「ラブドール選びで迷う…」→“下乳辺りがボコッ”なほうを選ぶと節約できる

著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「複数のラブドールで迷っている!」といった場合は「下乳胴回り箇所がボコッと筋肉造形されているほうを選ぶ」とより飽きない。

あばら箇所に肉が乗るような盛り上がった造形のほうを選ぶと視覚快感でより飽きない。

下乳胴回り箇所がボコッとしていないのは飽きが早い

一般的なラブドールはこの箇所が何もなくボッコリしていないか、もしくは少し盛り上がっている程度となる。

そして飽きが早かったラブドールに共通していたのがやはりこの下乳胴回り箇所の造形だった。共通してシュッとしていた。ボコ造形が無かった。もしくは非常に緩やかな造形だった。

胴回りがシュッとしていると余計に人工物だと感じてしまう。ラブドールは人工物だということはすでに分かっているのに、シュッとしているとあえてそれを再認識させてくる。

そして飽きさせてくる。

人工的な造形箇所があるとその飽きさせてくるスピードが急速にアップする感覚があった。ボディに「生々しい生活感のある造形」が飽きないためには必須だと飽きる度に感じられた。

特に「下乳胴回り箇所がボコッとしていること」は必須造形の1つとなった。

下乳胴回り箇所がボコッとしていないのは飽きがなかなか来ない

少数派ではあるものの、一部のラブドールにはこの箇所がボコッとしている。一般的なラブドールには下乳の胴回りすなわちあばら箇所がボコッとしていない。

そしてTPEドールでもシリコーンドールでもやはり飽きなかったのは少数派であるこのボコッとしているほうだった。

視覚快感で飽きない。目にするたびに「生々しさ」を感じる。「生活感」を感じる。「現役感」を感じる。「生きています感」を感じる。「生きていくために筋トレしたらここが盛り上がりました感」を感じる。それが生々しい。

その生々しい視覚快感があるからこそなかなか飽きにくかった。セックス目的でも美術鑑賞目的でもやはりその筋肉造形の視覚快感が飽きないために決定的な要素になった。

ボコッとしているボディのほうを選ぶと節約できる

複数のラブドールを購入候補に挙げた時に「ボディが筋肉造形でよりボコボコしているほう」を選ぶとより飽きない。

「飽きて次のラブドールが欲しくなる」といったことが起きなくなるため節約できる。

複数挙げた時に「どのラブドールも欲しい」「なかなか決まらない」「そろそろ知恵熱が…」といった時はこの「筋肉造形がより生々しく有るほう」を選ぶと、より飽きないほうを理性的にサクッと選べる。

そして筋肉造形は筋肉造形でもこの下乳胴回りのあばら箇所のボコッとした造形があることが飽きない箇所に必須となる。

下乳胴回りはもちろん「ほかの箇所もボコボコしているほう」を選ぶと全然飽きないラブドールを手にできる。節約できる。

「2つで迷ってる…どれがいい?」
“下乳胴回りがボコッとしているほう”
が飽きない!

→関連ページ:ラブドールは「首筋造形と鎖骨造形が生々しいほう」を選ぶと節約できる

【例:6Yedollの首筋造形の様子】首筋造形が生々しいラブドール飽きにくい。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ