ラブドール業者側の言う「マシュマロ感」の内情

マシュマロ感は「パウダー時」であり「触り撫で感」のこと

ラブドールの業者側が「マシュマロみたい」と商品説明等で記載しているときは、素体ではなく「パウダー塗布状態」であり、なおかつ触り心地は触り心地でも「撫で心地」を意味している。

素体にパウダーが塗られて届く

届いたときに触ったらマシュマロ撫で感な理由はパウダーがあらかじめ塗られて届くためであることが多かった。洗浄を数回繰り返すと塗られていたベビーパウダーが取れていく。そして本来の感触である人工的なゴム摩擦撫で感に変わってしまう。毎回そうであった。素体の状態でマシュマロ感ではない。素体にパウダーが塗られた状態が前提として業者側が言っていることが多々ある。

揉み感ではなく触り“撫で”感を意味する

触り心地であって揉んだときはゴム感がある。洗ったときはペタペタだったりゴムな触り心地だったのが無くなり、その肌触り撫で感がマシュマロみたいな「摩擦感のないしっとり感」になるだけとなる。

「触る(揉む)」となるとやはり人工感を感じる。しかし「触る(撫でる)」のときはマシュマロ感になる。

そのため、本当にベビーパウダーを塗ったときに「揉んでも撫でてもシラフでマシュマロだと感じる」には「ベビーパウダー無しの素体段階ですでにふにゅふにゅなボディ性能のラブドールである必要があった。そのラブドールは現時点では滅多に存在しない。

素体の状態でマシュマロ感のラブドールは滅多に無い

洗ったらそのマシュマロ感が無くなるのが普通であり、元々の素体の状態でマシュマロ感のラブドールは現時点では無いといって過言ではない。

ただ、例外的に2018年にオナホール業界から登場した『ぷにあなミラクルDX』は「手」で触れたときは案の定パウダーを塗らないとマシュマロ感にならなかったものの、「体」で触れたときはなんとパウダーを塗らない状態でマシュマロだと「シラフ」で感じられたラブドールであった。

ぷにあなミラクルDXのQ&A

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ