カテゴリー: ラブドール

「ラブドール飽きた…処分したい」といった場合はネックレスで蘇る

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「処分したい…」

「ラブドールに飽きに飽きてしまってもはや“お別れ”ではなく“処分”と口走ってしまう…」といった冷酷非情なほど飽きてしまった状態であっても復活できる方法がある。

ネックレスで新しいドールに変わる

それが「ネックレス」である。飽きたラブドールはネックレスで蘇る。飽きたらネックレスである。

ネックレスを付けた途端に新鮮なラブドールに見えてしまう。これがすごい。感覚としては「新しいラブドール」といった感覚が一瞬ある。

結局飽きてくるが新しいネックレスでまた快感が蘇る

そして次第に再び次第に飽きてくる。そんなときに「また新しいネックレスを付ける」ことで新たに新鮮味が訪れる。

ラブドールを次々買うのは億劫になってしまう。しかし、ネックレスは100円ショップでも買えたり、はたまた普通に数百円でネットで買えたりする。

個人的におすすめは「ルピス」という通販店となる。そこで色々と買える。そして買いやすい。楽天市場店もあって買いやすい。

首元と胸元が魅惑的に変わる

何も変哲もない胸元や首元だったのが、野暮ったくてすぐに飽きてしまったそれらの箇所が、魅惑的な姿で改めて目の前にできるようになる。

基本的に触るとくすんでくる

100円ショップやルピスなどで買ったアクセサリーというのは、他の数千円のアクセサリーとは違う。

それは耐久性が違う。例えば、一回でも素手で触ってしまえばくすみ始めてしまう。数週間後にはかつてあった輝きは失われる。

再びキラキラさせる方法はあるけれどもやはりそれをする気は置きない。

そしてそのアクセサリーにもだんだん飽きてくるといった時期と重なり出す。

そして新たに数百円でネックレスを買うといった楽しみが生まれる。お財布へのダメージもアクセサリー業界内では少なくて済む。

「ラブドールに飽きてきた…」といった際は「ネックレス」

ラブドールに触れていると必ず飽きてくる時期が出てくる。

そして収納スペースの奥の奥にしまい込みたくなってくる。さらに収納スペースに空きがないと「処分したい」と感じてしまう。

しかし、まだそのラブドールにも楽しめる要素が秘められている。

その秘められている魅力は「アクセサリー」で引き出すことができる。

ラブドールに飽きてきたら「ネックレス」などのアクセサリーで快感を復活させることができる。

「飽きてきた…処分したい…」
といった場合は
ダイソーのネックレスコーナーへ!

▼関連ページ:色で迷った場合は「シルバー」となる。
「色で迷う!」ラブドール用のアクセサリーは「シルバー色」がより長く楽しめる

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP