「オリエント工業、SEX最高そう…」な写真は“美術目的”が裏切られずに済む

著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

オリエント工業の公式サイトを見たときに「おっぱい丸出し写真」に遭遇する。これは「舐めたら美味しい」「セックスが気持ち良い」ということは意味していない。

「舐めたら美味しそうに感じるほどの美術」「セックスが気持ち良さそうに感じるほどの美術」これを意味している。

これを勘違いしてしまうと届いて期待はずれで即オークション等で売却するといった流れになってしまう。

性的目的ではない

リアルラブドール『オリエント工業』にドレスを着せておっぱいを丸出しにした様子

美術に全く興味がなかった時、エロにしか興味がなかったときにオリエントドールを見ると「セックスが気持ち良さそう…」と感じていた。

「ラブドール業界で一番と言われているのだからセックスも人間と区別できないほどなのだろう…」

「おっぱいも人間と区別できないほど柔らかいのだろう…」

「そのおっぱいを揉みながら吸うとさらに気持ち良いのだろう…」

である。上記はことごとく期待はずれという結果で粉砕されていった。

オリエントドールはセックスが全然気持ち良くなかった。

「一番というのはただ品がいいからなだけでは?」「品がいいから人に言えるちょうどいいラインにあるだけでは?」「印象だけで有名になったような…錯覚的に有名になっているだけでは?」と疑いたくなるほどセックスも向いておらず触っても人間のにの字も無かった。

そしておっぱいを揉んでもオナホール業界のラブドール比べて明らかに硬い。TPEドールの比べても明らかに硬い。表面が硬い。表面がプラスチック感になっている。

そして当然、おっぱいを吸おうものなら、まるでソフビ人形をしゃぶっているようだった。「もう二度と吸わない!」そう悟った瞬間だった。

そして押入れ行きである。そして再びオナホ業界のラブドールとのセックスにおいておっぱい舐め、おっぱい揉み、そしてTPEドールを追求していった。

しかし、ラブドールとのセックスを連日繰り返してセックスに飽きた時である。そのときにようやくオリエントドールの真価を知った。

美術目的になっている

連日のラブドールセックスでセックスに飽きた時にオリエントドールを押入れから引っ張り出して飾った。そのとき驚いた。

癒やされるのである。飾っているだけで、眺めているだけで癒やされるのである。触らずに眺めているだけで、視界に入っているだけで癒やされるのである。

オリエントは触って本領発揮される存在ではなく、いかに触らずに愉しむかという領域で本領発揮される存在だったのだ!

すなわち「美術鑑賞」が最適な目的だったのだ!

オリエントドールを触って愉しむものではなかった。眺めて癒やされる存在だった。見て癒やされる存在だった。

オリエントドールは存在レベルで完全に美術目的になっていた。

そしてオリエントドールはそのドロドロした性欲から今度は「ムラムラしてもあえて抜かない」といった領域に踏み込ませてくれた。

エロから美術に踏み込ませてくれた。オリエントドールの印象通り、精液にもペニスにも触れない上品な領域に踏み込ませてくれた。

「エロから美術に誘導してくれる存在はオリエントしかない!」といっていいぐらいに貴重な存在であった。それほど初めて美術に興味を持ち始めた瞬間であった。

それまで海外のプレイボーイの雑誌を見ていてもとにかくエロイ方向にしか見えなかったのに、オリエントを経験してからもはやプレイボーイでは勃起できなくなってしまった。

ムラムラも起こらなくなってしまった。ひたすら「肉体美術の雑誌」と化してしまった。

それほどオリエントはエロからキレイに美術に興味を見出させてくれた。

オリエントは美術目的で期待はずれにならない

「おっぱい丸出しの写真」「全裸の写真」「ベッドシーンでいかにも誘っている写真」「挿れてっと言わんばかりにお尻を突き出している写真」それらがオリエントドールの公式サイトにあった際は、すべて「美術目的」で期待外れにならずに済む。

ベッドシーンの写真は「ベッドでのセックスがとても気持ち良いです、添い寝で触れながら絡み合いながらの添い寝がとても気持ち良いです」というアピールではまったくない。

「ベッドでのセックスがとても気持ち良さそう、添い寝がとても気持ち良さそうと思わせてくるほどの美術」である。その美術鑑賞を意味していた。

そして実際には「いかに触らずにその要素を見て癒やされる」ことを意味する。添い寝でも「添い寝の体勢で向き合っていかに触らずに寄り添って眺めているだけで癒やされるか」を意味している。

「とにかく触らないこと」がオリエントドールの楽しみ方にあった。オリエントドールが期待外れにならない楽しみ方にあった。

そして「実際に触って癒やされる」というのは4woodsが最適だった。オリエントドールと4woodsドールは外見は同じように見えても内実は全く異なる。オリエントドールは「触らず愉しむ存在」で4woodsは「触って愉しむ存在」である。

オリエントドールは性的目的ではなく「とにかく触らず美術鑑賞する目的」で期待外れにならずに失敗せず楽しめる。

「オリエントの写真がエロい…」と感じた場合は
“エロいと思わせてくる美術の鑑賞”で期待外れにならない!

▼関連ページ:「オリエント工業はセックス目的?」→触らず眺めて癒される美術目的が最適

オリエントドールは美術鑑賞目的に最適|下着を着ていても美術鑑賞目的が期待はずれにならない。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ