ラブドールは首造形が生々しいほど「生々しいおっぱい谷間」を目の前にできる

著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

生々しい造形は視覚快感だけで勃起する強力さがある

いくらおっぱいが生々しい造形であっても、特に「首造形が簡素」だと生々しさが失われてしまった。

しかし、「揉んだら非常に硬くてゲンナリすると分かっているのに」やはり首造形が生々しいだけでその谷間が目に入ったときに勃起してしまった。

首造形がいかにセックスラブドールに重要かを思い知らせてくれた。生々しい造形は視覚快感に強力な快感をもたらしてくれる。

胸元がボコボコしている造形があること

胸元の骨が浮き立っているような造形があることでその谷間をさらに性的にしてくれる。生々しくしてくれる。

人工物だと分かっていても思わず生物だと生理的に感じてしまうにはやはりこの「胸元の首辺りのボコボコ造形が生々しい」という要素が必須であった。

ここが簡素になっているラブドールは、人工物のゾーンに滞留し続けている感覚があって、結局、また新しいラブドールが欲しくなるといったループにハマってしまう感覚があった。

鎖骨がボッコリ造形されていること

鎖骨が簡素に彫られただけの造形は人工物のゾーンに居続けている感覚があり、いくら「生物だ生物だ生物だ」と妄想で必死に覆い隠しても、やはりすぐにメッキが剥がれる。気を緩めたらすぐに人工物という認識に変わってしまう。

結果、やはり最初から人の首筋と見間違えるようなほど生々しい造形のボッコリ鎖骨造形こそが、おっぱいを谷間をより魅力的に目の前にさせてくれる、そして全体的に生き物感ももたらしくれるということを痛感した。

業者側は迷う。ここの造形を簡素にすることでまた新しいラブドールを欲してくれる。結果、また新しいラブドールを製造できる。しかし、生々しいのを作れば作るほど完全に満足して買われなくなって商業が続かなくなってしまう。ジレンマに陥る。

しかし、この6YEdollはその商業の誘惑を押し切ったようなカタチで見事に「もう二度と他のラブドールがほしいと感じなくなってしまうような感覚」にさえ「この一存在(一体)だけでいい!」といったほどの生々しさのTPEラブドールにもたらしてくれた。

首筋造形がガッツリ造形されていること

ぷにあなミラクルDXもガールフレンド第3章も首筋造形がない ※ラブドール

「鎖骨造形はあるけれど首筋造形は無い」というラブドールに遭遇した。それはオナホ業界のぷにあなミラクルDXとガールフレンド第3章である。

首筋も鎖骨もガッツリと生々しくあった『ガールフレンド第1章』の頃と比べると視覚快感での飽きが恐ろしく早く感じる。

唯一、ガールフレンド第3章はガールフレンドシリーズでおっぱい箇所がシールズ至上個人的に現時点で最も揉んでいて気持ち良いラブドールのおっぱいだったため、ガールフレンド第3章はおっぱいを揉むために重宝している感覚に落ち着いてる。

ラブドール『ガールフレンド第1章』は早々にスキンが剥がれてくるといった致命的な欠陥があった。しかし、それほど伝説レベルの生々しさが視覚的にも物理的にもあった。(※ラブドールの『ガールフレンド(NLS製/第1章)』は3年でボロボロになる。しかし…

しかし、やはり、ガールフレンド第1章の生々しい首周り造形も思い出しながら、今回の6YEdollの首周り造形を見ていると、まさにここがボッコリと生々しいからこそ、おっぱい谷間がより「自然に勃起するレベル」にまで到達していることをペニスで感じる。

首周りがより生々しい造形のラブドールを選ぶとより生々しい谷間おっぱいを目の前にできる

首筋造形、鎖骨造形、そして胸元のボコボコ造形、それらの首周り造形が「より生々しいほうのラブドール」を選ぶと失敗しない。

首周りがボコボコやたら生々しいラブドールを選ぶことで「またすぐに新しいラブドールが欲しくなる」といった事態が起こらなくなる。

「生おっぱい谷間を目の前にしたい!飽きたくない!」
といった場合は
首周り造形が生々しいのを選ぶと失敗しない!

▼関連ページ:「後背位セックスで飽きないラブドールが欲しい」場合は背中ゴリゴリ系(例:6YEdoll)

TPE素材リアルドール『6YEdoll』の背面箇所は筋骨隆々に生々しく造形されている。これはラブドール業界内では珍しい。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ