カテゴリー: ラブドール

「ラブドールの腰関節の横稼働は重要?」→添い寝に重要。癒しレベルが違う。

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

添い寝で棒人形状態で萎える

ラブドールの腰関節箇所が横に稼働しないタイプを添い寝で目の前にすると萎えてしまう。

「ただ人形を横に置いただけ」といった見た目になってしまって萎えてしまう。

そして感じる。「腰がクイッと曲がってラブドール自身が意思を持ったようにくつろいでくれたら」と。

せめて「くつろいでいるような感じを見せてくれるように腰箇所が横にクイッと曲がってくれれば」と感じて萎えてしまう。

添い寝でも自然な体勢を目の前にできて萎えない

「腰箇所の横稼働はそんなに重要?」と時々感じてしまうものの、やはり添い寝の時での萎え感を思い出すと、まさに添い寝するたびに渇望していた可動だった。

非常に重要な可動箇所となる。

腰箇所が真横にも曲がるタイプはラブドール業界内では新しい世代に分類される。

そして添い寝でも腰をベッドに寄り添うようにクイッと曲げられるため、自然な光景を目の前にできる。

人間が添い寝する時の自然な体勢を再現できてしまう。

旧世代のラブドールは添い寝状態にしても腰箇所が曲がってくれないため、あたかも「棒人間の真似!」と言わんばかりにカラダを真っ直ぐにして添い寝しているような見た目になってしまう。

これに非常の萎える。

この萎えポイントが腰関節箇所の横可動で改善されている。

腰箇所に横可動があることで添い寝でより生々しく癒される

腰箇所が横に曲がってくれることで生物と同じように、腰を床面にもたれさせて添い寝している姿を目の前にできる。

それができないのとできるのとでは癒やしレベルが大きく違う。

腰が横に曲がってくれないと「添い寝の鑑賞があまり楽しめない」といった感覚になってしまう。「添い寝はただのオマケ」といった感覚になってしまう。

「眺めているだけで寝落ちする」といった体験には「ベッドでくつろぐように添い寝してくれている姿」が必要になる。

その姿を目の前にするには腰箇所の横可動が必要になった。

「腰箇所の横稼働はそんなに重要?」と感じた時には「添い寝でより生身に癒される体験ができるので重要」となる。

立っているポージングの写真ではあまりその重要さが感じられないものの、実際に添い寝状態で目の前にするとその重要さや外せない箇所感を感じられる。

なお「腰箇所が横に可動できないタイプ」はラブドール業界内で「旧世代のラブドール」となる。

腰箇所が横に曲がるその新しいほうの世代のラブドールが添い寝でもより深く癒される。

腰が曲がらないと人工物を目の前にする感じになり、腰が曲がることでやっと生物を目の前にする感じに切り替わる。

「腰が横に曲がる機能はそんなに重要…?」
添い寝で非常に重要!
癒しレベルが違う!

→関連ページ:「添い寝しながら寝たい」といった性の悩みはずっと続く?→続かない

TPE素材のリアルドール『6YEdoll』の添い寝の様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP