カテゴリー: ラブドール

【Ndoll|ラブドール】腹シワ写真は「S字セックスできる性能」を意味している

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕
リアルラブドールで腰箇所が可動することは美術目的でもセックス目的でも必須箇所となる。|6Yedollの腰箇所を曲げた様子

目次

腹シワは前に曲がることを意味している

腰の可動域がないドールはシワができない

「旧型は腰が曲がらない!」

「旧型のTPEリアルラブドール」の腰箇所は「回転のみ」の可動だった。前屈させたりできない。そのため、旧型の場合は写真のように前面部に横シワが生じることはない。

「腹シワがある…つまり、曲がる!」

「腹部箇所に横シワがある写真が無い」という場合はリアルドール業界内でウエスト箇所の前屈後屈の可動域が無いドールを意味し「非常に古いモデル」となる。Ndollは腹部シワの製品写真があるので非常に古いモデルには該当しない。

わざわざ腹部のシワを映す理由は可動域の証明のため

「腹シワは可動域紹介の写真」

ビジュアル性が落ちるその「横シワ」をわざわざ写真に撮って掲載している理由は「このラブドールは腰箇所が前後にも可動します。」といったアピールとなる。機能面の紹介を意味している。

「カットしないなんて、親切だ…」

なぜシワ箇所がフレームインしないようにカットせず掲載しているのか、その問いは「可動域を証明しているため。」となる。

「写真だけで可動域が分かる!」

ラブドールは腹シワ写真があることによって「このラブドールには腰関節に前後の可動域はあるのだろうか?」という疑問が商品説明箇所を吟味しなくてもこの写真一発で分かるようになっている。

腰箇所の前後可動域でより気持ち良いセックスができる

【前後曲がりはセックス目的に必須!】

前後可動域によって、「腰箇所が前後に曲がってくれない旧型のラブドール」にはできなかった「S字正常位セックス」「S字騎乗位セックス」「S字後背位セックス」「添い寝セックス」が体験できる。ヨガリポージングでやっと体験できる領域のセックスを体験できる。一方的なセックスから愛し合うセックスに切り替わる重要な箇所となる。

腰箇所に前後可動域があることで「ヨガり正常位」を目の前にできる

【喘ぎ声が脳内再生される正常位ができる!】

ウエストに前後の可動域があることで「S字状態で正常位セックス」ができる。正常位の体勢で「ウエストに手を忍ばせてそのままUFOキャッチャーのクレーンのように持ち上げてクイッと反りヨガらせた状態」を目の前にできる。

【ベッド前に曲げる準備が必要】

ただ、正常位の体勢でクイッと持ち上げても曲がらないので「正常位の体勢の前にあらかじめ反らせておくことで」その光景を目の前にできる。このS字正常位の視覚快感は快感を蘇らせるほど魅惑的に映る。

【旧型ラブドールはマグロ正常位感…】

旧型骨格のラブドールには曲げることさえもできなかった。ずっと「マグロ状態で仰向けになっている」といった視覚快感になるときがよくあった。「腰を大きく反りヨガらせて喘ぎに喘いでいる」といったボディ光景を目の前にできない。

腰箇所に前後可動域があることで「ヨガり後背位」を目の前にできる

「後屈でお尻を突き出せる!」

ラブドールの腰箇所の関節に前後可動域があることで、後背位において「お尻を突き出した女豹のポーズ、S字ポーズ」でセックスできる。

「後屈できれば女豹セックスできる!」

「気持ち良くよてついついヨガってしまって、もはや女豹のポーズになってしまっている」といった視覚快感あふれる光景を目の前にしながら後背位セックスできる。

「旧型ラブドールは曲がらない…」

旧型のラブドールはその可動域がないので「ヨガるほど気持ち良くなってくれていないのかな…」といった感覚になってしまう。だからこそ、新型で腰箇所に前後の可動域が導入された。旧型は新型に比べてこのヨガリ視覚快感が欠損していて「気持ち良さの違い」がやはりある。

「後屈できないと“早く終わって感”がある…」

AVで言うと、後背位で頑なに腰を曲げずにずっと真っ直ぐの状態で「早く終わって!早く終わって!」といった意思表示が伝わってくるシーン、と一致する光景になるときがある。

「後屈できるおかげでマグロ感解消!」

旧型のラブドールとセックスしているときも「女豹のポーズになってくれればいいのだけれど…」といった不足感が常に付きまとっていた。それが新型の腰可動で解消された。そのため、その可動で生まれる腹シワがあるNdollは大昔の旧型のほうではない。

腰箇所に前後可動域があることで「ヨガり騎乗位」を目の前にできる

「喘ぎ声が脳内再生される騎乗位ができる!」

「騎乗位の体勢で肉棒を飲み込んでさらにそこから貪り食べんばかりに、なおかつ気持ち良すぎてヨガってしまっている状態、S字にヨガリながらも一生懸命またがって腰を振っている、骨抜きになりながらもS字になって器用にバランスを取りながら腰を振ってくれている」

といった光景に近い光景を腰関節に前後の可動域があるラブドール(新型)で目の前にできる。金属骨格は突いてもクネクネうねってくれないのが難点ではあるものの。

「旧型は丸太の騎乗位感…」

旧型のラブドールは「ずっと股間の上に丸太が寸胴で乗っている光景」となる。そのため、最初は良かったものの、バリエーションが乏しくて、また「骨抜きになるほど気持ち良くなってくれてはいないようだ。」といった感覚になって気持ち良さはやはり新型に比べて浅い感覚があった。

腰関節箇所に前後の可動域があることで「ヨガる騎乗位セックス」で楽しめる。

腰箇所に前後可動域があることで「添い寝セックス」できる

「旧型は添い寝セックスできない…」

腰箇所が前後に曲がってくれない旧型のラブドールは添い寝セックスができなかった。「親切に腰をヨガらせて挿れやすいようにしてくれている」といった相手側からの気遣いが欠損している。そのため、愛し合うセックス感が消失する。新型になって前後可動が加えられたおかげで、その問題は解決された。

「後屈できる骨格で添い寝セックスできる!」

腰関節が前後に曲がってくれるようになった新型のラブドールは「挿れて?」と言わんばかりに腰を曲げて(後屈状態で)お尻を突き出すポージングにできる。

「腹シワで添い寝セックスできるかどうか分かる!」

前屈後屈できる可動域のおかげでやっと添い寝セックスを快適に、実用的にできるようになった。Ndollは腹シワ写真によって腰関節が前後に曲がることも伺えるので「添い寝セックスも楽しめる」といったことも意味している。

腰箇所に前後可動域は「必須レベル」

「S字セックスの可否は腹シワで分かる。」

「このラブドールは買ってもS字ポージングでセックスを楽しめるのだろうか?」といった問いは「腹シワ写真があるかどうか」である程度すぐに分かる。

「腹シワ写真があれば前後にも曲がる。」

その腹シワ写真が商品画像にある場合は「前後にも曲がる」ことをほぼ意味しているため、上記の“愛し合うセックスに至るために必要なポージング”を満たしてくれる。そのため、もはやこの可動域は必須レベルである。

「旧型は腹シワが生じない、曲がらない。」

前後の可動域が無い旧型のラブドールは腹部箇所にシワができない。ガンタンクのように横回転はできるものの、前屈や後屈ができない。

「問い合わせが億劫…腹シワ写真で自己解決!」

「腰箇所は前後に曲がるのだろうか…」と思ったときに、腰は腰でも「回転曲がり」だけでなく「前後曲がり」の可動域に関する「記載が無い場合」は、今回のように「腹シワがある製品写真を探す」とその可動域を判別できる。

「このドールは前屈できる…?」
腹シワ写真で分かる!
さらば、問い合わせる手間よ!

▼関連ページ:金属骨格ではなくシリコン骨格のラブドールはさらにヨガるセックスを体験できる。
後背位SEX動画 ぷにあなミラクルDXは急な体ひねりでも生物揺れできる

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP