「ラブドールの添い寝で癒されたい!」時は“乳首が大きいこと”が必要 ※例: 6YEdoll

著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「ラブドールの添い寝でより癒やされたい!」といった場合に「乳首箇所が大きいか大きくないか」でその癒やされ度は大きく違った。やはり「乳首箇所が大きいほう」がより深く癒やされる。視覚快感が濃厚になってくれる。

乳首が大きいことで「性のプロに包まれる癒やし」がある

「すごい、乳首開発している…」「女性はエロいことを隠して過ごしてるってよく言われるけれど、この方はすごくエロそうだ…」といった妄想が勝手に走っていく。

このときに「非常にエッチな痴女に包まれる癒やし」を感じる。「性のプロに包まれる癒やし」を感じる。添い寝後にセックスする際も「この後に痴女とセックスするんだ」といった癒やし感ももたらされる。

このような癒やしの深さ、すべて痴女に身を任せてしまうような癒やし、癒やしの湖に身をゆだねるような癒やし、そのような深い深い癒やしを体験するには、やはりラブドールの乳首箇所が大きいことが必須であった。

添い寝しながらデカ乳首を眺めているだけで癒やされる

眺めているだけで癒やされる。「今日ネット環境が壊れて今日一日中ネットが使えなくて非常に不便な日を過ごした日」でも、そのラブドールの大きな乳首を添い寝で眺めているだけで癒やされていく。悩みが少し消えていく。

触らなくても癒やされていく。眺めているうちに勝手に唇が「今にも吸おうと言わんばかりの唇」に変わってしまうほど、眺めているだけで癒やされていく。

「眺めているだけで癒やされる」といった次元に至るにはやはり乳首が大きいことが必須であった。

乳首が小さいと癒やしレベルが大幅に減る

ラブドールの乳首箇所が細かったり、乳首の幅が大きくても高さが低かったり、乳首のどこかの1辺が短いとやはり癒やしレベルが大幅に減る感覚があった。視覚快感が大幅に減る。

眺めているだけで癒やされるレベルの視覚快感に至るにはやはり、ラブドールの乳首箇所が高さも幅も両方とも大きいことが必須だった。

ここが普通だったり、細かったり、ボタン乳首でも高さが低かったり、そのような乳首はやはり「乳首は開発していません=エロにはあまり興味ありません」といった感じになってしまい、「性の癒やしの女神に包まれる感」が無い。

「性的な女神に身を預けるような癒し」を勝手に妄想してしまうほど視覚快感が強烈だったのはやはり、乳首が大きいことがその視覚快感の要素に必須に感じる。

添い寝目的時は乳首が高さも幅も大きいほうを選ぶ

リアルドールも含めてラブドール選びで迷った際は「乳首が大きいほう」を選ぶと、添い寝もセックスもより深く楽しめる。そしてより深く癒やされる。

「添い寝で癒やされたい」
といった場合は
乳首が大きいほう!

▼関連ページ:6YEdollは他のラブドールに比べて乳首がビンビンで大きいので飽きない

リアルドール『6YEdoll』の乳首箇所|業界内では非常に大きい。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ