カテゴリー: ラブドール

「ラブドールの”おっぱいの大きさ”で迷う…」→大きいほうが全般的に飽きない

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「EカップとFカップで迷う…」

物足りなく感じてしまう

EカップのラブドールとFカップのラブドールで迷った際はFカップのほうを選ぶと飽きない。未練を感じない。

Eカップのラブドールにおいてセックスしていると「物足りない…もっと大きかったら…」と感じることが多々起こった。

なのでもしFとEで迷った際にはFが失敗しない。

ちょうどいい大きさだと妥協するのは続かない

Eカップドールにおいて「ちょうどいい大きさ」「十分な大きさ」そんな自己説得で妥協していた。

しかし、Eカップのラブドールとセックスするたびに感じる。「あの時、おっぱいが大きいほうにすれば良かった」そう感じるシーンに遭遇する。たびたび遭遇する。

「Eカップはちょうどいい大きさ」という自己説得は続かない。メッキが剥がれる。

GカップでもEカップのブラを着せられる

「Eカップのほうがブラジャーの種類が市場にいっぱいある」といった自己説得もしていた。しかし、GカップでもFカップでも「Eカップのブラ」を普通にピタッと着せられたのである。

この事実を目の前にしてよりいっそう「あの時、オッパイがより大きいほうを選んでいたらよかった…」と後悔が生じたキッカケになってしまった。

Eカップは美術的な面のみで楽しめる

そしていざFカップやGカップのラブドールを経験するとEカップのラブドールには「美術的な面でのみ楽しめる」といった感覚になっていった。

添い寝そしてセックス、それら機能的な面で楽しめるのは「オッパイが大きいほう」である。Eカップは美術目的でのみ楽しめる。

添い寝でより癒される

眺めているだけでおっぱいに埋もれる体験ができる

添い寝で大きいおっぱいを目のすると飽きない。しかし、Eカップは飽きが生じていった。

大きいオッパイならば添い寝で「おっぱいに埋もれそう」「オッパイに囲まれている」そんな感覚を目の前にできて感動してしまう。

一方、EカップやDカップはそのような感動はない。おっぱいに埋もれそうだったりおっぱいに囲まれている感覚は生じない。

Eカップは鑑賞の領域にとどまってしまう

Eカップは「おっぱいをただ見ている」

といった感覚である。眺めているのは同じでも「埋もれる感覚や囲まれる感覚」がない。ただの鑑賞の領域に収まってしまう。

「あぁ…オッパイさんが癒して来てくれる…」といったエロ漫画のような妄想的感動を体験できたのは少なくとも大きいおっぱいであることが必要だった。

Gカップ以上が理想となる。ラブドールにおいて、美術鑑賞の領域にとどまるおっぱいの大きさは大きいとは言えなかった。「Eカップは大きい」というのは人間に対する感覚だった。

ラブドールにおいて、美術鑑賞の領域を越えてセックスや添い寝など機能的にも癒やしてくれるのはGカップ以上あることが理想、いや必須的であった。

セックスでより癒される

大きいほうがセックスでより機能的に刺激してくれる

Eカップのラブドールはセックスするたびに感じる。「オッパイがもう少し大きければもっと揺れるのに、もっと腕に揺れ触れてくれるのに」と。

Eオッパイは「鑑賞しながら」のセックスになってしまう。

しかし、大きいオッパイならば「オッパイのほうからグイグイと責めてくる痴女感を感じながら」のセックスに切り替わる。

喘ぎ声を“大きいおっぱい”が表現してくれる

突くたびに積極的にその「喘ぎ声」を「おっぱいの揺れ触れで代替表現してくる」のである。

喘ぎ声が出ない代わりに、これでもかと言わんばかりにおっぱいを揺らしたり、揺れ触れさせて、

「ワタクシも気持ち良くなってるよ♡」といった妄想が走るほどの反応を示してくれる。カラダで示してくれる。

喘ぎ声が目に響く。

オッパイの揺れが喘ぎ声に代役されているように感じてそれが目に響く。オッパイと目がセックスしている擬似セックス感覚さえある。

ダブルセックス感はGカップ以上で体験できる

オッパイさんという女王様、その女王様が目を奪ってくる。

そしてカラダと自身側がセックスしている。物理的に同時進行でカラダでカラダに突いている。目だけでなくまさにカラダのほうでも突いている。

オッパイとカラダのダブルセックスである。Eカップのラブドールとのセックスはシングルセックスな感覚がある。

しかし、オッパイがGカップなどの巨大なオッパイのラブドールとのセックスはダブルセックスな感覚がある。

オッパイという女王様がひたすら目を奪ってくる。女王様がひたすら全方位から囲んでくる。こちらが積極的に突いている最中に、向こうからも積極的に突いてくる。

目を突いてくる。おっぱいで目を突いてくる。物理的にではなく視覚的に突いてくる。

向こうはラブドールで動けないので「オッパイでなんとか視覚的に突いてくる」そしてそれが喘ぎ声に聞こえてくる。目で喘ぎ声を聴いている感覚がある。そんな体験が目の前に広がる。

それがEカップのラブドールでは体験できなかった。

複層的なセックスを同時進行で体験できたのはGカップ以上のラブドールである。

メーカーレベルの計測ミスでGなのにEカップと表記されているミスドールが存在する

なお、計測したらGカップなのにメーカーのミスでEカップになっていたりするドールがある。

AmazonやAliexpressなどの販売者のドールならわかる。しかし、公式代理店のほうだったりメーカーサイトでそのようなミス記載があったりしてなかなか困る。

Eカップには見えないおっぱいはひょっとするとGカップあったりするので、TPEドールの商品説明欄はもはやジョーク感覚である。

より深く愛し合う体験はGでカップ以上で体験できる

やっと「愛し合う」といった感覚のセックスゾーンに「より深く」到達する。それがGカップ以上のラブドールで体験できる。

オッパイ突くたびに大きく揺れるのはGカップ以上だった。そして「視線が合わないTPEドールにおいて」やっと深く愛し合う感覚に至れたのは大きく揺れるGカップ以上であった。

揺れることで、声がでないラブドールはいっそうそのおっぱいの揺れが喘ぎ声に聞こえる。目で聞こえる。

「より深く肉体的に愛し合いたい」その欲求を満たすにはGカップ以上である必要がある。人間同士はDカップでもCカップでもAカップでも深く愛し合う領域に到達できる。しかし、ラブドールとなるとわけが違う。

ラブドールにおいて、愛し合う体験が深くできるのはGカップ以上であった。

ブラ目的でもセックス目的でも鑑賞目的でもより飽きないのはオッパイが大きいほう

添い寝目的でもセックス目的でもより深く癒されるのは「オッパイが大きいほう」である。そして飽きない。また、Gカップでも普通のEカップ用のブラが装着できる。

以前は「Eカップのほうがブラジャーが豊富にあるのでブラジャーを着せて飽きにくくできるのはEカップのほうです」と思っていた。

しかし、「Gカップなのに普通にEカップのブラジャーが装着できるではないか!」

Gカップ以上のラブドールにGカップのブラが全然売ってなかったので仕方なく手持ちのEカップのブラを妥協的に装着し初めたときにその事実に直面したのである。

ブラ面においても飽きないのはGカップ以上などのおっぱいが大きいほうであった。

Eカップは「DやGやFではなくどうしても美術目的でEカップのドールが必要なんだ!」といった特定的な感覚で後悔感が生じない。

全般的に飽きないのはGカップ以上などの大きいオッパイである!

「ラブドール選びで迷ったら?」
オッパイが大きいほうが飽きない!

→関連ページ:「ラブドール選びで迷ったら?」→おっぱい付け根に筋肉があるのが飽きない

関連撮影写真
おっぱいの付け根箇所が筋肉造形でボコッとなっているラブドール例:6YEdoll

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP