ラブドールの洗浄は「風呂イス」が結局必要になった。- 初めてのラブドール

   

初めて胴体型ラブドール(トルソー)を手にした時、「浴槽の床に置いて洗えば楽に洗えるのではないか?」と思っていた。しかし、実際は違った。「もう洗いたくない」ほど重労働だった。そして初めてリアルドールを手にした時も、立ちバックの体勢にすれば風呂イスは要らなくなると思っていた。しかし、実際はそれも違った。重労働だった。結局、洗浄を楽にするにはどちらも風呂イスが必須となった。

胴体型ラブドールにも風呂イスが必要

胴体型のラブドール(トルソーラブドール)にも最終的に風呂イスが必要になった。最初、浴槽内の床に置いても楽に洗えなかった。かがむと疲れ、しゃがむと汚れる。洗浄が終った頃には背伸びして自身の体を整えないと腰が崩壊しそうになる。それに絶え切れず風呂イスを利用するようになってしまった。

浴槽床でかがんで洗うと身体が疲れる

かつて浴槽内の床に直接置いて洗っていた。しかし、ギックリ○になりそうで続かなかった。とにかく毎回の洗浄が億劫になった。洗浄するたびに疲れてしまう。洗っている最中はそこそこ我慢できても、そこから部屋に持ち戻そうと持ち上げた瞬間にギックリになりそうになる。それが毎回起こった。

浴槽床にしゃがんで洗うと身体が汚れる

しゃがんでラブドールを洗浄していると、その水しぶき等が自分の股間やアナルが再び汚れて何度も自分のカラダを再洗いする手間が生じた。何度も二度手間が生じた。ラブドールのボディを洗い、自身の身体を洗い、ドールの洗浄中に汚れが飛び散り、また自身の身体を洗い…その忙しいループが起こって洗浄が一苦労だった。

かんがんでもしゃがんでも続かない

かがむと重労働、しゃがんでも重労働、カラダがガンダムのように毎回疲れてしまった。ラブドールとのセックスは頻繁。続けられることが必須。風呂浴槽内の床では続かなかったため、急いでホームセンターに駆け込んで風呂イスを買った。そうしてラブドールを風呂イスの上に置いて洗浄したとき「今までの洗浄時の苦労は何だったんだ!」と言わんばかりにとても楽に変わったのだった。

リアルラブドールにも風呂イスが必要

リアルドールは立たせたまま洗えなかった。それをした結果、ポージング状態が崩壊して浴槽内で共倒れになって救急車を呼びたくなることが何度も起こった。そうして必然的に風呂イスが必要になった。

立ちバック手マンでは楽に洗えない

リアルドールになれば浴槽に立たせた状態で立ちバック状態の手マンで楽に洗えると思っていた。しかし、実際は違った。風呂場に持っていって立たせるポージング変更がとても重労働だった。特に股関節が硬くてまるで浴槽内で「ワンドアの45Lミニ冷蔵庫」を持ち上げるような重労働だった。

立たせたポージングで風呂浴槽内に持ち込むのは困難

立たせた状態で風呂場に持っていこうとすると色々な場所にレッグが引っ掛かって設置さえも重労働だった。ユニットバスで「トイレのふち」にレッグが当たったりしてさらに洗浄の手間が増えた。それだけでなく、伸ばしたレッグを浴槽に入れようと抱き抱えたまま後ろに反った瞬間に自身の体が崩壊しそうになって身の危機を何度も感じた。

立ちバック手マン中に崩壊して共倒れする

うまく立たせてポージング設置できても、いざ手マンで洗おうとしたときに、手マンでぐちゅぐちゅしてポージングがだんだん崩壊に近づいていって急に突発的にそのポージング状態が崩壊して浴槽内で共倒れになった。これがたびたび起こった。

共倒れしたときに救急車を呼びたくなるほど身動きがとれなくなった。恐怖を感じた。32kg以上の人型のものが浴槽内でのしかかられると身動きが取れなくなるのだ。そして何度も窒息しそうになった。「プロレスで人がのしかかっているのを見ているときに簡単に振りほどけそうに見えるがアレは非常に身動きが取れない状態」だとラブドールで知った。

後背位立ちさせるとレッグ曲がり箇所が裂ける

「後背位の状態にすれば楽に洗えるのではないか」と思っていた。しかし、実際にそれをした結果、レッグの曲がる箇所から裂け始めてしまった。さらに床面に接触しているそのレッグ箇所の劣化が急速に進んでしまった。汚れている見た目が急速に進んでしまった。さらにその洗浄後にそのポージングの状態から部屋場に戻す際の持ち上げ時にギックリになりそうになった。

最終的に風呂イスに座らせて洗うのに行き着く

胴体型ラブドール(トルソードール)も四肢型ドール(リアルドール)もどちらも最終的に「風呂イスに座らせて洗う」のが洗練された楽な洗い方だということに行き着いた。「トルソーからリアルドールに移ればもう風呂イスは要らなくなる!」と思っていたがそれは起きなかった。トルソードールもリアルドールもどちらも風呂イスが必要だった。結果、ラブドールの洗浄には風呂イスが必要である。

(※写真内トルソードール:ガールフレンド第2章

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP