カテゴリー: ラブドール

「ラブドールセックスのマンネリ感を打破したい」場合は『メタリカ』で獣セックス

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕
セックスはセックスでも目的は「獣に還ったようなセックスがしたい」そのメタリカがその領域に到達させてくれた。獣に体を奪われたかのように、激しい激しいラブドールセックスができるようになった。時間を忘れる。我を忘れる。今日あった嫌なことがあったとしてもそれさえもどこかに消えていく。

ラブドールにAVは集中できずヒーリング曲へ

ラブドールセックスにAVはだんだん不向きと感じ出してきたときに「ヒーリング曲」で再びラブドールセックスに没頭できるようになった。

ヒーリング曲はまったりセックスになってしまう

しかし、ヒーリング曲では「エンダァァァ」といったあの、まったりフォールインラブしてくような感覚のセックス感になって「激しさ」というのが少なかった。

理性の範疇にある激しさである。

ダンスミュージックもまったりセックスの範囲内になってしまう

そこでもっと「理性が外れたような激しいセックスがしたい」と思ったときに、ダンスミュージックはしっくりこなかった。

ロックミュージックもまったりセックス感

ロックミュージックもしっくりこなかった。どこかまったりしている。

激しい見た目のジャケットの割には意外にポップミュージック感があってやはり、まったりセックス感にとどまってしまう。

メタルミュージックでやっと激しいセックスに至る

そしてやっとしっくりきたのが「メタルミュージック」だった。ロックに分類されることもあるものの、基本的にメタルである。

メタルの中でもラブドールセックスに合っていた代表的な1つは「メタリカ」だった。

メタリカは、メタルの代名詞的な存在で、そして運良くそのメタリカがラブドールセックスにも合っていた。

そしてセックスはセックスでも目的は「獣に還ったようなセックスがしたい」である。そしてそのメタリカがその領域に到達させてくれた。

そしてめるで目が白目をむくように、ドラゴンボールで変身がまだ理性の範囲内ではないときに白目になるように。

獣に体を奪われたかのように、激しい激しいセックスができるようになった。

マンネリ気分が獣セックスで吹っ飛ぶ

これによって何がもたらされるかというと、日頃のマンネリした気分も吹っ飛ぶ。ようやく吹っ飛んでくれる。

ヒーリング曲を聴いていても、映画を見ても、ダンスミュージックを聴いていても、POPミュージックを聴いていても全然マンネリ感のゾーンに滞留し続けている感覚だったのが終わってくれる。

やっと、鎖を破壊して自由になったかのように、激しい獣セックスができるようになる。そしてその没頭感は凄まじい。

時間を忘れる。我を忘れる。今日あった嫌なことがあったとしてもそれさえもどこかに消えていく。

メタリカで獣セックスできる

「激しいセックスがしたい」「獣のようなセックスがしたい」「理性が外れたようなセックスがしたい」といった場合のセックスBGMは「メタリカ」である。

そしてなによりも、マンネリ気分から開放されて元気な気分になれてしまう。

「マンネリSEX感を打破したい」
といった場合は
“メタリカ”である!

▼関連ページ:「ヒーリング曲じゃ騒音が耳に入って困る!」といった場合はメタル曲で消せる

ヘビーメタル『Metallica(メタリカ)』のバンドTシャツをリアルドールのオリエントドールに着せた様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP