百円ネックレスは汚れる」

100円ショップに売られていたり、『ルピス(LUPIS)』等の格安アクセサリー店で売られているネックレス等は、触ったりした途端に輝きが失われてくすみ出すのが共通していた。(コーティングなどがされていないので安いとも言える。)

「影のように転写される」

そのサビくすみがボディのネック箇所に転写されるように汚れてしまった。ネックレスがそこにあったと言わんばかりに擦れ移ってしまった。「ネックレスの影みたい!」「ここにネックレス掛かっていたでしょう!」といったように残ってしまった。

「格安ネックレスは取る」

そのため、【「素手で触り出した途端にくすみ出す」といったタイプの格安ネックレスの場合は取り外すようにする】とボディが汚れるのを防げる。劣化するのを防げる。汚れると視覚快感がダウンするため「性の悩みをより深く満たせる性能が劣化する事態」も回避できる。

「格安ネックレスは外す。」と“取れない汚れになる事態”を防げる。

数千円のネックレスの場合は取り外す必要はない

「高めのネックレスは取る必要なし」

いくら触っても経年劣化等が起きずにくすんだりしないネックレスの場合は、何かコーティング対策されているネックレスの場合は問題は起きなかった。それらは3000円ほどのネックレスであり、格安グレードにはないネックレスの場合は取り外す必要性はない。また、直接触る前にサビ防止スプレー等で対策もできる。

ネックレスは取り外すと汚れない!

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ