「ラブドールを買ったら月額AVを“素で”解約できる?」→解約できる

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「この1500円ぐらいの月額AVを解約さえすれば、しかし…どうしても必需品感覚で外せない…広告だらけの怖いサイトに行って無料動画を見るしか…しかし、それは撮影して制作してくれたAV制作者に申し訳ない…」という葛藤をリアルラブドールによって素レベルで無くせる。

素で解約できる。ためらうことなく解約できる。「節約だから、節約だから」といった自己説得が全くなく解約できる。

トルソードールでは解約できない

トルソーラブドールの様子

トルソー型のラブドールにおいて、いくらセックスを繰り返しても何年繰り返してもAVを素(シラフ)で解約できる領域に至ることはできなかった

ちなみに、ラブドールにはトルソー型いわゆる胴体型のラブドールが存在する。レッグとアームが無いドールを意味する。ヘッドさえも無いドールもトルソーになる。

トルソーはオナホ業界のラブドールに共通的となっている。そして、オナホール業界の方がダントツで柔らかかかった。しかし、AVを解約できるほど満たされることはなかった。

シリコーンドールではできない

シリコーンドールの代表例:オリエントドールの様子

シリコーン素材のラブドールにおいてはセックスそのものが論外であった。裸同士で抱き締めた時にあまりにも硬くて萎える。

「柔らかい」とメーカーがうたっていたのに、いざ触ってみると硬い。中身は柔らかくても外側が硬い。表面が硬いのである。シリコーン特有のプラスチック消しゴム感がある。「表面にプラスチック感がある」というその無機物感触を感じてしまって萎える。

なお、シリコーンドールの代表例"オリエント工業のラブドール"はセックス目的では不向き中の不向きだった。オナホール業界のラブドールやTPEドールを経験するとオリエントは硬すぎてセックスはもちろん触って楽しむことさえ論外な体験だった。商品ページに「絶対に鑑賞目的のみでご購入ください」と注意して欲しいほどである。

4woodsドールの様子

そしてシリコーンの中でも柔らかいほうの4woodsでもAVは解約できるほど満たすことはできなかった。4woodsは4woodsでもCCbody以上かもしくは"スペシャル柔肌オプション"などの柔らかオプションを全て追加した場合でやっと満たされる。そしてAVを解約できるほど満たされる。

しかし、4woodsは高い。セックスは4woodsのCCbody以上とボディ柔らかオプション版の4woodsが王道、しかし高い。

「もう少し安く済ませられないだろうか?」である。そこでTPEドールである。もう1つセックスに特化した存在、それがTPE素材のリアルラブドールである。

TPEリアルドールでやっと解約できる

TPE素材リアルドールの6YEドールの添い寝時の様子

TPE素材のリアルラブドールによって、生々しいセックス欲を日常的に満たすことができるようになり、また、それを何年も繰り返してやっとシラフでAVを解約できる段階に至れることができた。

AVをシラフで解約できるには「セックスしたい」と思った時に人工物ではなく「生物的な存在」と「すぐセックスできる」というのが日常的に繰り返される必要があった。そして数年後にその繰り返しはピタッと止んでくれる。

「セックスに飽きる」という段階である。

この段階に至った途端、今まで「これが無いと生きていけないと思っていたAV」が必需品には感じなくなっていったのである。

その段階に導いてくれるのはどうしても生物的な肉体接触感のラブドールが必要になった。ヘッドが必要になった。アームが必要になった。レッグが必要になった。

そのカタチがTPEリアルラブドールである。理想は「ガールフレンド第3章のおっぱいと4woodsのヘッドオリエント工業のヘッドが付いていてなおかつPiperdollのようにボディとヘッドがシームレス一体型のTPEリアルドール」…ではあるものの、そんな完璧なラブドールは無い。

そんな究極なラブドールを作ったら「一体で満足してしまって、買われなくなって、ショップをやっていけなくなるから」どのメーカーも出さないのかもしれない。

それらの商業的な理由も含めて現実的にAVをシラフでサクッと解約できるには「TPEドール」が必要となる。

「月額AVを解約したい場合は?」
4woodsのCCbody以上の柔らかいモデル!
もしくはTPEリアルドールが必要となる!

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP