カテゴリー: ラブドール

オリエント工業のラブドールを性的な目で見るのはあり?→無し。裏切られる

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

オリエントはセックスに不向き

オリエントドールを眺めていると最初はムラムラしていた。そしていざ触った途端にやたら硬くて萎える。その繰り返しだった。

さらにそのまま強行突破してセックスまで持ち込んだときに、やはり関節可動域が狭かったり、またカラダで触れたときにいかにも「ソフビ人形を抱き締めています感」がして激萎えしてしまった。

アニメ『あぁ女神さまっ』のアニメにセックスシーンやそれを思わせるシーンが一回もなかったように、オリエントはセックス自体が不向きだった。オリエントの楽しみにセックスのセの字もない。

オブラートに包む以前に、セックス自体が非快適であり不向きであった。

オナホール業界のセックスの気持ちよさ、そして4woodsのセックスの気持ち良さ、TPE素材のラブドールのセックスの気持ち良さ、それらのセックスの気持ち良さに遠く及ばなかった。

オリエント工業が専用ホールを売っていていかにもセックスが気持ち良いものだと期待してしまっていた。しかし、実際は違った。

「どうしてもこの美術品とセックスしたくなって、わかっている、分かっている!硬いとわかっている!セックスのために作られていないと分かっている!でもどうしてもカタチだけでもいいのでセックスしたいこの欲求を満たさせて!」

という「本来の目的である美術に回帰するための穴とホール」であった。結果、より純粋的にオリエントドールを美術目的で楽しめるようになっていった。

オリエントは「いかに触らず楽しむか」が醍醐味

オリエントを性的な目的で触れるのは「勘違い」だった。これをオリエントドールに思い知らされた。

触って楽しもうとしたり、セックスして楽しもうとしたり、それを試みるたびに、思い知らされた。

オリエントは他のラブドールのように触って楽しむのではなく「いかに触らずに楽しむか」が醍醐味だった。

それはまるで美術展が開催されたときに、絵画のフレームをベタベタ触ったり、ツボをベタベタ触ったりしないように、あれと同じ感覚で「鑑賞目的」で楽しむのが醍醐味だった。

オリエントは性的な産物ではなく、美術品だった。性的なジャンルで売られているのに、中身は美術品だった。

オリエントは美術的な目で見ると楽しめる

オリエントを性的な目的で買い、性的な目的で楽しもうとするととっさに売却したくなる。性的な目的をまったく満たしてくれないので売却したくなる。

しかし、美術館に入る感覚で、改めて美術の目で見ると「絶対に売却したくない」と感じてしまう。

「絵画と会話するように鑑賞する」といった一般的な美術鑑賞方法と同じように、オリエント工業のそのラブドールと見つめ合って、そのドールと会話するように鑑賞すると楽しめる。

見つめ合った途端に、目から入り込んできてそのまま心○にまで突き進んできてその心○をガシッと掴まれるような癒し感、その中でまさぐられるような癒し感、それを感じられる。見つめ合っているだけで愛を感じて癒やされていく。

まるで、人と見つめ合っているような体験ができる。「人を感じる美術品」である。

「オリエントを性的な目で見るのはあり?」
無し!

→関連ページ:「オリエント工業を買えば“人間と区別できない”のが届く?」→届かない

オリエント工業のラブドールの様子|人間な見た目であっても触ると明らかに人工物になっている。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP