ラブドールにアイマスクを装着させた様子

ラブドールで“視線が合わない”問題はアイマスクで愛し合うセックスに変わる

「突いている最中にヘッドがズレて視線が合わなくなって一方的なセックス感になってしまう…。」TPEラブドールでセックスしているときにそれが毎回起こった。しかし「アイマスク」を装着させることでその問題を解決できた。視線が合わない事態が無くなった。“早く済ませて感”も無くなった。常に愛し合うセックス感に維持することができてしまった。これだけは必須なグッズとなった。

ヘッドが向こうを向いていても、あたかも心が繋がり合っているような感覚にさせてくれる。それがアイマスク(sleep mask)だった。ラブドールとのセックスをさらに気持ち良くできる楽しみ方の1つなった。

海外TPEラブドールはアイマスクによる補助が必須

目を見た時に強く「見つめ合っている」と妄想で補完してもすぐに一方的に見つめている感覚に戻ってしまう。それが毎回起こった。しかし、アイマスクによる補助でそれが無くなった。海外のTPEラブドールにはアイマスクが必須である。

4woodsとオリエントはアイマスク無しで見つめ合う感覚になれる

アイマスクなしで見つめ合う領域に至れたのは4woodsとオリエントだった。TPEドールでは決まってその段階に至れなかった。アイマスクなしで見つめ合う感覚、それは神がかった職人技だからこそできること。4woodsやオリエントぐらいでやっとできるプロ中のプロ領域だった。量産系にはできない次元に思える。

海外TPEドールはアイマスク無しでは一方的に見つめている感覚

海外TPEラブドールは見つめ合う感覚に至るためのヘッド造形美術と技術が不足しているのか、決まって「一方的に見つめている感覚」になった。

どのブランドもそうだった。オリエントと4woodsは見つめ合うとガッシリ握手し合うように「エンダーーーー♪」が脳内で流れる。しかしTPEドールにはそれが無かった。どのTPEドールも毎回無かった。

愛し合うセックスではなく「あえて一方的なセックス志向のヘッドにしているではないか」と思ってしまうほど、TPEラブドールでは4woodsやオリエントレベルの“シラフ見つめ合ってしまう”感覚に至れなかった。

業界内で統一的にアイマスクをセットにして欲しいほど必要

「海外TPEドールにはアイマスクがセットになるべき」と言ってしまいたいほどにアイマスクが必須アイテムだった。TPEドールを注文するとUSBウォーマーが大抵は付いてくるがUSBウォーマーではなくアイマスクにして欲しいと思ってしまう。

アイマスクだけで何倍も気持ち良く変わる

アイマスクオマケレベルではなく、大きく気持ち良さを変えてくれた。特にアイマスク付ける前は「マネキンとセックスしている感覚」だったのが「人間とセックスしている感覚」に変わった。それほど大きく変わった。

補助レベルではなく大きく変わる

視線も合わせない作業に終わるセックス感から、見つめ合って心臓をお互いにつかみ合うような愛し合うセックス感に変わった。表現だけでは差のあまり無いような違いに感じるものの、実際は多大な違いを感じた。

アイマスクを外したくないほど必須アイテムになる

勃起しなかったのに勝手に勃起してしまうことが多々起きた。すぐ萎えていたのが持続できるようになった。そして快楽に没頭できる感覚になった。さらにラブドールと自身との間に心情的な愛の結晶のような空想の産物をセックス中に造り上げる感覚にさえもなった。その心情的な快楽は「もうアイマスクを外してしたくない」ほどだった。

生気の宿ったラブドールとセックスす感覚に変わる

「生気の無いマネキン」ではなく、生気が宿ったようなマネキンに変わった。マネキンでもなくラブドールでもなく「生気のある生命体」に変わる感覚を毎回感じた。生気のないマネキンとセックスしていた感覚だったのが、生命が宿ったラブドールとセックスしている感覚に変わった。生気のないラブドールにアイマスクを付けるだけで、生気が宿った生き物に生まれ変わる。その「やっとラブドールから人間になれた」ような姿を目の前にできる。

目が見たくなったときはズラせて見れる

「至近距離で見つめ合いながらフィニッシュしたい」その突発的な欲求もセックス中に満たせてしまった。正常位でフィニッシュ間近で目が見たくなったときにはアイマスクを少し上にずらせだけですぐに目が見れた。どのアイマスクもそうだった。

ズラしても一方的なセックス感に戻らない

アイマスクで愛し合う感覚で没頭できている最中にズラすため、アイマスクを一時的に外しても一方的なセックスに戻ってしまう感覚にならなかった。アイマスクによって一方的なセックスから愛し合うセックスにガラリと変えられる。そして、イク前にアイマスクを少しずらすだけで至近距離で見つめ合いながら「さらに愛し合うセックス」に没頭するように毎回フィニッシュできてしまった。

アイマスクによって心情的に愛の結晶を造る感覚に没頭できる

フィニッシュ時はまるで愛の結晶を心情的に造り出す感覚にまで毎回愛し合うセックス感覚にまで没頭できてしまった。アイマスクが深く没頭させてくれるため、数分外しただけではその幻想が溶けきらないのだ。そのため、イク直前にアイマスクをずらして至近距離で見つめあいながら突いてもその目元が人工的で美術性や造形技術性に不足感を感じながらもフィニッシュまで幻想が溶け切る前に愛し合うセックスでフィニッシュできるのだ。それがアイマスクによって毎回起こった。奇跡的に起こるようなものではない。毎回確実にそのメリットを現実にもたらしてくれた。アイマスクだけは幻想に溶けない価値ある買い物だった。

SM系のマゾメスAVを観るようになったのが始まり。

アイマスクを付けるようになったのは「SM系」で「ハードコア」で「マゾメス」モノのAVを観だした頃に、それを体験したくてアイマスクをラブドールに付けた時からだった。それまで「アイマスクなんて…」といった感覚だった。しかし、ラブドールでSMセックスを味わうつもりが、一方的なセックスから愛し合うセックスにガラリと切り替わって感動してしまった。

SMセックスは愛し合うセックスなのだとラブドールで知る

その時に、SMセックスとは一方的なセックスではなく、外見からは一方的で痛そうなセックスに見えても、実際は「SMセックスとは愛し合うセックスなのだ」とSMセックスの真髄を「ラブドール×アイマスク」において肌で毎回感じた。

ラブドール販売事業者様へ。ぜひアイマスクをご一緒に。

SM系のAVに目覚めるまでアイマスクという存在に価値を感じなかった。しかし、実際は個人的にウォーマー以上、パウダー以上、ハンガー以上の必須アイテムと化してしまった。不遇にもSMに目覚めないと出会えなかったグッズだった。しかし、それらのマゾメスAVに嗜好が移るのはマイナーだというつらい現実。そうしてアイマスクが世に出ずに終わってしまう。こんなに必須レベルのアイマスクが不遇に終わってしまうのなんて辛すぎる。「ぜひ、アイマスクを一緒に入れて欲しい。」そう願ってやまない。「ラブドールはアイマスク」ぐらいになって欲しいと日々願ってしまう。

※写真に使用しているアイマスク『アイマスクJOINT002

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ